正しい英語を話す方法|英語学習コラム|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習コラム

正しい英語を話す方法

8000時間以上聞いた結果: After Listening for Over Eight Thousand Hours...

英会話講師である、私の生活についてお話ししたいと思います。私は毎週火曜から土曜まで、約40時間人々の英語を聞いています。講師として話すよりも聞くことの方が多いです。私の考え方では、もし生徒さんが英語を聞きたいとすれば、ネットを介してなどいつでもどこでも聞くことができます。わざわざスクールに通っている生徒さんは、英語を聞くより、英語を話すチャンスを求めています。ですから、レッスンでは私はだいたい聞く側にまわります。「聞く側」と言いましたが、実は生徒さんが話す文法に集中してきいているのです。これによって生徒さんのスピーキングに、ある共通のパターンを発見しました。
Let me tell you a little bit about my life, if I could. Every week from Tuesday through Saturday, for about 40 hours in total, I listen to people speak English. As a teacher, I don't really talk too much, mostly listen. In my thinking, if students want to listen to English, they can really do that anywhere, via CDs or on the Internet. Students who make an effort to come all the way to class don't simply want to be listening passively to English; they want a chance to speak. Therefore, in my classes, I'm usually the one listening passively. I say "passively," but as a matter of fact, I focus intensely on the grammar I hear. Because of this focus, and my many hours of experience, I have come to see a pattern common in many students' speech.

主語や動詞を忘れがち: The Tendency to Drop the Subject or Verb:

私が発見したパターンは、主語や動詞が抜けることです。特に英語を焦って話そうとする人がこのパターンに陥ります。代表的な例は以下です:
The pattern I have noticed is this: many students, especially those who speak hastily, forget to include a subject or verb in their sentences. Here's a perfect example:


私: So, what did you do at the beach?
私: じゃあ、海岸で何をしたんですか?
生徒: Cooked meat. Swam.
生徒: 焼かれた肉。泳ぐ(の過去形)。
Correct (with subjects): I cooked meat. I swam.
正:肉を焼きました。泳ぎました。


私: What kind of place is your hometown?
私: あなたの故郷はどんな所?
生徒: Small town. Mountains, mountains.
生徒: 小さい町。山、山。
Correct (with verbs): It is a small town. There are many mountains.
正:小さな町です。山がたくさんあります。


サバイバルイングリッシュとしては十分ですが、こんな風に話すビギナーの方はなかなか上達できません。強くは言いたくないですが、自分の長年の経験から発見したパターンを皆さんにシェアしたいんです。話す前によく考え、素晴らしい文章を作る生徒さんがいる一方で、主語か動詞が何度も抜けることを気にせず話す生徒さんもいます。そういう生徒さんに、次第に英語に興味がなくなってきて諦めてしまう方が多いのがわかりました。
As survival English, this is OK, of course. But I have noticed that beginners who speak like this have real trouble improving in the future. I don't want to speak too strongly, but I do want to let all of the readers of this column know the pattern I have seen in my years of teaching: While there are some students who think before talking and make great sentences, there are others who casually drop the subjects and verbs from sentences on a regular basis. Such students, I have found, are more likely, eventually, to lose interest in English and give up completely.

頭の中の川底: The Riverbed In Your Head:


例えるこなら、あなたの脳は川底のような所です。英語力を開発しているうちに、自分の脳という川底にパターンを刻んでいます。繰り返し言うことで、将来言えるようになります。今もし不完全な文章を言う癖を続けるなら、将来ずっとその癖が残ってしまいます。
To make an analogy, we can think of the brain as a riverbed. As you develop your English ability, patterns are carved into this riverbed. Things, ways of speaking you repeat now become easier to repeat in the future. If you develop the habit of speaking in incomplete sentences now, that habit will stay with you far into the future.


そう、ゆっくり気を付けながら...
So, Slowly and Carefully...

大切なのは、もしあなたが英語を楽しみたい、本気で上達したいならきちんとした文章を作ることです。早く質問に答えられなくても大丈夫です。時間がかかってもいいので、話す前に主語、動詞、目的語を頭の中で並べてください。きちんとした英語を話す癖を付けることの方が早く話すことよりもよっぽど大切です。こうすれば、あなたの英語の未来はとても明るいものになります。
The main point here is: If you'd really like to enjoy English and get better and better, making full and complete sentences is so important. Even if you can't answer questions quickly, that's OK! Just line up the subject, verb and object in your head before speaking, even if it takes time. Laying down good speaking habits for the future is infinitely more important than speaking quickly. It will make your English future brighter and more full of potential.

よくある「日本人の英語のまちがい」はしない!
日本人のために開発された学習法だから、効率的効果的!
▼▼▼【無料体験予約・見学】▼▼▼
https://rosettastone-lc.jp/entry/

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ