ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

忙しい社会人の方でも英語力を伸ばせる!おすすめ学習法4選

会社に毎日勤めている社会人の方の中には、「英語力を伸ばしたいけれど、学習時間を確保することが難しい」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。特に日々忙しい社会人の方は、英語の学習方法や英語に触れる時間の捻出に工夫する必要があるでしょう。

そこで今回は、忙しい社会人の方におすすめの英語学習法を4つご紹介したいと思います。

  1. 通勤中はサイレントシャドーイングがおすすめ
  2. 日本のニュースを英語で読む
  3. デバイスの言語設定を英語にする
  4. 隙間時間にスマホで英語学習

1. 通勤中はサイレントシャドーイングがおすすめ

電車や車で通勤されている方には、通勤時間を活用して英語学習の習慣を持つことをおすすめします。電車通勤で片道30分かかるとしたら、往復で1時間の学習時間を捻出することが可能です。平日勤務の方でしたら、週5日間、毎日電車内で勉強できれば、通勤時間だけでも1ヶ月で20時間もの学習時間を確保することができます。

通勤時間に行えるおすすめ学習法は、リスニングスキルアップに有効なシャドーイングです。声を出さずに頭の中で音声を追いかけるイメージを持つ「サイレントシャドーイング」というトレーニングでしたら、通勤時の電車の中でも人目を気にすることなく行えるのでおすすめです。スピーキングスキルの強化が目的でなければ、シャドーイングは実際に声に出さずに頭の中だけで行っても、効果があります。

中級者以上の方には、podcastで英語学習者向けのチャンネルを聞くこともおすすめです。まだあまり英語に慣れていない方は、podcastのリスニングを行っても内容の理解が伴わずに聞き流すだけになってしまう可能性もあるので、podcastのチャンネルは自身のレベルに合っているものを選ぶようにしましょう。

満員電車や車の中では、教材を広げて学習することは難しいですが、スマホを使ったサイレントシャドーイングや、podcastを聞くといった学習であれば通勤中でも行いやすいので、学習時間を確保したい社会人におすすめです。

2. 日本のニュースを英語で読む

社会人の方の中には、新聞やスマホなどで毎朝ニュースをチェックする習慣のある方も多いのではないでしょうか。

ところで、英語で書かれたニュースを読むことは英語のインプットに効果的です。英語のニュースサイトといえばBBCやCNNなどがメジャーですが、これらはイギリスやアメリカ発行の媒体であるため、各国内のニュースが中心となっています。普段日本の新聞やウェブサイトから情報を得ている方にとっては馴染みのないトピックや関心の低い事柄であることも多く、それらを英語で理解しようとするのは苦痛で挫折しやすいでしょう。

そのような方には、日本国内のニュースが英語で書かれているニュースサイトを見ることをおすすめします。ほとんどの方にとって日本国内のニュースのほうが馴染みやすく、また背景知識のある内容が取り上げられていることも多いため、英語で書かれていても理解しやすいでしょう。

英語ニュースアプリのPOLYGLOTSには、海外ニュースだけでなく日本国内のニュースも豊富に掲載されています。他にも、The Japan Timesというニュースサイトは日本国内のニュースに特化しているのでおすすめです。

こういったアプリやニュースサイトを活用すれば、普段日本語で見ている情報と同じ内容を英語でインプットすることが可能ですので、日本語で書かれたニュースを読む習慣のある方は、英語で書かれたニュースに置き換えてみてはいかがでしょうか。

3. デバイスの言語設定を英語にする

デスクワークをされている方は、日常でスマホやパソコンに触れている時間が長い方も多いはずです。普段使用しているそれぞれのデバイスの言語設定を英語にすることで、半強制的に英語に触れる環境を作ることができます。

デバイスの言語設定を英語にしてスマホやパソコンを使用すると、Delete 「削除」や、Notification 「通知」など、TOEICに頻出する単語を目にする機会が多くあります。

また、TOEICでよく見るような文章や表現も、英語に設定したデバイスを使用していると目にする機会がしばしばあります。

生活の中で自然とTOEICにも登場するような英語に触れることができるので、「日常の中で英語に触れる機会が足りていない」と感じている方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

4. スキマ時間にスマホで英語学習

「机上で教材を開いてじっくり学習するような、まとまった時間がなかなか取れない」とお悩みの方には、日常の隙間時間を有効活用した学習がおすすめです。

駅のホームで電車を待っている時間や、仕事の休憩時間、待ち合わせで早く着いてしまった時など、スキマ時間は学習できるチャンスだととらえましょう!

とはいえ、出先での5分や10分といった短い時間では、教材や筆記用具を取り出して参考書のページを開いて勉強するのはハードルが高く、現実的でないと感じられるかもしれません。短いスキマ時間にはスマホアプリなどを使用した英語学習がおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、忙しい社会人の方でも英語力を伸ばせるおすすめの英語学習法を4つご紹介しました。「忙しくてなかなか英語に触れる時間を作れない」とお悩みの方は、ぜひ上記を参考にしながら英語に触れる時間を増やしていきましょう。

また、自分一人ではなかなか英語学習のモチベーションを維持しづらいという方は、英会話スクールに通学して毎日の学習に強制力を持たせるのも効果的です。ロゼッタストーン・ラーニングセンターでは受講生一人一人のモチベーションタイプ別に、挫折ポイントを分析、モチベーションを維持しながら学習できるサポートをしています。興味がある方はぜひ一度無料体験レッスンにお越しください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ