英語初心者必見!英語リーディングを伸ばす効率的な勉強法3選|リーディング|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

リーディング

英語初心者必見!英語リーディングを伸ばす効率的な勉強法3選

英文読解に時間がかかりすぎてしまったり、英文の内容を理解できなかったりという理由でリーディングが苦手という人は多く、リーディングの勉強自体を後回しにしてしまう人も少なくありません。しかし、実は、リーディング力を鍛えることは、文法や語彙力、リスニング力、スピーキング力、ライティング力など英語に必要なスキルを底上げすることにも繋がるのです。ただし、なんとなく英文を読んでいるだけでは力はつきません。では、どのように勉強すればよいのか、ご紹介しましょう。

英語リーディングを伸ばす3つの効率的な勉強法

  1. 音読
  2. 精読
  3. 多読

全ての方法に「〇読」と書かれていますが、それぞれどのような特徴やメリットがあるのでしょうか。1つずつみていきましょう。

1.「音読」とは

英文を読むときに、文の後ろから前へと戻りながら読み、きれいな日本語に訳しながら理解しようとはしていませんか。この状態では、英文の内容を理解するのに時間がかかり、長文になるほど苦労します。英語と日本語では語順が異なります。英語を理解するためには、英文を頭から理解できるようにしなければいけません。その感覚を鍛えるのが音読の役目のひとつです。

「音読」の効果的なやり方

音読の手順は以下の通りです。

  1. 英文を黙読し、単語の意味やフレーズを理解する。
  2. 英文の音声を聞き、英語のリズムに慣れる。
  3. テキストを見ながら音声と一緒に英文を読む。
  4. テキストを見ずに音声だけを聞き、その音声を追いかけるように英文を声に出す。

手順4で英文がスムーズに言えるまで練習します。音読用のテキストは、CDや音声データダウンロードといった音声が付いているもので、一文ずつの英文が短いものがおすすめです。ただ読むだけではなく、英文の意味を理解し、発音やアクセントにも気をつけながら読みましょう。

「音読」のメリット

黙読の場合、英文を後ろから前に読み直すことができますが、音読では必ず前から後ろに向かって読むことになります。音読をすることで英文を後戻りしながら読むクセを直すことができ、読むスピードも次第に速くなっていきます。音読の際に何度も声に出して練習した単語やフレーズは、英会話のときにも自信を持って話せるようになります。また、「音」としてもその英語が記憶に残るので、リスニング力アップにも繋がります。

2.「精読」とは

精読とは、英文中の単語や文法をきちんと理解しながら読むことです。早速ですが、精読のやり方をみていきます。

「精読」の効果的なやり方

精読の手順は以下の通りです。

  1. まずは自分の力で英文を読む。
  2. 辞書や和訳を頼りに調べながら読む。

問題集などで間違った箇所を見直すときに、わからない単語を調べたり、英文と和訳を読み比べて文法などを確認したりすることがあると思いますが、まさしくそれが精読です。自分が英語講師になった気持ちで、単語の意味や文法などを誰かに説明できるくらいまでに一文ずつ丁寧に英文を読み込んでいくと効果的です。そして一番大切なのは、精読した英文をそのとき限りにしないことです。時間をかけて丁寧に分析した英文ですので、音読をしたり、定期的に見直したりして、しっかりと定着させましょう。

「精読」のメリット

誰かに説明できるようなレベルになるまで理解しながら読み進めるという意識で読むため、単語や文法など曖昧にしてきたことが浮き彫りとなります。そうした箇所をしっかりと埋めていくことで、語彙や文法が確実に身についていきます。このように英文を分析することは、英文を作る際にも非常に役立ちます。

3.「多読」とは

多読とは、字のごとく"多くの英文を読む"ことです。多読では、英文の構造などを深く分析しません。ストーリーの大意が分かれば良しとします。昔から「多読は英語を習得するのに効果的だ」と主張する英語教師も多く、多読に関しての本なども数多く出版されています。それら多くの本に書かれている多読の3つのルールをご紹介します。

「多読」の効果的なやり方

  1. 辞書は引かない
  2. 分からない単語やフレーズは飛ばしながら読む
  3. つまらなくなったら迷わずに止めて、別の本を読む

とにかく多くの英語を読んで慣れるのが多読の目的です。英文を読むのにストレスを感じないよう、自身の英語レベルに合ったものを読んでいくことが大切です。英語学習者向けに易しい単語と文法のみで書かれている洋書もあるので、易しいものから順にレベルを上げて読んでいきましょう。

英語初心者には子ども向けの洋書もおすすめです。絵本には絵がありますので、多少分からない単語があってもその意味を想像することができます。昔読んでいた童話などを英語で読むと、新たな発見もあって興味深いでしょう。

洋書の購入は和書よりも高額になりますが、図書館などを利用することでコストの心配をせずに気軽に始めることができます。最近では、インターネットで英語の絵本や小説などを読めるものがありますのでそれらを活用すれば、いつでもどこでも読むことができます。

「多読」のメリット

英文を分析する必要がないので、純粋にストーリーを楽しむことができます。また、たくさん読むことで自然と英語に触れる時間も増え、英語の感覚やリズムにも慣れてきます。英語の理解速度も速くなり、英会話のレスポンスもスムーズになってきます。また、分からない単語を読み飛ばして大意をつかむのは、英会話の中でも役に立つスキルです。

まとめ

リーディング力を上げるための3つの方法をご紹介してきました。リーディングをしていく中でどうしても理解できない表現や英語圏の文化的背景などがあれば、英会話スクールの講師などに質問することで理解が深まりますし、読んだストーリーの内容を語りあったりすることで、視野や興味も広がります。リーディング力を伸ばしながら、同時に総合的な英語力も磨いていきましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を理解している講師とキャリアナビゲーターが二人三脚でサポートするため、自分で学習法を選択する自信がないという方でも、今不足しているスキルや効果的な学習法などの相談にも乗ってもらえます。

ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)に興味がある方は、ぜひ一度資料請求や無料体験をお申し込みください。

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ