ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語を訳さずに理解できるようになろう!瞬発的なリスニング力を鍛える方法

英語を学習している方の中には、「リスニングが苦手」「リスニング音声を聞いていても、理解のスピードが追いつかない」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

英語のリスニング音声の速さについていくには、英語が聞こえたら「英語を英語のまま」瞬時に理解することがポイントになります。今回は、瞬発的なリスニング力を鍛える方法についてお伝えしていきたいと思います。

英語を訳しながら聞いているとリスニングは上達しない!?

リスニングに苦手意識を持つ方によく見られるのが、「リスニングの時に頭の中で日本語に訳してしまう癖がある」「日本語に訳しながらでないと、聞こえた英語の意味を掴めない」という状態です。

日本語に訳しながら英語を聞いていると、短い音声やゆっくり流れる英語にはついていけるかもしれませんが、複雑な文法が使われている英文や、一定以上の長さやスピードの英語音声にはついていくことが難しくなってしまいます。

リスニングで英語を訳していてはだめな理由

聞き取った英語をその都度日本語に訳して内容を処理していると、音声のスピードにどうしてもついていけなくなり、置いていかれてしまいます。

そうなってしまう要因に、英語と日本語は語順のルールが異なるということがあります。日本語に訳しながら英語を聞いていると、頭の中で前後に行ったり来たりしながら英文を処理しなければならず、日本語に意味を置き換えようとしているうちに、音声はどんどん先へ進んでいってしまいます。

英語のリスニング音声に置いていかれないためには、英語を英語の語順のまま理解する必要があります。リスニングするときの理想は、私たちが日本語を聞くときのような、日本語を日本語のまま自動的に理解しているような状態です。

訳さずにリスニングを鍛える3つの方法

1. 発音矯正

日本語には、オレンジ(=orange)などといった外来語が多数存在しています。外来語とはいえ、日本語ではそれらの発音は全て「カタカナの音」に置き換えられて使用されています。このような背景から、日本人が頭の中で認識している「英語の音」とは、実際には「カタカナの音」であることが多いです。

カタカナの音を「英語の音」と認識していると、実際のネイティブの発音とカタカナの音が異なるため、ネイティブの音声を聞いた時に瞬時に英語を理解できない要因となってしまいます。英語を聞いてぱっと理解するためには、正しい英語の音を理解し身につけておく必要があります。

自身の発音を正しい英語の発音に矯正するには、ネイティブの英語音声を聞いて、自身で真似をしながら発声したものを録音して、音声の発音と自身の発音の違いを見つけて、修正するということを繰り返し行うことがおすすめです。

ただ発音するだけではなく、自身の発音を録音し、お手本の発音と比較し修正することで、正しい発音を身につけることができます。

「独学では自身の発音の改善点を見つけることがなかなか出来ない」という方は、マンツーマンでネイティブ講師に発音指導を行ってもらうのがおすすめです。

2. 単語・文法を学ぶ

英語音声を聞き取ると同時に英文の意味を理解するには、高い語彙力と文法力が必要になります。

私たちが日本語を読み聞きするとき、いちいち「え〜と・・・」と考えなくてもスラスラ理解できるのは、単語や文法の知識一つ一つが身についていて、意味を瞬時に引き出せるようになっている(=自動化されている)からです。

リーディングでは紙面などに書かれた英文を読むため、単語や文法の意味を思い出すのに時間がかかっても置いていかれてしまうことはありません。一方で、リスニングでは音声はどんどん先へと流れてしまうので、リーディング以上に単語・文法知識の引き出しが自動化されている必要性が高いでしょう。

単語や文法は「意味を知っている」だけでなく、「瞬時に意味を引き出すことができる」レベルを目指して習得するようにしましょう。

3. スラッシュリーディングを行う

リスニングで英語を英語のまま理解するには、実は、リーディングスキルが重要になります。英語を読む際に日本語に置き換えて考えてしまう方は、まずはリーディングの練習で英語を処理する姿勢を改善する必要があります。

英語を英語のまま理解する力をつけるには、スラッシュリーディングというトレーニングが有効です。スラッシュリーディングは、意味の区切りごとにスラッシュ(/)を書きこみながら英文読解を進めていくトレーニングです。

例えば、

These days / many young people / live in the city / away from their families.

というように、句や節の塊の前後にスラッシュを入れます。スラッシュを入れる場所について決められたルールはありませんが、S(主語)V(動詞)O(目的語)C(補語)M(修飾語)を意識しながら意味ごとに区切ります。

リーディングで瞬時に文構造を理解して英文の意味を塊ごとに掴むことができれば、リスニングで英語音声を聞いた時も、頭の中で英語を英語の語順のまま理解できるようになってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、瞬発的なリスニング力を鍛える方法についてお伝えしました。英語を聞いた時に瞬発的に意味を理解するには、英語を英語の語順のまま理解することがポイントです。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンターではリスニング力の上達にも効果的な発音矯正スクール、「ハミングバード」を運営しています(東京は新宿校・銀座校・池袋校が、大阪は梅田校が開校)。

ハミングバードはアメリカ、ロサンゼルスの研究所で日本人のために開発された英語発音学習メソッドで、英語を発音するときの「口の形と舌の位置」をまず規定し、「その動きとしての発音」を「見て真似る」ことで正しい発音を身につけるというスタイルのプログラムです。

正しい発音を身につけることはリスニング力の向上にも大変効果的です。興味がある方はぜひ一度無料体験レッスンにお越しください!

英語発音矯正ハミングバードの無料体験レッスンを予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ