英語学習で挫折しないために、「SMART」な目標を設定しよう!|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語学習で挫折しないために、「SMART」な目標を設定しよう!

一念発起して英語を学ぼうと思っても、途中で挫折してしまってなかなか学習が続かない。これは、英語学習に取り組む方の多くが直面する代表的な悩みの一つです。

英語力は一朝一夕で上がるものではないため、筋力トレーニングのように継続的な努力が求められます。しかし、仕事や家事、育児などが多忙でなかなか英語学習時間を確保できず、徐々に学習に対するモチベーションが下がってしまうというのはとてもよくある話です。

どのようにすれば、挫折せずに英語学習を続けることができるのでしょうか。今回は、目標設定という観点から挫折しないためのコツをご紹介したいと思います。

目標設定は「SMART」に行おう!

英語学習のモチベーションを維持・向上し、成果を出すうえで大事なことは、適切な方法で目標を設定することです。目標設定をする際にぜひ意識しておきたいのは「SMART」という考え方です。SMARTとは、下記の5つの頭文字を組み合わせたものとなります。

  1. Specific(具体的に)
  2. Measurable(測定可能な)
  3. Achievable(達成可能な)
  4. Related(関連した)
  5. Time-bound(時間制約がある)

ここではそれぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

Specific(具体的に)

目標は、誰に伝えても正しく伝わる、明確で具体的なものにすることが重要です。例えば、「英語を話せるようになる」という目標の場合、どのレベルの英語を話せるようになるのかが曖昧で、具体性に欠いています。しかし、「外国人に対して簡単な自己紹介ができるようになる」という目標であれば、より具体性が増し、明確になります。このように、目標はできる限り具体的に設定することが重要となります。

Measurable(測定可能な)

目標を達成したかどうかが測定可能であるという点も重要です。一番分かりやすい例で行くと、TOEICで900点をとる、TOEFLで80点をとるといった目標は測定可能ですし、海外の大学院でMBAを取得するといった目標もよいでしょう。目標と現状とのギャップを正しく把握するためには、この測定可能性が鍵を握ります。

Achievable(達成可能な)

人のモチベーションは、その目標を達成したときの見返りの大きさと、その目標の達成可能性の掛け算が大きいときに最も高まると言われています。見返りが大きいとしても達成が不可能な目標であればモチベーションは出ませんし、逆に簡単に達成できる目標もあまり意味はありません。現状では難しいものの、頑張れば達成できる可能性があると信じられるレベルの目標を設定することが重要となります。

Related(関連した)

立てた目標が自分のキャリアや仕事、日常生活などにどれほど関連しているか、という点も重要となります。関連性が高ければ高いほどモチベーションは高まります。目標を達成することがどれだけ自分にとってプラスになるのか、日々の役に立つのかをしっかりと説明できるようにしておきましょう。

Time-bound(時間制約がある)

目標に必須の要素。それが時間的制約です。例えばTOEICで900点をとるという目標を立てるときは、必ず「いつまでに」という時間的制約も付け加えます。明確に期限を区切ることではじめて目標達成に必要なプロセスを逆算して考えることができるようになり、「いつまでに」「何を」しなければいけないかという具体的な道筋が立てられます。時間制約のない目標はただの願望です。必ず目標達成までの期限を区切るようにしましょう。また、期限を決めるときは「達成可能性」も意識しましょう。

まとめ

いかがでしょうか?上記のSMARTを意識しながら目標を立てることで、その目標を達成できる可能性は大きく高まり、期待通りの成果を出すことができるようになります。ただ漠然と「英語ができるようになりたい」と考えていても、なかなか上達をすることはできません。

例えば「来年の3月の人事異動のタイミングで海外関連部署への異動希望を出すために、今年の12月までにTOEICで800点以上のスコアを獲得する」といったようにSMARTな目標を設定することが、英語力を効率的に高めるための最初の一歩となります。いつも英語学習が続けられず挫折してしまうという方は、ぜひ意識してみましょう。

しかし、なかには自分一人だけで適切な目標を設定するのは難しいと感じる方もいるかもしれません。そんな方は、ぜひロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)にご相談ください。RSLCは「挫折させない」をコンセプトにしており、専任のキャリアナビゲーターが受講生の方一人一人のニーズに合わせた適切な目標設定をサポートし、その達成に向けたカリキュラムの作成、学習の実行までをトータルに支援しています。

正しい目標設定は、英語力を高めるうえでとても大事な最初の一歩となります。少しでも興味を持っていただけた方はぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください!

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ