英語の発音トレーニングで意識しておきたい7つのポイント|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語の発音トレーニングで意識しておきたい7つのポイント

英語を学ぶ日本人の多くが苦手とするのが、正しい発音です。綺麗な発音ができるようになればスピーキングに対する自信もつきますし、英語を話したときに人から褒められることも多く、さらなる英語学習のモチベーションにつながります。

一方で、英語には日本語にはない発音が多く存在しており、日本人にとってはなかなか身につけるのが難しいのも事実です。そこで、今回は英語の発音トレーニングを行ううえでぜひとも意識しておきたい、効果的な発音矯正のコツをご紹介したいと思います。

1. 正しい舌と口の形を覚える

英語は、正しい舌と口の形に基づいて音を出せば、誰でも正しい発音ができるようになります。逆に、この正しい型を覚えないまま自分の感覚だけに頼って発音の練習をしていても、一向に発音を磨くことはできません。そのため、まずは発音矯正用の教材を利用して、それぞれの母音、子音ごとに正しい舌と口の形をしっかり目と頭で覚えましょう。教材は、発音ごとに舌と口の写真が載っており、文章で具体的な説明もついているものがベストです。例えば、日本人が苦手とする「l」と「r」の発音も、「l」の場合は舌の先が上の歯茎の裏につくのに対して「r」は舌が口の上に触れることがないということを理解しておくだけでも、十分に「l」と「r」の音の違いを認識できるはずです。

2. ネイティブの音をリスニングして真似する

正しい舌と口の形を覚えたら、次は実際のネイティブの音声をリスニングしながら真似して練習します。この際、まずは発音の練習をする前に繰り返し集中してネイティブの音声を聴き、耳で音を記憶するようにします。実際の音を聴かなくても頭の中でネイティブの声質やアクセントを反芻できるようになればOKです。

3. まずはゆっくり練習する

ネイティブの音を頭にインプットしたら、次は実際に声を出して発音の練習を行います。この際のポイントは、はじめは舌と口の形を強く意識しながら、ゆっくりと練習することです。ネイティブスピードのように速く話そうとすると、どうしても舌と口の形が崩れてしまいがちです。そのため、まずはスローモーションのように一つ一つの単語を母音、子音の音に注意しながらゆっくりと丁寧に発音するトレーニングを繰り返しましょう。こうすることで、例えば普段から英文によく出てくる「these」や「that」、「very」、「difficult」といった一般的な単語でさえも、正しく発音するのは意外と難しいことに気づくはずです。

4. 同じスクリプトを繰り返し使う

ゆっくり発音する練習を繰り返し、舌と口の形を意識しなくても正しい発音ができるようになってきたら、徐々に発音のスピードを速めていきます。この際のポイントは、新たな教材を使うのではなく、同じスクリプトを何度も繰り返し利用して練習することです。使用するスクリプトは数行程度の英文で構いません。たった数行の英文でも練習するべき母音、子音はたくさん含まれていますので、その数行の発音を徹底的に磨くだけでも大きく発音を改善することは可能です。

5. 自分の音声を録音する

ただ単に声を出すだけではなく、自分の音声を録音して実際に自分の耳で聴いてみることで、自分の発音のおかしな部分に気づくことができます。たとえば、「r」の音が必要ないところでも「r」の音が混じってしまっていたり、全体的にこもった発音になってしまっていたりなど、自分が知らず知らずのうちに身につけてしまっている癖を客観的に把握することができるようになります。ネイティブの音声を頭の中で反芻できるレベルまでしっかりと記憶しておけば、自分の音声とのギャップに気づくことができるはずです。そのギャップを埋めるためには、もう一度基本に立ち返り、正しい舌と口の形を覚え、発音する練習を繰り返すしかありません。このトレーニングを通じて、徐々に自分の音声をネイティブに近づけていきます。

6. 鏡を見ながら練習する

正しい舌と口の形を覚えるためには、鏡を見ながら練習するのも一つの手です。英語は口を大きく動かすことで正しい音を出しやすくなりますが、日本語を話すときはあまり口を大きく開ける必要がないため、どうしても日本人の英語はモゴモゴとした発音になりがちです。鏡を見ながら口を縦に横に大きく開くトレーニングを繰り返し、英語を話すときの口の使い方を覚えましょう。

まとめ

いかがでしょうか?今回は英語の発音をトレーニングする際に意識しておきたいポイントを6つご紹介しました。発音に苦手意識がある方はぜひ参考にしてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンターでは、発音を磨きたい方のための英語発音矯正スクール「ハミングバード」を運営しています(東京は新宿校・銀座校・池袋校が、大阪は梅田校・難波校が開校)。

ハミングバードはアメリカ、ロサンゼルスの研究所で日本人のために開発された英語発音学習メソッドで、英語を発音するときの「口の形と舌の位置」をまず規定し、「その動きとしての発音」を「見て真似る」ことで正しい発音を身につけるというスタイルのプログラムです。20年以上の実績を有する信頼性の高いプログラムなので、発音矯正をしたいという方はぜひ一度無料体験レッスンにお越しください!

英語発音矯正ハミングバードの無料体験レッスンを予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ