ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

リスニング

リスニングに効果てきめんと言われる「リピーティング」とは?

英語のリスニング力は「英語を聞き流すだけ」では伸びない、というのは既に聞いたことがある方も多いかと思います。では一体どんなトレーニングを行なったらよいのか?ということですが、リスニングスキルの向上を目的としたトレーニング法はたくさんあります。その中でも特に効果が高くおすすめなのが「リピーティング」です。
今回は、リスニングに効果てきめんと言われる「リピーティング」について、お話していきたいと思います。

リピーティングとは?

「リピーティング」とは、英語音声を聞き取ったあと、音声を再現する要領で、聞こえた英語を真似して発話するトレーニングです。

リピーティングは通常、英語音声を文単位で区切り、以下の流れで一文ずつ行います。

再生 → 一時停止 → 発話 → 音声スクリプトをチェックし、発話したものが正しいか確認

発話したものが間違っていた場合、もう一度同じ文を再生するところからやり直して復習するとより効果的です。

リピーティングを行う効果

リピーティングのトレーニングでは、聞こえた英語を自分で口に出して復唱しなければならないため、ただ音声を聴くだけよりも集中して音声を聞き取ろうとします。これによって、英語を聞き取る力が鍛えられるのがリピーティングを行う効果のひとつです。

また、ただ音声を聴いているだけだと、聞こえているようで確実には聞き取れていない部分があっても、音声がそのまま流れていってしまうだけなので、自分でも気付かないことがあります。しかし、リピーティングのトレーニングを行うことで、英語音声が言ったことを自分で口に出して再現できない時は、そこがきちんと聞き取れていなかった部分であるというように、弱点が浮き彫りになり自分でもはっきりと認識することができます。

リピートできなかった部分を集中的に繰り返し練習することで、弱点の克服が可能となり、リスニングスキルが向上します。

リピーティングを行う際の注意点

リピーティングのトレーニング効果をしっかり得るためには、まずはスクリプトを見ないで行うことが重要です。リピーティングはスクリプトを見ないで行うことに大きな意味があるトレーニングです。最初からスクリプトを見ながら行ってしまうと、「音読」をしているだけになってしまい効果が薄くなるので注意が必要です。

リピーティングを行ってみて聞き取れない部分があっても、「何度聴き直してもどうしても聞き取れない」という状態になって初めてスクリプトを確認するようにしましょう。

また、初心者の場合、最初は一文まるごとリピートするのが難しいかもしれません。その場合は、まずはフレーズごとや数単語ごとに区切って音声を止めてリピートしてみてください。慣れてきたら徐々に区切る間隔を広げて難易度を上げていくとよいでしょう。

シャドーイングとの違い

英語音声の真似をしながら発話するトレーニングとして、もう一つ「シャドーイング」というものがあります。「シャドーイング」とは、流れる英語音声を聞き取りつつ、音声からワンテンポ遅れて影のように音声を追いかけ、音声の真似をして発話するトレーニングです。

シャドーイングとリピーティングは、どちらも英語音声を聞き取り、真似して発話するという点では共通していますが、具体的なやり方が異なります。

シャドーイングでは、英語音声からワンテンポ遅れて流れる音声の後をどんどんついていくようにして、聴こえた英語を比較的すぐに発話します。一方リピーティングでは、一文が流れ終わるまで待ってから、音声を一時停止し一文を発話します。
ちょっとしたやり方の違いですが、これによって難易度や得られる効果も少しずつ異なってきます。

シャドーイングでは、聴こえた音声をすぐに真似して発話するので、英語のリズム感、抑揚、イントネーション、音声変化(=単語と単語を繋げる読み方や、一部の文字がほぼ発音されない読み方など、ネイティブが行う自然な英語の読み方)を体得しやすいというメリットがあります。これらを習得することで、リスニング力やスピーキング力の向上につながります。

一方、リピーティングでは発話するまでに間が開くため、聴いた英文を記憶しておく必要があり、集中力や聞き取る力に加えて短期記憶の力も鍛えられるのが特徴です。短期記憶とは、聴いたものを一時的に記憶に留めておくことです。

短期記憶の力を鍛えることで、日常英会話で相手の言ったことを覚えておけるのはもちろん、TOEICのリスニング問題を解く際などにも役立ちます。TOEICリスニングのパート3、4は英文が長いので、英文を聴いて理解できたにも関わらず選択肢を選ぶまでに内容を忘れてしまうという課題を多くの人が抱えています。これを改善するために必要なのが短期記憶の力です。

短期記憶の力までが要求される分、リピーティングはシャドーイングより負荷の高いトレーニングであると言えます。リピーティングが難しければ、まずはシャドーイングを重点的に行い、英語リスニングの基礎力を付けることから始めるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、リスニングに効果てきめんと言われる「リピーティング」についてお話ししました。リピーティングは負荷が高い分、リスニング力を鍛える効果が絶大なトレーニング法になります。独学でも音源付きの教材があればできるので、学習に取り入れてみてはいかがでしょうか。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、講師とスクールカウンセラーが二人三脚となって、生徒一人一人の課題に応じた英語学習メソッドをご提案させていただきます。

短期間で効率的に英語力を高めるためには、課題の正確な把握と、課題に合ったメソッドによるトレーニングが必要不可欠です。自分の場合はどんな英語学習をすればよいのかを知りたいという方は、ぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください!

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ