ビジネス英会話を短期間でマスターするために覚えておきたい3つのコツ|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

ビジネス英会話を短期間でマスターするために覚えておきたい3つのコツ

最近では「海外出張が決まった」「海外に転勤することになった」「社内が英語を公用語化することになった」など、仕事で英語を使う必要が出てきたというビジネスパーソンの方が増えてきています。なかには急に英語を使わざるを得ない環境に放り込まれ、途方に暮れている方もいるかもしれません。

しかし、そんな方でも心配はいりません。ビジネス英会話は日常英会話とは異なり、コミュニケーションの目的がはっきりしているため、基本的な「型」さえ身につけることができれば、短期間の学習でも大きく上達することが可能です。

そこで、今回はそんな方々のために、ビジネス英会話を短期間でマスターするために覚えておきたい3つのコツをご紹介したいと思います。

1. 仕事で必要なことだけに絞り込む

一つ目のコツは、いきなりビジネス英会話の全てをマスターしようとするのではなく、自分の仕事で必要なテーマだけに絞り込むという点です。ビジネス英会話には会議やプレゼンテーション、電話対応、交渉、メールなど様々なシチュエーションがありますが、自分の実務に関係のないシーンの英語表現をいくら覚えても、実際の仕事で使わなければそれらはすぐに忘れてしまいます。

そのため、実際の自分の実務で想定されるシーンや業界・職種の専門用語に絞って学習するようにしましょう。普段どんなシーンで会話をしているのか、一日や一週間のスケジュールや流れを書き出してみるのもおすすめです。学ぶ内容が自分の業務に直結していればいるほど学習に対するモチベーションも上がり、より上達スピードも上がります。

2. 定型表現を暗記する

二つ目のコツは、まずはビジネス英会話の定型表現を丸暗記してしまうという点です。ビジネス英会話はビジネスシーンに限定した英語のため、業界や職種による差異はあるものの、会話のシチュエーションは日常会話よりも限られています。

そのため、自分の業務で必要となるシチュエーションごとの定型表現を丸暗記するだけでも一定の実践的な対応力が身につけられます。まずは自分の仕事に関わる100の定型表現を暗記するなどして、少なくとも一つのシチュエーションにつき一つは自然に言葉が出てくるところまでインプットを行いましょう。最初は同じ表現に頼りがちでも大丈夫です。定型表現がしっかり頭に入っていれば、徐々に応用が利くようになり、いずれより自然な英語を話せるようになります。

3. 実際の仕事で使ってみる

最後のコツは、学んだ英語は実際に自分の日々の業務のなかで積極的に使ってみるという点です。新しく覚えた表現などを顧客へのメールや同僚との会話のなかで試すことで、その表現が正しく伝わっているか、伝わっていないかなどのフィードバックを相手の反応から得ることができます。このフィードバックがあると、より効率的に学んだ内容を自分の表現として定着させることができ、発音や単語の選定など改善すべき箇所もより明確になります。

まとめ

いかがでしょうか?ビジネス英会話は習得しなければいけない表現が限られているぶん、上記のポイントを意識しながら必要な表現だけを効率的に学ぶことで、短期間でも大きく上達することが可能です。ぜひ参考にしてみて下さい。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、ビジネス英会話を学びたい方向けの「ビジネスコース」「短期集中ビジネスコース」をご用意しています。日本語OKのネイティブ講師が、ビジネスシーンで必要となる頻出の英語表現をお客様の実務やニーズに合わせてマンツーマンで指導するので、海外出張や海外転勤前のロールプレイングなどにも最適です。

ビジネス英語を学びたい方はぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください!

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ