ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英会話スクール活用法

英語力を伸ばすためのたった2つのポイント。初心者だからこそ英会話スクールに通うべき理由とは?

「英語力がなかなか思うように伸びない」「学習時間はとっているはずなのに成果が上がらない」など、勉強はしているのに英語力向上につながらないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。
今回は、英語力を伸ばすために意識したい2つのポイントをご紹介します。

英語力を伸ばすために意識したい2つのポイント

英語力を伸ばすための英語学習において、意識しておきたい2つのポイントがあります。
ひとつは「学習効率」、もうひとつは「学習時間の総量」です。
「学習の効果」は「学習効率」と「学習時間の総量」の掛け算となるためで、学習の効果を上げるためには、「学習効率を上げる」か「学習時間の総量を増やす」のどちらか、またはその両方のアプローチが基本となります。

学習効率

学習効率は、「学習者の抱える課題」と「学習内容」、「学習方法」などによって左右されます。たとえば、TOEICの点数は同じだけれど、リスニングが苦手な人とリーディングが苦手な人が、同じ勉強をしたとしても英語力の向上度合いは異なってきます。
より細かいことをいえば、同じリスニングが苦手な人でも、苦手な原因が異なれば、最適なアプローチ方法・学習内容は違ってくるのです。

学習時間の総量

学習時間の総量については、イメージしやすいと思います。いくら効率よく学習を進められたとしても、学習時間が不足していては、本来伸びるはずのものも、結局は伸び悩んでしまうのです。

学習効率を上げるためには?

それでは、学習効率を上げるにはどうすればよいのでしょう。
最近では、母語以外の言語を習得する際のプロセスを科学的に解明しようとする「第二言語習得研究」というものが出てきました。
その研究で徐々に解明されつつある、母語以外の言語習得プロセスにもとづき、自分の課題がどこにあるのかを認識し、その課題解決に対して最適な学習内容・学習方法を選択することで、より効率的に学習を進めることができます。

たとえば、第二言語習得研究において、スピーキングは下記の4つのプロセスからなると言われています。

  1. 概念化(話したいことをイメージするプロセス)
  2. 文章化(文法や語彙にもとづいて文章にするプロセス)
  3. 音声化(文章化した英文を発話するプロセス)
  4. 自己モニタリング(発話した内容が正しいかどうか見直すプロセス)

スピーキングができない人といっても、文章化が苦手な人もいれば、音声化を苦手とする人もいます。
文章化が苦手な人であれば、単語や文法といった基本的な知識を学ぶことが、課題解決の近道でしょう。一方、音声化が苦手な人であれば、発音記号の知識を学んだり、シャドウイングで正しい発音で発話する練習を積んだりすることが、より早い課題解決につながるでしょう。

このように、自分が抱えている課題に応じて最適な解決策を講じることで、学習効率を上げることが可能です。

学習時間を確保するためには?

もうひとつのポイントである「学習時間の総量」を増やす、あるいは確保するにはどうすればよいのでしょう。
ズバリおすすめの方法は、「英語学習を習慣化する」ことです。

1回の学習時間は1時間くらいで構わないので、日々の生活の中に英語学習の時間を予定し、毎日英語学習をする。これを続けることで、まずは「英語学習すること」を習慣化しましょう。
一度習慣になってしまえば、今度は逆に英語学習をしないことに違和感を覚えるようになります。そこまで習慣化されたら、今度は生活に無理が生じない範囲で1回あたりの勉強時間を伸ばしてみましょう。

初心者は独学よりも英会話スクールがおすすめ

ここまで、英語学習の効果を上げるために、「学習効率」と「学習時間の総量」を上げる方法について解説してきました。
しかし、そうは言っても、なかなか自分ひとりで学習効率アップと学習時間の総量確保に意識を向けて学習を進めるのは難しいところです。

そんなときは、英語学習のプロの力を借りるのも、ひとつの選択肢です。
多くの日本人英語学習者を教えた経験があり、日本人学習者の特性や日本人がつまずきがちなポイントを把握している講師であれば、授業の中で見つけた課題や苦手ポイントを克服する最適な方法を提案してくれますし、スクールに通うことで半強制的に英語学習の時間を確保することにつながるからです。

まとめ

いかがでしたか。英語力を伸ばすため、英語の学習効果を高めるために意識しておくべき2つのポイントについて解説しました。また、英語学習初心者は特に、2つのポイントを意識しつつ学習を進めるのは難しいため、英会話スクールというプロの力を借りることもおすすめです。英語力がなかなか伸びないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人学習者の特性をよく理解している講師が授業を行い、キャリアナビゲーターも親身に英語学習についての相談に乗ってくれますので、英語学習で悩みがある方や効率よく英語を学びたいと考えている方は、ぜひ一度RSLCにお越しください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ