英語の上達はリスニングの上達から!「英語脳」のつくり方|リスニング|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

リスニング

英語の上達はリスニングの上達から!「英語脳」のつくり方

英語には「読む(リーディング)」「聞く(リスニング)」「書く(ライティング)」「話す(スピーキング)」の4技能があります。英語を上達させるには、最終的には4技能を全て伸ばしていく必要がありますが、そもそもリーディング力なくして書くことはできませんし、リスニング力なくして話すことはできず、先にリーディング力とリスニング力を伸ばすことが大切になってきます。今回は、この2技能のうち、日本人が苦手としがちな「リスニング」に着目し、英語を聞いてそのまま理解できる「英語脳」のつくり方についてみてきます。

リスニングで英語を理解するプロセス

そもそも、リスニングはどのようなプロセスでなされているのでしょうか。
私たちが音を聞いて理解するまでには複数の処理が行われていますが、大きくわけると2つのプロセスからなります。

はじめに行われるのは「音声知覚(Perception)」です。これは、耳から入ってきた音を知覚して、個々の単語を認識することです。「何と言っているのかわかる」状態といえます。

次に行われるのは、「意味処理(Comprehension)」です。ここでは、音声知覚で認識した単語の意味判断や、文法の処理が行われ、「どんな意味か理解できる」状態となります。この状態まできて初めて、聞き取った内容を記憶したり、疑問や感想を抱いたり、という次のステップに進むことができます。

英語をそのまま理解する必要性

リスニング力を上達させるには、このリスニングの一連のプロセスをスムーズにできるようにすることがとても大切になってきます。実際に英語を聞くシーンでは、聞いた音を拾って、その音を単語として認識して、認識した単語の意味を判断して、文法を考えて...というプロセスをゆっくり考えながら行う時間はなく、一瞬ですべてのプロセスを行う必要があるからです。このリスニングプロセスを脳内で自動的に行われる状態こそ、耳から聞こえた英語をそのまま理解する「英語脳」がつくられた状態と言えます。

英語をそのまま理解するには?

では、英語をそのまま理解するには、どのようなトレーニングが必要なのでしょうか。

聞いて書き取る、音声知覚を鍛える「ディクテーション」

リスニングのプロセスでは、まず英語を聞き取って単語として認識することが必要でした。この能力を鍛えられるのが「ディクテーション」です。ディクテーションでは、短めのセンテンスを何回か流し、書き取っていきます。その後、スクリプトと書いたものを照らし合わせて、聞き取れなかった部分や、書き取りが間違っている部分を確認していきます。
このとき、なぜ聞き取れなかったのかについても確認するようにしましょう。確認後は、聞き取れなった部分を中心に、もう一度音声を聞きながら自分でも発音練習をし、同じように発音できる状態を目指します。ディクテーションのトレーニングを通じて、聞き取れない音を明らかにし、聞き取れるようにしていきましょう。

後追い音読で発音も鍛えられる「シャドーイング」

また、「シャドーイング」というトレーニングも効果的です。シャドーイングとは、聞こえてきた英語の音に対して、そのすぐ後ろを「シャドー(影)」のようにぴったりとくっつき、発音や抑揚を真似しながら音読することです。
このシャドーイングのトレーニングも「音声知覚」を鍛える効果があります。とにかく聞こえてきた音に対して、そっくりそのまま復唱することで、音声知覚を自動化できるようになっていきます。シャドーイングの際は、聞こえてきたネイティブの発音に自分の音を近づけることを意識し、聞こえてきたそのままの音で復唱できるよう心がけましょう。

素早く意味を捉える訓練に「チャンク」を意識

音を聞いて「何を言っているか分かる」状態となったものの意味を理解するためには、「チャンク(Chunk)」を意識することが大切です。チャンクとは、意味の固まりのことです。
ネイティブが英語を話す際には、息継ぎ等を通じて自然と意味の固まりごとに区切っています。英語を聞き取る際にこのチャンクに気を付け、意味の固まりごとに英語を理解できるようになれば、リスニング力も上がっていきます。チャンクを意識するには、最初からチャンクが示してある教材を用意しても良いですし、スクリプトに自分で意味の固まり毎にスラッシュを書き入れて、シャドーイング等のトレーニングに使用するのも一つの方法です。

まとめ

どうしても苦手意識を持ってしまいやすい「リスニング」ですが、英語の上達には欠かせないスキルです。英語をそのまま理解できる「英語脳」を目指し、ここで紹介したトレーニングに取り組んでみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本語も話せるネイティブ講師とスクールカウンセラーが二人三脚となって、生徒一人一人の課題に応じた英語学習メソッドをご提案させていただきます。

短期間で効率的に英語力を高めるためには、課題の正確な把握と、課題に合ったメソッドによるトレーニングが必要不可欠です。自分の場合はどんな英語学習をすればよいのかを知りたいという方は、ぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください!

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ