仮定法過去完了- 3rd Conditional の使い方|英語学習コラム|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習コラム

仮定法過去完了- 3rd Conditional の使い方

想像が大切な仮定法過去完了!

"I recently made a big mistake: I forgot my friend's birthday. She was angry and asked why I forgot. I wanted to learn from my mistake, so I carefully considered her question. Using the 3rd conditional, I re-imagined my past mistake. I decided that I wouldn't have forgotten her birthday if I had written it in my planner. "

「私は最近、友達の誕生日を忘れてしまうという大きなミスを犯してしまいました。彼女は怒って忘れた理由を聞いてきました。過ちから学びたかったので彼女の質問の意味を慎重に考え、仮定法過去完了を使って、起こしてしまったミスを想像し直し、もしも私が手帳に彼女の誕生日を予定として書いていたなら私は忘れなかっただろうという結論に至りました。」

The 3rd conditional is used to think about a different past than what actually happened. The structure 'would have + past participle verb...if + past perfect tense'. Let's make an example. First, think of something that happened:

仮定法過去完了は実際に起こった過去とは異なる過去を考える時に使われます。構成は「would have + 過去分詞の動詞...if +過去完了時制」となります。
では例を作ってみましょう。

最初に何か起こったことを思い浮かべてください。

I fell asleep on the train.
電車で寝てしまった。

Then, think why it happened using 'because' and the past perfect tense (had + past participle verb):
そして「because」と「過去完了時制」を使ってなぜ起こったのか考えてみてください。

I fell asleep on the train because I hadn't drunk coffee.
コーヒーを飲まなかったので電車で寝てしまった。

Let's change this sentence to make the 3rd conditional. For the first half of the sentence, use 'would have + past participle verb'. Because 'fell asleep' is positive, use 'wouldn't have' to make it negative:
ではここで仮定法過去完了の文に変えてみましょう。分の最初の半分は「would have + 過去分詞の動詞」を使います。それは「fell asleep」は肯定文であり、「wouldn't have」を使って否定文にするためです。

I wouldn't have fallen asleep on the train...
電車で寝なかっただろう
For the second half of the sentence, use 'if + past perfect tense'. Because 'hadn't drunk' is negative, change it to 'had drunk' to make it positive:
文の残り半分は「if +過去完了時制 」を使います。「hadn't drunk」は否定形であり、「had drunk」に変更することで肯定文に変えることができるからです。

...if I had drunk coffee.
もしコーヒーを飲んでいたら...
The 3rd conditional is commonly used to express regret, like in the two examples above. However, it can be used to think about any imaginary past situation, whether it's good or bad:
仮定法過去完了は一般的に、上の二つの例のような後悔の気持ちを表現するのに使われます。ですが、どのような良くも悪くも想像上の過去の状況に付いての考えに使うことも出来ます。

仮定法過去完了用例

(例)What would have happened if Ieyasu Tokugawa hadn't unified Japan?
徳川家康が日本を統一していなかったら、何が起こっていたかな?

(例)For practice, try to re-imagine your past by asking yourself this question:
練習のために、自分で自分にこの質問をして過去を想像し直してみてください。

(例)"What would I have done if I hadn't decided to pursue my current career?"
今現在のキャリアを積むことを決めていなかったら、何をしてただろう?

Please enjoy being creative with the 3rd conditional!
仮定法過去完了を使って面白い想像をして楽しんでくださいね!


難しい文法がすっと入ってくる!ネイティブバイリンガル講師と「正しい英語」身につけませんか? 無料診断とカウンセリングで最適な学習プランを徹底分析! キャンペーン実施中!
Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ