身につけた英語力を維持するたった3つの方法|英会話スクール活用法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英会話スクール活用法

身につけた英語力を維持するたった3つの方法

以前、海外留学中や英会話スクールに通っていたときは、洋画も字幕なしで見ていたし、バーで出会った外国人とも自然と英語で談笑できていたのに...外国人観光客に道を尋ねられたときに、答えられなかった。もしかして...私の英語力、落ちてる!?

こんな風に、バリバリと勉強していた頃には、確実に英語力もアップしていて、ネイティブとまではいかないまでも、日常生活くらいなら不自由なく英語を使えていたのに、最近英語力が落ちてきている気がする。という話はよく聞きます。
お金と時間をかけてせっかく身につけた英語力。できれば...いや、絶対に維持したいですよね?
今回は、お金と時間と努力の結晶ともいえる、身につけた英語力を維持するためのたった3つの方法について、ご紹介していきます。

英語力は使わないと衰えてしまう

冒頭でも書いたように、勉強をしている最中や直後は、確実に英語力は伸びていたのに、勉強をしなくなり、しばらく日常を過ごしていたら、英語力が落ちていると感じたことのある人は少なくないと思います。一方、日本で勉強して英語力が向上したので、生活の拠点を海外に移して、夢の海外生活をし始めたという方で、英語力が落ちたという方はあまり効きません。
この2つのケースから分かることは、「英語力は使わないと衰えてしまう」ということです。

英語力を維持する3つの方法とは

「英語力は使わないと衰えてしまう」
だから、英語力が身についたと思ったら、みんな海外移住しましょう!ということではありません。日本で生活しながらも、英語力を維持する方法はあります。
以下では、せっかく身につけた英語力を維持するための3つの方法をご紹介しましょう。

  • 英語を利用する目標を持つ
  • 英語でコミュニケーションをとれる場を作る
  • インプットとアウトプットを定期的に行う

英語を利用する目標を持つ

まず一つ目は、英語を利用する目標を持ちましょう。英語学習の末に英語力を向上させた人の中で、「その一時だけ英語力が必要なので、その後、英語力が衰えてしまっても構わない。」と考えている人は、いたとしても非常に少数だと思います。ほとんどの人は、一度向上した英語力は少なくとも維持したいと考えていると思います。

それであれば、英語力が向上した後は、英語学習で英語力が向上する以前の原点に立ち返り、英語学習をしていた頃の目標を今一度思い出してみてください。
英語を使ってやりたいことや目指す自分の姿があるのではないかと思います。そんなに大それたことである必要はありません。その目標が今後も英語と関わり続ける・使い続けるための原動力になるはずです。

英語でコミュニケーションをとれる場を作る

二つ目は、英語でコミュニケーションをとれる場を作ることです。英会話カフェに行ってみたり、オンライン英会話や英会話スクールを活用したり、国際交流イベントに参加してみたり、英語でコミュニケーションをとれるのであれば、本当に何でもいいのです。対面での会話のようなコミュニケーションが苦手な人は、英語でのオンラインチャットや、もしいれば外国人の友だちとのメールをするなど、文字でのコミュニケーションでも構いません。

インプットとアウトプットを定期的に行う

三つ目は、インプットとアウトプットを定期的に行うことです。二つ目の英語でコミュニケーションをとれる場を作ることとも似ていますが、対面での会話では、リスニングとスピーキングは使っているけれど、リーディングとライティングのスキルはあまり使わないでしょう。また、逆に外国の友人とのメールをしている人は、リーディングとライティングスキルは使っているけれど、リスニングとスピーキングはご無沙汰になってしまうでしょう。

ここでのインプットとアウトプットを定期的に行うというのは、インプットスキルであるリスニングとリーディング、アウトプットスキルであるスピーキングとライティングを、意識的にバランスよく使うということです。

なので、普段リスニングとスピーキングの場を用意できている人は、英字新聞を読んだり、英語で日記をつけたりなど、リーディングとライティングを使う機会を補うとよいでしょう。
また、リーディングとライティングの場がある人は、洋画を吹き替えにせず観賞してみたり、洋書を音読してみたりするなどして、リスニングとスピーキングスキルが鈍らないように工夫してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。努力の末に身につけた英語力が衰えてしまうのは避けたいものです。「英語力は使わないと衰えてしまう」ことを肝に銘じて、毎日とはいかないまでも、可能な限り定期的に英語の4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)を使う機会を設けるようにしましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、受講者のニーズに合わせた目的別レギュラープランが用意されているので、日常英会話を定期的に続けるために通っている方もいます。英語でコミュニケーションをとれる場を作るのが難しい方は、英会話スクールを活用してみてください。
興味がある方は、ぜひ一度資料請求や無料体験をお申し込みください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ