ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

発音矯正

英語の発音記号を覚えるメリットとは?

英語を学習している方であれば、英語辞書などで英語の「発音記号」を目にしたことのある方も多いかと思います。発音記号は、英語を学習していくうえで実はとても重要な存在なのですが、「なんだか難しそうなのでよく分からないまま」という人も少なくないのではないでしょうか。
今回は、英語の発音記号を覚えるメリットについてご説明していきたいと思います。

発音記号とは?

そもそも、発音記号を見たことはあるものの、「発音記号とは何なのか」「何のためにあるのか」知らない人も多いかと思います。

まず、発音記号とは英語の発音を体系的に再現するためにある符号です。
英語のスペルと発音のルールは非常に複雑です。日本語は、基本的にスペルと発音が一対一になっています。しかし英語では、スペルと発音が一対一ではありません。

つまり、同じようなスペルであっても必ずしも同じように発音されるとは限らないのです。そのため、英語ネイティブや非ネイティブの英語上級者であっても、初見の英単語スペルを確実に正しくは発音できないケースも多くあります。そこで、単語の発音を正確に伝えることができる発音記号が役に立つのです。

発音記号を覚えておくと、英語を習得していくにあたって沢山のメリットがあるため、ぜひ覚えておくことをおすすめします。

英語の発音記号を学ぶメリット

では早速、英語の発音記号を学ぶことで具体的にどんなメリットがあるのか、ご説明していきたいと思います。

単語の音を正確に覚えられる

英単語の意味を知っていても、音を知らないと正しく発音することができません。すると、スピーキングで自分が英語を話す際、自分の言っていることが相手に正しく伝わらなくなってしまう可能性があります。
反対に自分が相手の英語をリスニングする際も同様で、単語の音を知らないと単語を聞き取って正しく理解することができなくなってしまいます。
発音記号の知識があれば、辞書などを使って英単語を調べる際に、英単語と一緒に記載されている発音記号を確認することで、単語の読み方を忠実に理解することができます。

辞書の読み上げ機能などを使って単語の音を確認することも出来ますが、特に英語初心者の場合、耳で音を聞くだけでは発音を正確に捉えるのが難しいことも多いです。英語には日本語にない音も数多く存在するため、私たちが知っている日本語の音に自然と置き換えて覚えてしてしまうという懸念もあります。
より正確な発音をインプットするためには、発音記号を見て読み方を確認しつつ、音声を再生させ、目と耳の両方で音を理解するのがおすすめです。

リスニングスキルが伸びる

発音記号とそれぞれの記号に対する音がわかっていれば、似たような発音の単語であっても発音記号を確認して理屈で理解することで、それぞれの発音の違いを的確に捉えることができます。そのうえで発音練習を行うことで、より忠実に自分でも単語を発音することができるようになります。

正しく英語を発音できるようになると、「自分で発音できない音は聞き取ることもできない」の逆もまた然りで、「自分で発音できる音は比較的聞き取れる」のです。つまり、発音ができるようになると、英語リスニングスキルは飛躍的に伸びます。
単語を覚える際は、発音記号をあらかじめ確認してから音を再生させ、まずは発音を的確にインプットすることをおすすめします。そのうえで、自分でも発音練習を行って正しく発音できるようにすると、リスニングスキルがより向上しやすくなるのでぜひ実践してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、英語の発音記号を覚えるメリットについて解説してきました。発音記号をしっかり学んでおくことで、単語の音を正確に覚えられたり、リスニングスキル向上に繋がったりなど、英語学習をスムーズに進めやすくなります。習得を後回しにされることも多い発音記号ですが、この機会にぜひしっかりと発音記号を覚えてみてはいかがでしょうか。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、発音を磨きたい方のための英語発音矯正スクール「ハミングバード」を運営しています(東京は新宿校・銀座校・池袋校が、大阪は梅田校が開校)。

ハミングバードはアメリカ、ロサンゼルスの研究所で日本人のために開発された英語発音学習メソッドで、英語を発音するときの「口の形と舌の位置」をまず規定し、「その動きとしての発音」を「見て真似る」ことで正しい発音を身につけるというスタイルのプログラムです。20年以上の実績を有する信頼性の高いプログラムなので、発音矯正をしたいという方はぜひ一度無料体験レッスンにお越しください!

英語発音矯正スクール「ハミングバード」の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ