ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

どうすればやる気が出る?英語学習のモチベーションを高めるための方程式

今年も早いもので残すところあと2ヶ月、もうすぐ次の年が訪れようとしています。読者の皆さんのなかには今年のはじめに新年の目標として「今年こそは英語を身につけよう!」と決意し、英語学習に取り組み始めた方もいるかもしれませんが、順調に学習は進んでいるでしょうか?

なかには当初の決意やモチベーションが薄れてしまい、英語から遠ざかってしまっている方も少なくないのではないかと思います。どんなに強い決意を固めても、仕事や家事などに忙しい毎日を送るなかで当初のモチベーションを維持し続けるのは簡単なことではありません。そこで、今回は英語学習に対するモチベーションを高めるためのコツをご紹介したいと思います。

英語学習のモチベーションを高めるための方程式

そもそも、人間のモチベーションはどのような要素によって影響されるのでしょうか?今回は、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(以下、RSLC)の親会社であり、「モチベーション」にフォーカスした組織人事コンサルティング事業を営むリンクアンドモチベーション社(以下、LMI)が提唱する「モチベーションを高めるための方程式」をご紹介したいと思います。

LMIによると、人のモチベーションは主に下記の3つの要素で決まると考えられています。

モチベーション = 目標の魅力 × 達成可能性 × 危機感

ここでは一つ一つのポイントについて詳しく説明していきます。

目標の魅力(どのような得があるか?)

一つ目のポイントは、英語を習得することに「どのような得があるのか」を明確にするという点です。海外MBAに留学する、外資系企業に転職する、海外赴任を目指す、海外旅行に行く、など英語学習の目標は人によって異なると思いますが、その目標を達成することで得られるメリットをしっかりと頭にイメージしましょう。逆に、このイメージが曖昧なまま走り出してしまうと、英語を学ぶ意義を見出せずに途中で挫折してしまう原因となります。

達成可能性(いつまで?どこまで?)

二つ目のポイントは、その目標が実際に達成できるかどうか、という達成可能性の点です。人は実現不可能な目標に向かってモチベーションを高めることはできません。逆に、達成が簡単すぎる目標に対してもモチベーションは感じません。ベストな目標は、確実ではないものの、一生懸命努力すればぎりぎりたどり着けそうだと思えるレベルの高い目標です。そして、達成可能性を測定するためには、いつまでに達成するのか、どこまで達成するのかという「期限」と「目標」が明確になっている必要があります。例えば今年の年末までにTOEICで900点を超えるといった具体的なものが好ましいと言えます。

危機感(もし今やらないと?)

三つ目のポイントは、いかに危機感を持てるかという点です。「もし今やらないと大変なことになる」という状態に自分を追い込むことが有効です。これには、思い切ってスクールに先行投資をしてしまい、しっかりと勉強してお金を回収しないともったいないという状況にしてしまう、スクールに通学し、強制的に毎週課題を出される環境に身を置いてしまう、周囲の人に「今年中にTOEICで900点をとる」と宣言し、自分のプライドを投資してしまうなど様々な方法があります。大事な点は、「今」英語を学ぶ意味を作り出すという点です。

「わかりやすい得」「明確な目標」「今やる意味」があれば人は頑張れる

上記で説明したように、人は何とか頑張れば達成することができそうで、達成したときの報酬が大きく、そして今取り組む必要がある目標に対しては、自然とモチベーション高く取り組むことができるのです。そのため、英語学習に対するモチベーションを高めたいという人は、いかに自分自身をこの環境に置くかを考える必要があります。

まずは英語を学ぶことで得られる「わかりやすい得」、そしてその得を手にするのに必要となる期限つきの「明確な目標」を設定しましょう。その2つが設定できれば、あとはその目標達成に取り組まなければいけない環境をなかば強制的に作り出すだけです。

英会話スクールを活用しよう

RSLCでは、今回ご紹介した「モチベーションを高めるための方程式」に基づき、「挫折させない」をコンセプトに受講生の皆様の英語学習をサポートしています。

スクールカウンセラーが皆様の英語学習のニーズに合わせて、現実的で達成可能性がある、期限つきの具体的な目標を設定するお手伝いをさせていただきます。また、RSLCでは親会社のLMIとの関係もあるため、英語学習だけではなくその先のキャリアアップについても相談にのることができ、英語学習の先にある「メリット」についても明確にお伝えすることができます。

そして、レッスン開始後はネイティブ講師が受講生ひとりひとりのライフスタイルに合わせ、独自のオンライン学習システムも活用しながら毎日しっかりと英語を学習しなければいけない環境になるよう課題のマネジメントも行うため、モチベーションを落とすことがありません。

一人だけで英語学習のモチベーションを維持し続けることは簡単ではありませんが、RSLCを活用いただければカウンセラーと講師が一体となって皆様の目標達成を支援させていただきます。興味がある方はぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください!

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ