英語を独学で勉強するなら気をつけたい4つの注意点|英会話スクール活用法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英会話スクール活用法

英語を独学で勉強するなら気をつけたい4つの注意点

英語を独学で勉強している方の中には、「なかなか英語が伸びている気がしない」「本当に自分の学習方法が正しいか自信がない」と学習方法にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、独学で英語を学ぶ人がやってしまいがちな、学習効果が薄くなってしまう行いや、独学でも効果的に英語を上達させるために、気をつけたいポイントをご紹介したいと思います。

  1. 基礎のインプット学習から始める
  2. 教材の購入は計画的に行う
  3. 読み方(発音)を確認しながら学習する
  4. 聞き流すだけでは聞けるようにはならない

1.基礎のインプット学習から始める

英字新聞を読む、オンライン英会話に挑戦する、多読・多聴など、英語学習に有効な方法や教材はたくさん存在します。英語を勉強されている方の中には、このような様々な手段を試している方も多いのではないでしょうか。

どのような学習方法を取り入れるにしても、学習の効果を最大に高めるには、基礎の文法や最低限の語彙知識のインプットがあることが前提です。

基礎の文法とは、具体的に言うと中学で習う中学英語などのことを指します。中学で習う英語の文法は、英語の大切な基礎事項です。大学受験などを通して基礎英語をしっかり身につけてきた方や、TOEICで既に高い点数が取れている方などは基礎の復習にはそれほど多くの時間をかける必要はありませんが、学生時代に習った英語を忘れてしまっているという方は、基礎の復習をスキップしてしまうと、遠回りになってしまう可能性が高いです。

基礎ができていないのにやみくもに英字新聞を読むなどしても、英語を構造から理解することができていないので効果は薄いでしょう。アウトプットの練習をするにあたっても、基礎の文法と最低限の語彙のインプットがないと、英文を頭の中で組み立てることができません。

基礎知識のインプット学習は一見すると面白みのないもののように見えるかもしれませんが、英語を習得するにあたってとても大切な部分ですので、軽視しないようにしましょう。

2.教材の購入は計画的に行う

英語を独学するにあたって教材選びは重要です。教材を購入する際は、自分の目的に合った教材を選ぶことをおすすめします。

英語を習得するにあたって取り組むべき課題は、発音や単語・文法から英会話や読解など、多岐にわたりますが、それらを全て一気に学ぶことは容易なことではありません。目的を達成するために、まず優先して行うべき分野はどれかをよく考え、今後の学習のプランを大まかに決めてから教材を購入することが大切です。アマゾンなどでレビューを事前に確認し、本の内容が自分の英語レベルや目的に合っているかを確かめた上で購入すると、失敗しにくいでしょう。

また、独学で英語を学んでいる方に時々見られるのが、教材をたくさん揃えることで満足したり、学習に対する不安を解消したりしているケースです。

短期間の間に多くの教材を入手しすぎてしまうと、色々な教材へと目移りしてしまい、どの教材も中途半端になってしまう可能性が高いです。「こんなに教材を揃えたのになかなか進まない」と、のちのち挫折をする原因になってしまうこともあるかもしれません。

問題や内容が長期定着するまで一冊の教材をじっくり何度も繰り返し復習し、「この本から吸収できることは全て吸収した!」と言えるくらいまでやりこんだ時点で、初めて教材の効果は最大となったといえるでしょう。

学習を進めていくなかで、必要に応じて徐々に教材を増やしていくようにしましょう。

3.読み方(発音)を確認しながら学習する

英語を習得するにあたって正しい発音を学ぶことはとても大切です。これは、スピーキングの学習だけに限定されません。自分で正しく発音することができない単語は聞き取ることができないので、英語の発音を習得することでリスニングスキルを伸ばしやすくなります。

単語の正しい読み方を認識できていないと、音声の中でその単語が発音されても聞き取ることはできないので、単語帳を使って語彙力を増やす学習を行う際は、CDなどの音声が付いている単語帳を選ぶようにし、発音の確認を行いながら単語を覚えることをおすすめします。

また、英文を読んでいて知らない単語に出会った時も、単語の意味を確認するだけでなく、読み方の確認も都度行う習慣をつけるようにしましょう。

英会話スクールなどでは、講師が単語を実際に発音して教えてくれるので必要ありませんが、独学ではCDや単語の発音再生ができる電子辞書、スマホの辞書アプリなどを活用して、自発的に音を確認する作業を怠らないことが大切です。

4.聞き流すだけでは聞けるようにはならない

「英語の音声を聞き流すだけで英語が聞けるようになる」といった趣旨の教材もありますが、英語の音声を本当にただ聞き流すだけでは、英語を聞き取れるようになるのは難しいというのが実状です。

英語を聞き取れる力をつけるには、英語の音声を使ってシャドーイングやディクテーションなどの適切なトレーニングを行う必要があります。

また、これらのトレーニングを行うにあたって、内容の意味理解ができていない英文音声を使用しても、音を聞き取るだけの練習となってしまうため、トレーニングの効果は低くなってしまいます。
音を聞き取ったうえで、意味の理解が出来るようになるためには、トレーニングを行う前に文中の文法・語彙の意味をしっかり確認し理解する必要があります。

リスニング学習の際には、ただ音声を聞いて終わりにするのではなく、音声のスクリプトを確認して文の意味を理解したうえで、シャドーイングやディクテーションなどのトレーニングを行うと効果的に英語を聞く力を鍛えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、英語を独学するにあたって注意したい点を4つご紹介しました。独学は講師に頼らない一人での学習であるため、効果の薄い学習をしていても気がつかない可能性もあります。これから独学で英語を習得しようと考えている方や、現在独学で英語を学んでいる方で、学習方法に不安を感じている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、こうした注意点を知っていても「自分の勉強法で合っているのか不安が拭えない」「自分ひとりではなかなか実践が難しい」という方は、英語指導経験の豊富な講師が在籍している英会話スクールを活用する方が、かえって英語習得の近道になることもありますので、独学だけにこだわらず、目的を達成するためにはどういう方法で英語学習を進めていくのが最適なのかを考えてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、英語指導経験が豊富なだけでなく、日本人学習者の特性を理解している講師が、キャリアナビゲーターとともに受講者をサポートするので、学習方法や学習の進み具合などで不安に感じることがあっても、気軽に相談をすることができる環境が整っています。

興味がある方はぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ