英会話スクールに継続して通うために抑えておきたい3つのポイント|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英会話スクールに継続して通うために抑えておきたい3つのポイント

英会話スクールにこれから通うことを考えている人や、英会話スクールに通っている人の中には、「スクールに通い続けることができるか不安」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、英会話スクールを挫折してしまう理由と、英会話スクールに継続して通うために抑えておきたい3つのポイントをご紹介したいと思います。

英会話スクールを挫折してしまう理由とは?

1. 金銭的な負担が大きい

英会話スクールに長く通い続ければ続けるほど支払う授業料はかさんでいきます。長期間にわたる受講は、人によっては金銭的な負担が大きく感じられることもあり、通い続けるのが大変だと感じてしまう可能性があります。

受講開始当初の想定よりも金銭的な負担を大きく感じてしまうことを避けるには、事前にスクールカウンセラーやスタッフとのカウンセリングの中で、どのくらいの授業料が必要になるかをしっかり確認しておくことが大切です。

また、あまり長期間にわたってお金をかけたくないという人は、英会話スクールに通うことで、どのような目標を達成したいか、いつまでに目標の達成を目指すのかを計画しておくのがおすすめです。

2. 英会話を楽しむ余裕が持てない

楽しくないと感じることを継続するのは辛いものですよね。英会話スクールのレッスンを楽しむには、英会話に対して前向きな気持ちを持つことがポイントです。

例えば、レッスンの中で英語を話すにあたって「正しく英語を話さなければいけない」という気持ちがあると、レッスンに対してネガティブな気持ちを持ってしまいやすいです。レッスンでは間違えを恐れる必要はありません。「講師との会話を楽しむ」という意識を持ってレッスンに参加しましょう。
「英語を学ぶ」のが英会話スクールに通う第一の目的ではありますが、「英語を楽しむ」という気持ちも忘れずに、前向きなマインドで授業にのぞむよう心がけてみてください。

また、授業を楽しく受けるには、講師との相性が合っていることも大切です。もし講師とフィーリングが合わないと感じた場合は、申し出をすれば講師の変更を行うことができるスクールがほとんどなので、遠慮なくスクールに申し出てみましょう。

3. 英会話の必要性を実感する機会がない

仕事や日常生活の中で実際に英語を使う機会がないと、英語を習得する必要性を感じられなくなってしまい、挫折につながりやすいです。

英会話スクール以外にも英語を使う機会を積極的に作ってみると、モチベーションの維持に繋がるのでおすすめです。例えば、外国人の友達を作ってみたり、英語を学習する人が多く集まる「英語カフェ」に行ってみたり、といった方法が挙げられます。

英会話スクールに継続して通うための3つのポイント

1. わかりやすいメリットがあるか

多くの人は、「やる意味が感じられないもの」を続けるのは苦痛に感じるのではないでしょうか。
英語学習で挫折しないためには、英語スキルを磨くことで、自分にとってどんなメリットがあるのかを考えてみましょう。「昇給のチャンスが得られる」「昇格や転職に有利になる」というような、できるだけわかりやすいメリットがあればなお良いです。

英語を伸ばすことによって得られるメリットは何なのか、ということを自分自身の中で明確に認識しておくと、英語学習を継続するうえで強いモチベーションになるでしょう。

2. 明確なゴールがあるか

「英語が出来るようになりたい」というような漠然とした目標よりも、「TOEICで800点台を取得する」というような具体的で明確なゴールを持っていると、モチベーションを維持しやすくなります。

目標やゴールが明確であればあるほど、今行なっている、または、これから行おうとしている学習内容や学習方法が、目標に対して有効なものであるかどうかを判断しやすくなります。目標が漠然としすぎていると、どんな教材を使って何を行なうべきなのかを判断しづらくなってしまうので、できるだけ具体的な目標設定を行いましょう。

3. 今が適切なタイミングか

「今やらなければいつやるの?」というような言葉を聞くこともあるかもしれませんが、人間のキャパシティには限界があります。仕事や家庭が忙しすぎる時期に、英語学習に時間や労力を割くのは、多くの人にとっては簡単なことではないでしょう。

生活に余裕がない中で、無理して英語学習に精力を注ごうとしても、なかなか思うようには学習が進められず、英語学習へのモチベーションが低下し挫折してしまう結果になってしまいます。

このような悪循環に陥らないためにも、英語学習に焦りは禁物です。自分が今「やらなければいけないこと」や「やりたいこと」をリストアップしそれぞれの優先度を決め、リストの中で英語学習がどのくらいの優先順位なのかを考えてみましょう。

優先順位を考えたうえで、なお英語学習に今取り組むと決めたのであれば、「他のことを差し置いてでも英語を学習しなければならない」という強い意識を持つことができるので、英語学習へのモチベーション維持もしやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、英会話スクールに継続して通うために抑えておきたい3つのポイントをご紹介しました。
現在英会話スクールに通っている方や、英会話スクールに通いたい気持ちはあるが、悩んでいるという方はぜひ参考にしてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、親会社であり企業の組織活性化コンサルティングを手がけている東証一部上場企業、リンクアンドモチベーショングループのノウハウも活かし、ネイティブ講師とキャリアナビゲーターが二人三脚となって、受講生一人一人を目標達成までしっかりサポートします。
興味がある方はぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ