ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習コラム

What does "BREXIT" mean ?? "ブリグジッド"ってどういう意味??

「へ~、そうだったのか!」"BREXIT"の意味

最近英字新聞や海外のネットニュースなどでよく目にするこの言葉。どういう意味かご存知ですか?実はこれは造語なんです。
Recently, in English language newspapers and on the net, you can see this word a lot. But do you in fact know what it means? Actually, it's a combination of two words:

British(イギリス) + exit(出る) = Brexit(イギリスの離脱)

今回のイギリスEU離脱を表している言葉です。
It's a word that signifies Britain's exit from the EU.

ご存知でしたか?
Were you aware of that?

EUからイギリス料理も英語も消える? Will British English and British Food Also Disappear from EU?

では、最近のホットなイギリス離脱ニュース、英訳したらこうなりました!
With that, here is a link to the recent Brexit news, translated into English!

イギリスがEU=ヨーロッパ連合からの離脱を決めたことを受け、イギリスの料理や言語もEUから離脱することになるのではないかといった声があがっています。
With the exit of Britain from the EU, a clamor over whether British food and British English will also disappear from the EU is beginning to mount.

ベルギーの首都ブリュッセルで行われたEU首脳会議の夕食会に参加したチェコの高官は29日、自身のツイッター上で当日のメニューの写真を掲載するととも に、「イギリスのEU離脱で、今夜の夕食にはトマトソースで煮た豆もプディングもない」として、メニューからイギリス料理がなくなったとコメントしまし た。
On the 29th, an official from The Czech Republic, attending an EU conference in Brussels, Belgium, posted a picture of the conference dinner to his personal Twitter account. Along with the photo, he wrote "Thanks to the British exit from the EU, there are no beans boiled in tomato sauce, and even no pudding tonight."

また、ヨーロッパ議会の議員の1人は27日、イギリスがEUから離脱すればEUの公用語の中から英語がなくなると述べました。
Also, on the 27th, a member of the European Parliament mentioned that, with the departure of Britain from the EU, British English as a common language would also disappear from the EU.

EUの公用語は原則、それぞれの加盟国が1つの言語を申請して採用されますが、英語を公用語として申請しているのは、イギリスだけです。
As a general rule, each country in the EU chooses one language to adopt and use as it's official language. However, Britain was the only country in the EU to have been using English as it's official language.

英語は、アイルランドやマルタでも使われていますが、それぞれアイルランド語とマルタ語を申請しているため、規則に従えば、イギリスがEUから離脱すれば、 EUの会議などで広く使われている英語が、EUの公用語でなくなる可能性があり、今後、加盟国の間で議論になりそうです。
English is used in such diverse places as Ireland and Malta Island. However, in keeping with EU regulations, with the departure of Britain from the EU, those countries may apply to use their own native languages (Maltese and Irish) as the common languages in their countries. English, which has been so widely used in in EU meetings, may cease to be a common language within the EU. Going forward, this is likely to be a point of debate among the remaining member countries.

「もっと世界のニュースを知りたい、学びたい!」
言葉だけじゃない、文化や習慣、ニュースだって理解できる語学力!
▼▼▼【無料体験予約・見学】▼▼▼
https://rosettastone-lc.jp/entry/

NHKオンラインニュースより

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ