HouseとHome、間違って使っていないですか?|英語学習コラム|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習コラム

HouseとHome、間違って使っていないですか?

House vs. Home

英語学習で間違いやすいものの1つに、"house"と"home"があります。
One of the most common errors that people make when learning English is the

でもどうして "I am going to my house"は良くて、"I'm going to my home"はダメなんでしょう?
incorrect usage of the words "house" and "home". Why is it possible to say "I am going to my house", but not to say "I'm going to my home"?

"She went back home"と"She went back to home"の違いは?どちらが正しいの?このミステリーを解き明かして行くことにしましょう。
How about "She went back home" and "She went back to home"? Which one is correct? Let's clear up this mystery ...

"house"と"home"の定義

まず、"house"と"home"の言葉の定義に目を向けてみましょう。 First of all, let's look at the definition of the words "house" and "home":

(名詞)House (n):
分かりやすく言うと、houseは人が住むための建物です。"house"と言う言葉では、必ずしもそこに誰かが住んでいなければならないことはなく、ただ建物であることがポイントです。
A house is simply the building where people live. The word 'house' doesn't necessarily suggest that anyone lives there, the focus is just that it is a building.

(名詞)Home (n):
Homeは、人が住む場所です。体を休めに毎晩戻る場所の事です。
Home is the place where someone lives. It is a place that you go home to every night to sleep. It doesn't matter if it is a building, a tent or just a cardboard box - all of these can be your home if you live there.
そこに住んでさえいるのであれば、それが建物であっても、テントであっても、あるいは段ボール箱であったとしても、問題ではありません。

"house"と"home"の使い方


今度は、"house"と"home"がどの様に使われるのかを見て行きましょう。
Now let's take a look at the usage of "house" and "home":

HOUSEの使い方


House:
(動詞)Go / come / return / go back + to + (所有代名詞 possessive pronoun / 冠詞 article) + house

"House"が使われる時、前置詞"to"が使われることがあります。と言うのもそれは、人がある場所から別の場所へと移動するからです。すなわち、最終目的地をこの前置詞"to"が示しているからです。
When we use "house", it is possible to use the preposition "to" because we are moving from one place to another physical location - the preposition "to" indicates the final location.

すでに記したとおり、houseは建物ですので、現実的で物質的な敷地にあるものを表しています。ですから"to"を使う事が可能なわけです。
As we saw earlier, a house is a building so it is a physical location, therefore using "to" is possible.
さらに、家は世界中にたくさんありますから、それらの家が誰のものかを示すために、housの前には所有代名詞を付ける必要があるのです。
In addition, there are millions of houses in the world so we need to add a possessive pronoun in front to indicate whose house it is.

どこへ行くんだい、レオン
A: Where are you going, Leon?
チャーリーの家へ行くんだよ。フットボールを見るんでね。
B: I'm going to Charlie's house to watch the football.

金曜日、うちにおいでよ。
Why don't you come to my house on Friday?
昨日、フランは神戸にある豪邸へ出かけました。
Fran went to a gorgeous house in Kobe yesterday.

HOMEの使い方


Home:
Go / come / return / go back + home

"故郷は、遠きにありて思ふもの"などとよく言われますが、"home"と言う言葉の意味としましては、まさしくその通りですね。
"Home is where the heart is" goes the old phrase and this is true also of the

すでに記しました通り、"home"の意味は、人の住む場所。すなわち、身を落ち着けるのにふさわしいと心が人に教えてくれている場所の事でもあるのです。
definition of the word "home". As we learned, "home" means where you live - it is also the place in your heart or mind that tells you where you belong.

ご両親が日本にすんでいて、あなたがアメリカのサンディエゴに住んでいる場合、自分にサンディエゴの暮らしが心から馴染んでいると感じているのであれば、"San Diego is your home"と言えます。"to"を付ける必要はありません。ここで言う"home"は物理的な場所を指しているわけではないからです。
If your parent's live in and have a house in Japan but you live in San Diego, USA and you feel you belong there, you can say that San Diego is your "home", as such we don't need to include the use of "to" in a sentence because it is not a physical location.

"home"はまさに暮らしているところを明確に指しているので、所有代名詞を付ける必要はありません。とは言え、強調したり説明するために使われる所有代名詞を付けることがあります。
Because the word "home" obviously means where you live, we do not need any possessive pronoun, however it is sometimes used for emphasis or clarification.

  • 暗くなる前に、お家に帰りなさい! ● You should go back home before it's dark!

  • デーヴィッドは3日間家に帰っていないけど、いったいどこにいるんだろう。
    ● David hasn't returned home for three days. I wonder where he is.

  • 夜1人で家に帰るのが怖いって、ジーナが言っていた。
    ● Gina told me that she is afraid to go home by herself at night.


まだまだ日本人が間違えやすい単語、ありますよ! 使い方をしっかりマスターするなら、 無料英語診断とカウンセリングであなたの学習法を徹底分析!
Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ