英会話が苦手な人でも大丈夫!英語で相手と話す時の3つのコツ|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英会話が苦手な人でも大丈夫!英語で相手と話す時の3つのコツ

英会話を学習したいと考えている人の中には、英会話スクールやオンライン英会話で実際に講師と会話することに難しさや気恥ずかしさを感じてしまうという人も多いのではないでしょうか?

TOEICで高得点を取得している人でも英会話は苦手という人もいるように、英語を学習していれば英会話ができるようになるわけではありません。そこで、今回は英会話が苦手な人向けに英語が苦手であっても英語をうまく話す3つのコツをご紹介したいと思います。

知らない単語は知っている単語で言い換える

学習者が母国語の次に言語を学ぶ過程を科学的に解明する第二言語習得の研究によると、スピーキングには自分の話したいことを頭の中でまとめる「概念化」、概念化した内容を自分が知っている単語などの知識と照らし合わせる「文章化」、文章化した内容を正しく伝える「音声化」の3つが求められるとされています。

つまり、スピーキングにおいてはある程度の単語知識が必要であるものの、ただ単に単語を暗記していれば流暢に英会話ができるわけではなく、自分の話したいことをまとめてから知っている単語と照らし合わせることが必要になるわけです。

例えば、英語では「よろしくおねがいします」に対応する言葉がないように、日本語で考えたセリフをそのまま表現することが難しいケースも多々あります。また、表現したい単語を知らないということも珍しくないでしょう。こういった場合には、英英翻訳をする感覚で伝えたい言葉を説明することで相手とコミュニケーションを図ろうとする姿勢が重要です。

まずは短文で話すことを心がける

普段使う日本語のように、長い文章を駆使して英語を話すことは英語学習者にとって目標のひとつでしょう。ですが、英語は主語と動詞、目的語を満たすだけでも十分に伝えたいことを伝えることができます。長い文章も、こうした基本文の上に説明を付け足していくことによって成立するものです。英会話が苦手という人はまず、この英語の基本構造を理解して、簡潔な文章を作ってみるところからスタートしてみると良いでしょう。

また、自己紹介や質問のフレーズなどの短い定型文などはあらかじめ複数パターンを暗記してしまっておくことも効果的です。

コミュニケーションを取る気持ちを忘れない

ビジネスの場で明確な目的を持ったコミュニケーションが必要となるビジネス英会話でもない限り、英語はあくまでツールであり、英会話は相手と意思疎通を図るためのコミュニケーション手段です。日常会話はもちろん、英会話スクールやオンライン英会話であっても、完璧な英語が分からないからといって尻込みするのではなく、積極的に会話を続けてコミュニケーションを取ろうとする姿勢が重要です。

しっかりと話すように心がける

英語は日本語と違い、抑揚や大きな口・舌の動きが必要となる言語です。そのため、口をしっかり開けて、大きな声ではっきりと話さないと相手に意図が伝わりません。日本語であっても小さな声でぼそぼそ話す人の声は聞き取りづらいことを考えれば、英語だからという以前に、コミュニケーションを取るという意識をもってしっかりと会話することを心がけましょう。

分からないことは積極的に聞き返す

日本語であっても分からないことがあったら聞き返すように、英語でも会話中に分からないことがあったら積極的に聞き返してみましょう。相手がこちらとコミュニケーションを取る前提で話している場であるのなら、こちらが英語を話せないからといって相手が嫌な気持ちになることはありません。

表情・ジェスチャーに気をつける

英会話においては、言葉以外にも顔や体、手を使ったボディランゲージが豊富です。シーンによっては言葉以上に力強い表現力を持つボディランゲージは、間違った使い方をするとネガティブな印象を与えてしまうことも。

日本では相手を見ながら話すと「じろじろ見ている」とネガティブに捉えられることもある一方、欧米では目を見て話さないと「誠実ではない」と思われてしまうことがあります。また、話を聞く際についやりがちな腕を組むジェスチャーは、海外では否定や拒絶を表す意味をもつことがあります。

こうした文化の違いをすべて理解した上で会話をすることは難しいかもしれません。ですが、会話の基本は相手の顔を見ながら行うものですから、自分の仕草・言動がどのような印象を与えるかを気にしておくこともコミュニケーションを円滑にするための第一歩です。

まとめ

いかがでしょうか?実際に英語を使って会話となると身構えてしまうという方であっても、英会話に必要なのは相手とコミュニケーションを取るという気持ちで臨むことにあります。まずは、英語が通じないかもしれないという不安に負けず、勇気を出して一歩踏み出してみることで英会話を楽しむことができるようになるはずです。

英会話上達のコツはとにかく場数を増やすことにあります。ロゼッタストーン・ラーニングセンターでは無料体験レッスンも用意しているので、まずは自分の英語を試す軽い気持ちでお越しいただくこともできます。英語がまったく話せない英会話初心者でも安心して本格的なレッスンを受けられるよう、日本語が話せるネイティブ講師がレッスンを提供しているので、英会話が苦手という方も安心してレッスンを受けることができます。

興味がある方はぜひ、一度無料体験レッスンにお越し下さい。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ