ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

発音矯正

英語を正しく発音するための大切な3つのポイント

英語を学習している方の中には、「自分の話す英語がうまく相手に伝わらなかった」という経験をしたことのある人も少なくないのではないでしょうか。
英語の発音の重要性については様々な意見がありますが、相手に伝わりやすい英語を話すには、やはりできるだけ正しい発音で英語を話すことも大事です。今回は、英語を正しく発音するために意識したい大切なポイントを3つお伝えしていきたいと思います。

少し大げさなくらい口・舌を動かす

英語は日本語と比べて、口や舌を縦横に大きく動かして発音するという特徴があります。日本語と英語では喋るときに使用する顔の筋肉量が異なるとも言われているほど、英語を正しく発音するには、日本語を喋る時よりもたくさん顔の筋肉を動かす必要があるのです。

そもそも、英語と日本語は音が全く異なるので、口や舌の動かし方が根本的に違います。そのため、日本語を喋る時と同じ要領で口や舌を動かしていても、特に日本人以外の相手にはきちんと英語が伝わらないことがあります。伝わりやすい英語を話すには、英語発音の正しい口・舌の形を知ったうえで、口・舌を大きく動かしてはっきりと発音することが必要です。
英語を話す際は、普段日本語を喋っている時と比べると、少し大げさにも感じられるくらいはっきり発音するように意識することをおすすめします。

単語同士を繋げるようにして話す

英語ネイティブに英語が伝わりにくくなってしまう原因の一つとして、単語を一語ずつはっきりと発音してしまっているということが挙げられます。ネイティブは英語を話す時、単語と単語を繋げるようにして発音します。例えば、"take it"と言う時は「テイク イット」ではなく「テイキット」という風に読まれます。

このようなネイティブが英語を話す時に起きる音の変化のことを、「音声変化」といいます。音声変化にはいくつかの種類があり、音が脱落したり、くっついたり、弱く読まれたりなど様々なものがあります。こういった音声変化を習得し、ネイティブの真似をするようにして話すと、より自然で伝わりやすく、流暢な英語に近づくことができます。

日本人が苦手な音をマスターしよう

日本人にとって英語の発音は、日本語に存在しない音が母音、子音含め、多数含まれていることが難しいと思ってしまう原因でもあります。日本人にとってはほぼ同じような音に聞こえるものでも、英語ネイティブにとっては全く異なる音であるというケースも複数あります。
日本人が区別を苦手とする子音の組み合わせとしては、例えば以下のようなものが挙げられます。

'R'と'L'

日本人が苦手とする英語の音の典型例が、日本語のラ行にあたる'R'と'L'です。例えば、"right"と"light"の読み方は、日本語のカタカナに置き換えるとどちらも「ライト」とされますが、英語では2つの単語は全く異なる発音になります。
日本語のラ行を発音する時は、舌先が少し口の中の上部に触れる具合になるかと思います。
一方で、英語では、'L'は舌先を上の歯の裏に押し付けるようなイメージで発音し、'R'は舌先が口の中に触れないようにして発音するのがポイントです。

'S'と'SH'

日本人が混同しやすい子音のもう一つの例が、'S'と'SH'です。例えば、"she"と"see"の発音の違いを明確には理解できていない方も少なくないです。
"she"は、日本語の「シ」に近い音で、舌の両端を上の奥歯に近づけて発音します。一方で"see"は、口角を横に引っ張りながら、舌先をの下の前歯の裏側に押し当てて、息を歯と歯の隙間から吐き出すようにして発音します。

正しい発音で英語を喋るには、上記のような日本人にとっては同じようにも聞こえる子音の違いもしっかり区別して発音できることが大切です。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、英語を正しく発音するために意識したいポイントを3つお伝えしました。
英語と日本語はやはり全く異なる言語です。日本語を話す時と同じ要領でなんとなく英語を発音しているだけでは、聞き手にうまく伝わらない可能性があります。英語を正しく発音するには、今回ご紹介したような日本語の発音との違いをまずきちんと理解しておくことが大切です。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

なお、本格的にしっかりと英語の発音を勉強したいという方には、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)が提供する、英語発音矯正プログラムの「ハミングバード」がおすすめです。

ハミングバードはアメリカ・ロサンゼルスの研究所で日本人のために開発された英語発音学習方式で、20年以上の歴史を誇り、10,000人以上の修了者がいる実績豊富なプログラムです。現在日本においてはRSLCのもとで東京では新宿校・銀座校・池袋校が、大阪では梅田校が開校しています。

ネイティブ並みの綺麗な発音を身につけ、総合的に英語スキルを高めたいという方は、ぜひ一度お気軽にハミングバードの無料体験レッスンにお越しください。

英語発音矯正スクール「ハミングバード」の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ