英語ニュースを読むときに重要な3つのポイント|リーディング|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

リーディング

英語ニュースを読むときに重要な3つのポイント

海外の情勢を知るだけでなく、英語の勉強に英語のニュースを読む人も多いのではないでしょうか。英語のニュースを読む時に、なかなかスラスラ読めなかったり、書いている内容が理解できなかったりすることがあるかと思います。今回は、英語のニュースを読むときに重要なポイントを3つ紹介します。

ポイント1:「語彙力」を身につける

まず英語のニュースを読むためにしなければならないことは、「語彙力」を身につけることです。「英語の語句は数えきれないほどあって、覚えるのは無理!」と思う人もいるかもしれません。ですが、学習法を少し工夫することで、効率的に英単語を覚えることができます。語彙力を身につけるためにまず実践してみてほしいのが、共通のテーマごとに英単語を覚えるということです。自分の単語ノートを作り、単語同士を連携させて覚えるとひとつの単語だけでなく、複数の単語を同時に覚えることができます。語彙力の身につけ方は人それぞれ得意不得意があると思いますが、自分に合った方法が見つかるまで色々試してみるのが何よりも大切です。ほかにも効果的な語彙力を身につける方法はあります。

<語彙力を身につける効果的な方法例>


  • 書いて覚える

  • 声に出して覚える

  • 暗記カードを作る

  • 例文を使って覚える

  • 単語の意味を辞書で調べる癖をつける



ポイント2:「背景知識」を身につける

日本語で書かれたニュースでも、専門的な用語や自分がよく知らない分野の場合、あまり理解できないこともあります。ましてや、英語で書かれているニュースならば、なおのことでしょう。英語のニュースを読むためにできることのひとつに「背景知識」を身につけることがあります。日本語でいいので、まずはニュースがどのような背景で書かれているのか、ニュースに書かれている内容のもととなる情報を知ってから読むことで、さらに理解度がアップし、より効率的に全体像をイメージすることができます。「背景知識」を身につけるためには、以下のような方法があります。

<背景知識を身につけるための方法>


  • 中学・高校の教科書を読んで政治経済などの基礎知識を養う

  • 日頃から日本語の新聞やニュースを読む

  • 機会があれば、海外の人と時事関係について話をしてみる

ポイント3:「対話力」を身につける

英語ニュースで仕入れたトピックについて、ディスカッションする力を身につけましょう。英語ニュースをただの情報収集としてだけでなく、英語でディスカッションできるようにすることで、より多角的な視点を得ることもできます。

対話をするためには、トピックについて理解を深め、自分の考えを英作文できるようになる必要があります。また、頭の中で作った英文を実際に発話してアウトプットするため、スピーキング力も同時に伸ばすことができます。

初心者におすすめの英語ニュースサイト

語彙力強化や背景知識の勉強が進んできたら、実際の英語ニュースを見てみましょう。以下では、初心者におすすめの英語ニュースサイトを紹介しますので、参考にしてみてください。

Voice of America

アメリカのニュースを中心に、世界中のニュースを読んだり視聴したりすることができます。2~3分程度の動画は、英語ニュース初心者にもちょうどよい長さです。

News in Levels

一つのニュースを、1~3の難易度の違うレベルで読めるニュースサイトです。 難易度が上がるほど、難しい単語が使われており、自分の学習習得レベルに合った文章を読むことができるのでおすすめです。

Japan Times

日本のニュースが英語で読めるニュースサイトです。普段私たちが日本語で読んだり聞いたりするニュースが中心ということもあり、比較的わかりやすいのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英語で日常会話ができる人でも、英語でニュースを読むのは難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。語彙や内容において、日常会話よりはかなり難易度が上がるので、それに特化した学習が必要となります。「語彙力」・「背景知識」・「対話力」を身につけることにより、より効率的にニュースの内容が理解できるようになり、リーディング力もアップします。ぜひ、英語の学習に取り入れてみてはいかがでしょうか。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特徴を知り尽くしたベテラン講師が在籍し、受講生のニーズに応えられる目的別レギュラープランを用意しています。英語ニュースで仕入れたトピックについてのディスカッションなども相談すれば授業の中でとりあげてもらえることがあります。
(※)必ずしもご要望にお応えできるとは限りません。

RSLCが気になった方は、ぜひ一度資料請求や無料体験をお申し込みください。

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ