英会話スクール選びで大事なのは価格よりも投資対効果!|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英会話スクール選びで大事なのは価格よりも投資対効果!

どの英会話スクールに入学するかを検討する際に、誰もが必ず重視するポイントの一つが「価格」です。英会話スクールの通学には毎月それなりのお金がかかりますので、できる限り安くレッスンを受けられるスクールに通いたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、英会話スクールを選ぶ際は、レッスンの表面的な価格だけに惑わされてはいけません。いくら安くレッスンを受けられるとしても、講師やレッスンの質が低く期待する学習効果が得られなければ、結果として時間もお金も無駄になってしまうからです。

英会話スクール選びで大事なことは、「価格」そのものではなく、「投資対効果」で考えるという視点です。投資対効果とは「投資したお金に対してどれだけの利益が得られるか」という意味です。今回はこの英会話スクールの通学による投資対効果について説明したいと思います。

英会話スクールの「投資対効果」で考えたい3つの視点

英会話スクールに通学することの「投資対効果」を考えるときは、下記3つの視点を大事にしましょう。

  1. 価格に対してどれだけ高品質なサービスを受けられるか
  2. スクール通学によりどの程度英語力がアップするか
  3. 英語力アップの結果としてどれだけのリターンが得られるか

1. 価格に対してどれだけ高品質なサービスを受けられるか

英会話スクールを比較するときは、レッスンの価格だけではなくサービスの内容や品質もセットで考える癖をつけましょう。たとえばマンツーマンとグループレッスンであれば一般的にはグループレッスンのほうが低価格に設定されていますが、それはグループレッスンの場合は講師と英会話できる時間が必然的に限られるからです。グループレッスンの参加人数をベースとして実際に講師と話せる時間を計算し、時間あたりでのレッスン料金をマンツーマンレッスンと比較してみると、実はグループレッスンのほうが割高になることもありえます。

また、英会話スクールが良質なサービスを提供するためには優秀な講師を採用するコストや講師をトレーニングするコストもかかります。さらに、より学習効果の高い教材を開発するための費用やオンラインシステムへの投資なども欠かせません。こうしたコストは当然ながら価格へと反映されますので、高品質なサービスほど価格も高くなる傾向にあるということも理解しておきましょう。

一見サービス価格が高いように見えても、提供しているカリキュラムや教材の質、講師のレベルなどをしっかりと比較すれば、投資対効果で考えるととても魅力的なスクールもあるのです。逆に、価格の安さを売りにしているものの、実際には体系的なカリキュラムが存在せず、講師も経験が少ないアルバイト感覚の人材しか在籍していないスクールもあります。見た目の安さに捉われることなく、しっかりとそのスクールのサービス内容も吟味したうえで判断するようにしましょう。

2. スクール通学によりどの程度英語力がアップするか

次に、そのスクールへ通学することでどの程度の英語力アップが期待できるのかも考えてましょう。例えば、10万円を支払ってTOEICスコアが100上がるプログラムと、15万円を支払ってTOEICスコアが200上がるプログラムがあったとすると、スコアベースで考えれば後者のほうが費用対効果の高いプログラムだと考えることができます。

もちろん実際には英語力がどこまでアップするかを正確に予測することは難しいですし、英語力の向上はスクールのサービス品質だけではなく受講生自身の努力に依存する部分も大きいため、上記のような単純な比較はできません。

しかし、例えばスクールのカウンセラーに過去の実績としてどの程度TOEICスコアが上がった受講生がいるか、スクールが設定している英語力のレベルを一段階上げるのに一般的にどの程度時間がかかっているのかなどを尋ねることで、レッスンの受講により期待される学習効果を大まかに把握することができます。

3. 英語力アップの結果としてどれだけのリターンが得られるか

最後に、英語力がアップした結果として最終的にどれだけのリターンが得られるかも意識しましょう。英語学習の目的は人により様々に異なると思いますが、例えばキャリアアップのために英語を学んでいる社会人の方であれば、英語学習の投資対効果を考えるうえでとても参考になるデータがあります。

バイリンガル向けの転職支援事業を展開しているダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社が2013年に実施した調査によると、同社の求人サイトに登録しているユーザーのうち、英語力がネイティブレベルのユーザーの平均年収は、英語力がないユーザーの平均年収の1.3倍、金額として約130万円の差があることが明らかになりました。

同社の調査結果からは、英語力が高い人材ほど企業からの採用ニーズが高く、結果として年収が高くなっているという現実が浮かび上がります。例えば、英会話スクールの通学に100万円をかけたとしても、それにより英語力をネイティブレベルまで高めることができ、結果として年収を130万円アップすることができるのであれば、スクールへの投資費用は1年で回収できるという計算となります。

このように、英会話スクールへ通学する費用を考えるときは、スクールのサービス品質や通学により身につくと想定される英語力に加え、その英語力によって最終的にどのようなリターンが得られるのかまで考えるようにすると、英会話スクールの価格に対する見方は大きく変わるはずです。

投資対効果で選ぶならロゼッタストーン・ラーニングセンター

英会話スクールを投資対効果の観点から比較した際に、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)が魅力的だと言えるポイントは下記の3つです。

  • 日本語OKのネイティブ講師のマンツーマンレッスンが受けられる
  • オンライン学習システムもある
  • 1レッスン約3,000~6,000円(税別)

一般的に、英会話スクールでネイティブ講師のマンツーマンレッスンを受ける場合、1レッスンあたりの相場は8,000円~10,000円程度となっています。しかし、RSLCの場合、ただのネイティブ講師ではなく日本語も話せるバイリンガル講師のため初心者にもおすすめで、さらにレッスンだけではなくロゼッタストーンのeラーニングシステムを利用したブレンデッド型の英語学習に取り組むことができるという特典もあります。

これらのサービスを含めても1レッスンあたりの価格は約3,000~6,000円(税別)と相場の半額程度の金額となっており、サービス品質に対する費用対効果は抜群です。

さらに、RSLCは東証一部上場企業の人事組織コンサルティング会社、リンクアンドモチベーショングループの企業であり、英語力の向上だけではなくその先のキャリアも見据えたカウンセリングサポートに対応しています。

費用対効果の高い英会話スクールへの通学を検討されている方は、ぜひ一度RSLCの無料体験カウンセリングにお越しください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ