ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

スピーキング

「英語のスピーキングがなかなか上達しない」と悩む人に知っておいてほしい3つのこと

「英語のリーディング・リスニングはできても、スピーキングはできない」という人は多いのではないでしょうか。「TOEICの点数は高いけど、スピーキングは苦手」という声もよく聞きます。今回は、英語のスピーキングがなかなか上達しないと悩む人に、知っておいてほしい3つのことをご紹介します。

1.日本語を覚えたように英語を学ぶことはできない

「日本語を覚えたように英語を学ぶ」という英語学習法、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「英語漬けの環境で英語のシャワーを浴び続けていれば、英語が話せるようになる」「聞き流すだけで英語が学べる」といった類のものです。はたして、本当に英語を聞き流すだけで英語が学べるのでしょうか。
残念ながら、日本語を学んだ時と全く同じ環境を用意することは難しいというのが現実です。日本で生活をしていると、どれだけ英語に囲まれた環境を作ろうとしても限界があります。インプット量にしてもアウトプット量にしても、圧倒的に足りないのです。また、脳の発達段階も、日本語を覚えた幼少期とは異なるため、聞き流すだけで英語を話せるようになることは難しいといえます。

それでは、英語のスピーキング力を上げるのはどうすればよいのでしょうか。

2.インプットとアウトプットを繰り返す

何もない状態からいきなり英語を話すのは、ハードルが高いです。まずは、お手本となる英語を大量にインプットし、単語や言い回しをストックしていきましょう。その際、ただ漠然と英語を読んだり、聞いたりしているだけでは、なかなか語彙は増えていきません。

例えば、英文のシャドーイング(聞こえてくる英文のすぐ後を影のように追いかけて発音する練習)を繰り返して、頭に入れていきましょう。シャドーイングでは、実際に声に出して英文を真似ていくため、単語をひとつひとつ覚えていくよりも多くの語彙を身につけやすく、言い回しも同時に学ぶことができます。シャドーイングの他にも、暗唱を繰り返して、英文を頭に染み込ませていくのも良いでしょう。

英語をインプットした後は、アウトプットの段階です。実際に英語を使っていきましょう。日常的に英語を使う機会があればよいのですが、機会がない方もいると思います。その場合は、英会話学校に通ったり、オンライン英会話を受講したりするという方法もあれば、英会話カフェに行ってみるのも一案です。また、英語で独り言をいってみる、というお手軽な方法もあります。大切なのは、インプットした英語を実際に使ってみることです。アウトプットすることで、その語彙や言い回しを自分のものにすることができます。そして、英語をいざ話してみると、新たにわからない表現が出てくるかと思います。今度はその表現の英語での言い方を覚えて、また使ってみるといったように、インプットとアウトプットを地道に繰り返していくことが、スピーキング力アップのためには大切です。

3.日々の練習が不可欠

英語のスピーキングを上達させるには、毎日継続してトレーニングすることが不可欠です。短期集中で学ぶという方法でも効果はありますが、それ以上に毎日継続することが大切なのです。例えば、ピアノを習ったことがある方だと、毎日練習しないとすぐに指が動かなくなり、以前は弾けていた曲が弾けなくなる、といった経験があるのではないでしょうか。スポーツでも、一日でも怠けると一気にテクニックが落ちてしまったりします。英語もこれと同じです。週末に10時間まとめて学習するよりも、毎日15分でも時間をとって、継続して練習をしていくことが重要です。

まとめ

スピーキング力を一気にあげる魔法のような方法は残念ながらありませんが、地道な努力が上達には必要です。スピーキングがなかなか上達しないとお悩みの方は、ここで紹介した3つのポイントを参考に、一度英語の学習を見直してみてはいかがでしょうか。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本語も話せるネイティブ講師とスクールカウンセラーが二人三脚となって、生徒一人一人の課題に応じて最適な英語学習法をご提案させていただきます。
自分ひとりでは英語学習法の見直しに不安がある方は、ぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください!

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ