初心者必見!英単語学習のコツとは|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

初心者必見!英単語学習のコツとは

英語学習者のみなさんの中には、英文法や構文など一定の規則があるものは覚えられるけれど、単純にただひたすら覚えるだけの英単語は苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、英単語学習の必要性と英単語を定着させる暗記法について、解説していきます。

英単語学習の必要性とは

英単語の暗記が苦手な方の中には、「英単語は分からなくても、文章の分かる部分や全体の文脈から類推できるから、英単語学習は必要ない」と考えている方も少なくありません。

たしかに、特に制限時間などもなく、英文小説をじっくりと読むというような場面においては、たしかに一理あると思います。しかし、英会話力も身につけたいと考えているようでしたら、上のような考えはスッパリ捨て去ってください。なぜなら、英会話をする際には、文章の分かる部分や全体の文脈から、分からない単語の意味を類推しているような余裕はないからです。逆に言えば、英会話力を向上させるためには、数多くの英単語の意味・発音を知っていることが重要だということになります。

英単語を記憶に定着させる暗記方法

英単語学習の重要性と必要性をご理解いただいたところで、暗記方法の話へとまいりましょう。
英単語を記憶に定着させる暗記のコツは以下のとおりです。

  • 見て/聞いて/発音して覚える
  • 何度も繰り返す
  • 定期的にチェックする

見て/聞いて/発音して覚える

まず、一般的に視覚や聴覚など五感のひとつだけを使って覚えるよりも、複数の感覚を組み合わせて覚えた方が長期記憶に残りやすいと言われています。そのため、英単語においては、見て(視覚)、聞いて(聴覚)、発音して(触覚・聴覚)覚えることで、ただ黙読したり、英単語のCDを聞き流したりするだけよりも、効率的に長期記憶に残すことができます。

何度も繰り返す

次に重要なのが、何度も繰り返すことです。人は誰でも時間の経過とともに徐々に忘れていくものです。しかし、脳は何度も入ってくる情報は重要な情報だと認識し、その情報を長期記憶に保管するようになります。そのため、一度覚える作業をした後も、何度も繰り返すことでより忘れにくく、記憶に定着させることができるのです。

定期的にチェックする

最後のポイントは、定期的にチェックをすることです。これは、定期的に覚えたことを思い出そうとすることと言い換えてもいいでしょう。脳は記憶の引出しに入れた情報のうち、頻繁に取り出す(アウトプットする)ものを重要な情報と認識し、すぐに取り出せるようにします。つまり、簡単な確認テストのようなものでいいので、定期的に覚えたことをアウトプットする機会を設けることで、覚えたことをすぐに思い出せるようになるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。苦手意識を持っている人も少なからずいる「英単語学習」ですが、英語力向上にとって英単語の知識は必要不可欠なものです。地道ではありますが、記憶に定着するようにトレーニングを積み、英語力の基礎となる英単語をしっかりと身につけていきましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、英語指導経験が豊富なだけでなく、日本人学習者の特性を理解している講師が、キャリアナビゲーターとともに受講者をサポートするので、学習方法や学習の進み具合などで不安に感じることがあっても、気軽に相談をすることができる環境が整っています。「語彙力がなかなか伸びない」「英単語が覚えられない」といった相談にも、講師とキャリアナビゲーターが二人三脚となって、しっかりサポートしてくれます。

興味がある方はぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ