リスニングができないのはなぜ?原因から考えるリスニング上達法|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

リスニングができないのはなぜ?原因から考えるリスニング上達法

英語を学んでいると必ず突き当たる壁。それがリスニングの壁です。リーディングはできたとしても、いざリスニングとなると中学レベルの質問でもうまく聴き取れない。誰もがそんな悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか?

日本人英語学習者の多くが苦手とするリスニングですが、実は一言で「英語が聴き取れない」と言ってもその原因は様々です。リスニング力を効率的に高めるためには、原因に応じて対策を行うことが必要不可欠です。

そこで、今回は「原因から考えるリスニング上達法」と題して、リスニングができない原因別に対策法をご紹介していきます。

リスニングができない理由とは?

相手の話している英語が聴こえないという状態は、大きく分けると下記の3つのパターンに分類することができます。

  1. 聴こえてくる単語や文法を知らない
  2. 単語や文法を正しく聴き取れるが、意味が分からない
  3. 単語や文法は知っているが、正しく聴き取れない

1. 聴こえてくる単語や文法を知らない

一つ目のパターンは、そもそも聴こえてくる単語や文法を知らないという状況です。この状態では頭の中に単語や文法のデータベースが構築できていないので、聴こえてくる音声と自分が知識として持っている単語や文法とを結び付けることができません。リスニング力を高めるためには、そもそもの単語力や文法知識といった基礎力が必要不可欠なので、「リスニングのスクリプトを見ても知らない単語がたくさんある」「文構造が把握できない」という方はリスニングの練習をする前にまずは単語や文法の基礎固めに時間を使いましょう。

2. 単語や文法を正しく聴き取れるが、意味が分からない

二つ目のパターンは、単語や文法を正しく認識できているものの、その意味が分からないがために聴き取れないという状態です。例えば、「How come?(どうしてそうなったの?)」と言われたときに、音ははっきりと聴こえ、スペルも頭に思い浮かぶものの、How comeの意味が分からずにとまどってしまうということがあります。このパターンの場合は聴き取った単語を辞書などで調べればすぐに意味を理解できるため、一つ一つ意味を覚えていけば着実にリスニング力をアップさせることができます。

3. 単語や文法は知っているが、正しく聴き取れない

最後のパターンは、単語や文法は知っているにも関わらず、聴き取れないという状況です。これは、頭の中にあるデータベースに単語や文法が正しい音とともに記憶されていないがために起こる状況です。例えば、「What is your name?」というシンプルな英語の場合、一つ一つの単語の意味が分からないという方はいないと思いますが、ネイティブスピードで質問されると「ワッチャネ?」と聴こえ、何を聴かれたか分からずとまどってしまうということが起こります。この問題を解決するためには、一つ一つの単語の音を正しく記憶するだけではなく、リエゾン(音の結合)やリダクション(音の消滅)といった英語の音の変化についてもしっかりと理解し、耳を慣らす必要があります。

単語・文法の知識と音声知識を結びつける発音トレーニング

上記で紹介した3パターンのうち、パターン1、パターン2は単純に単語やイディオム、文法などに関する知識の問題なので、しっかりと知識を身につけることで自然とリスニング力は高まります。一方で、リスニングを苦手とする日本人英語学習者の多くが直面しているのが、パターン3の課題です。

パターン3の課題を克服するためには、英語の正しい「音」をインプットする必要があります。そして、この「音」を身につけるうえで有効なのが、発音のトレーニングです。人は「自分が発音できる音は聴き取れる」と言われることもありますが、これは、発音できるということは、その音声が知識として頭の中にしっかりと入っていることを意味しているからです。「light」と「right」の発音を正しく使い分けられる人は、両者の音の違いも識別できるのです。

そのため、リスニング力を高めるためには、正しい舌と口の形で発音するトレーニングを繰り返し、会話速度が上がったときにその音がどのように変化するのか、リエゾンやリダクションのパターンも理解したうえで自分でも同じように発音できるようにする必要があります。特に聴き取りが苦手な音がある場合は、徹底的にその音を正しく発音するトレーニングを繰り返しましょう。

まとめ

今回は、英語が聴き取れない原因別の対策法をご紹介しました。リスニングに苦手意識を持っているという方は、ぜひ一度上記のパターンを参考にしながら「なぜ自分は英語を聴き取れないのか」についてしっかりと分析してみましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンターではリスニング力の上達にも効果的な発音矯正スクール、「ハミングバード」を運営しています(東京は新宿校・銀座校・池袋校が、大阪は梅田校・難波校が開校)。

ハミングバードはアメリカ、ロサンゼルスの研究所で日本人のために開発された英語発音学習メソッドで、英語を発音するときの「口の形と舌の位置」をまず規定し、「その動きとしての発音」を「見て真似る」ことで正しい発音を身につけるというスタイルのプログラムです。

正しい発音を身につけることはリスニング力の向上にも大変効果的です。興味がある方はぜひ一度無料体験レッスンにお越しください!

英語発音矯正ハミングバードの無料体験レッスンを予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ