ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語ライティングを上達させる3つの方法

英語を勉強している方の中には、「ライティングができるようになりたいが、勉強法が分からない」という方も多いのではないのでしょうか。リーディングやリスニングと違って、ライティングはアウトプットスキルが必要な分野であるため、勉強法に迷ってしまう方も多いでしょう。
今回は、英語ライティングを上達させる3つの方法をご紹介していきたいと思います。

ライティングが上達しない理由とは?

ライティングがなかなか上達しない理由としてまず挙げられるのが、英語のインプット知識が不足していることです。インプットされている英語の知識が足りていない状態で、いきなりアウトプットをしようとしても思うように英文を書き出すことはできません。特に、基礎の英文法知識や語彙知識が不足していると、正しく英文を組み立てることはまずできません。

また、英文法や英単語の知識が十分にあるだけでなく、シーンに沿った適切な英文の書き方を知っている必要があります。
そして、英語のライティングスキルを伸ばすには、英文を書く練習をたくさん行うことが何より大切です。練習を積まずには英文をスラスラ書けるようにはなれません。

自分が必要なシーンのライティングの「クセ」を知ろう

英文ライティングが必要となるシーンは人によって様々です。ビジネスマンの方であればビジネスメールや書類など、学生であれば論文やレポートなどで英語ライティングを行うでしょう。あるいは、日記やブログを英語で書くことを目的に英語ライティングをしたいと考えている方もいるでしょう。

英語ライティングの方法はそれぞれのシーンによって少しずつ異なります。自分がライティングを行うシーンではどのような「クセ」があるのか知っておくことが、英語ライティングを上達させる近道です。

ビジネスメールを書く

英語のビジネスメールで一番意識するべきことは、要件をなるべく簡潔に伝えることです。
日本語のビジネスメールでは時候の挨拶を入れることが多いですが、英語のビジネスメールではそのような前置きは不要です。

難しい英単語や構文を無理に使おうとせず、読み手に「要件は何なのか」を分かりやすく伝えるためにシンプルな英語を使いましょう。

論文を書く

英語で論文を書く際は基本的に、要旨→序論→実験→結果→考察→結論という順で書き進めます。
論文はアカデミックな文章なので、日常英会話でよく使うようなカジュアルな英単語はなるべく使わないようにし、フォーマルな英単語を使いましょう。
例えば以下のように置き換えるのが好ましいです。
※文脈によっては下記の書き換えが適切ではない場合もあります。

  • do → conduct(調査・実験などを)実施する
  • get → achieve, obtain(実験結果や生成物などを)得る・採取する

また、論文で自分のことを述べる時は、主語は"I"ではなく、"we"にするのが基本です。

日記・ブログを書く

趣味で書く日記やブログにおいての英語ライティングでは、決められた英文の書き方は特になく、自分が思ったことや、その日の出来事などを自由に書きます。

5W1H(When, What, Where, Who, Why, How)を明確にすることを意識してライティングをすると、情報が豊かな英文を作ることが出来ます。

ライティングを上達させる3つの方法

ここからは、ライティングを上達させるための具体的な方法をご紹介していきます。

文法を学ぶ

文法を学ぶことは、ライティングを上達させるために必要不可欠です。文法が多少間違っていても、相手が意図をくみ取ってくれることはありますが、正しく情報を伝えるためには正しい文法でライティングをしなければなりません。特に、ビジネスシーンでのライティングや論文などでは、文中に文法ミスがあると信頼度が低く感じられてしまいます。
複雑な英文法までを習得する必要はありませんが、基本の5文型をはじめとする中学・高校英語で習う英文法はしっかり学んでおく必要があります。

ボキャブラリーを増やす

自分が伝えようとしていることをしっかり英文にして表すには、十分な語彙力が必要です。使える語彙の量を増やせば、英語ライティングをぐっと上達させることができます。
また、ライティングでよく使われるつなぎの言葉や表現などを積極的に使用すると、話の流れがわかりやすくなりまとまりのある文章にすることができるので、習得しておくとよいです。

例えば以下のようなものがあります。

  • 例を挙げる時:For example(例えば)
  • 意見を述べる時:In my opinion(私の意見は)
  • 反対のことを述べる時:On the other hand(一方で)、However (しかしながら)
  • 結論を述べる時:In conclusion(結論として)

毎日アウトプットをする

自分が知っている英語(=インプットされている知識)を実際に使う(=アウトプット)する練習をたくさんしましょう。アウトプットの練習はできるだけ毎日継続して行うのが理想です。
英文を書いたあとは、辞書などを活用しながら自分が書いた文が正しいかチェックをしましょう。ネイティブ講師などに添削してもらうと更に効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、英語ライティングを上達させる3つの方法をご紹介しました。ライティングを上達させるには、ボキャブラリーや正しい文法、ライティングシーンに合った英文の書き方を身につけたうえで、日々英文を書く練習を積み重ねることが不可欠です。ライティングの勉強法でお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

また、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では世界177ヵ国、500万人以上が利用しているロゼッタストーン独自の言語学習ソフトウェアを活用して、ライティングのトレーニングもできるようになっています。また、マンツーマンレッスンの中で自分の書いた文章の添削やメールの書き方、履歴書の書き方など多岐に渡るライティングのカスタマイズ授業が可能です。通常の英会話トレーニングだけではなくライティングスキルも磨きたいという方は、ぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください!

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ