社会人が英語を短期間で学ぶには?おすすめの学習法を徹底解説|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター
高品質なマンツーマン英会話レッスンを無料体験

英語学習法

社会人が英語を短期間で学ぶには?おすすめの学習法を徹底解説

社会人が英語を短期間で学ぶには?おすすめの学習法を徹底解説

「英語が話せたらなぁ」と思いつつ、英語学習を先延ばしにしているという方はいませんか。英語を習得するには長い年月が必要だと思われがちです。しかし、学習法を工夫することで、短期間でも仕事や私生活に活かせる英語力を身につけることは可能となります。そのために押さえておきたいのが、正しい英語学習法です。そこで今回は、社会人が短期間で英語力を上げるために効果的な学習法をご紹介します。

英語を短期間で学ぶメリットとは?

英語は身につけた瞬間から仕事に活かすことができます。例えば、IT技術や経営学などの多くは英語圏から発信されています。英語が理解できると、そうした情報を一早く吸収して行動に移すことができます。また、英語力が認められることで活躍できるフィールドも広がり、就職や転職、昇給も狙うことができます。英語学習を「いつか」と先伸ばしにするよりも、早く身につけたほうがその分多くのメリットを味わうことができるのです。

社会人におすすめの英語学習法

短期間で英語学習の成果を出すには「戦略」も重要となってきます。
ここからは、社会人におすすめの英語学習法を4つ解説していきます。

  1. 単語暗記
  2. シャドーイング
  3. 多読
  4. 瞬間英作文

1.単語暗記

皆さんは、中学時代に習った英単語をしっかりと理解していますか。

例えば、"have"は「持っている」という所有の意味がありますが、他に「(病気などに)かかっている」「(会合などを)催す」という意味もあります。また、使役動詞として使えば「~させる」という意味にもなります。さらに、have fun「楽しむ」、have trouble「困っている」などといったように、簡単な単語を並べることでできる熟語も多くあります。

社会人としてビジネス向けの単語を覚えることも重要ですが、既に知っている単語の知識を深めることでも単語力は一気に伸びていきます。また、単語暗記となると単語の原形だけを覚えがちですが、進行形や過去形、過去分詞形も頻繁に使われます。それらの表現を「見て・聞いて分かる」だけでなく、「話す・書くこともできる」レベルにまで持っていくようにしましょう。

2.シャドーイング

シャドーイングとは、英語の音声を流し、聞こえてくる英語を追いかけながら発音していく学習法です。「聞く」「話す」を同時に行うため集中力が必要となりますが、その分学習効果も高くなります。シャドーイングの方法は様々ありますが、基本的な手順は以下の通りです。

<基本的なシャドーイングの手順>


  1. テキストの英文を読み、単語や文法を理解する

  2. テキストを閉じて集中して音声を聞く

  3. 聞こえた音を追いかけるように発音する

シャドーイングでは、英語の音声などを意識して忠実に真似ることが大切です。この練習を重ねることで、リスニング力や発音する力が伸びるだけでなく、単語力・文法力なども定着させることができます。このように、シャドーイングには一石二鳥以上の価値があるのです。

3.多読

多読とは、文字の通り英文を「多く読む」学習法です。多読の目的は「量」をこなして英文に慣れることです。そのため多読では、単語の意味を調べずとも理解できる程度の易しい英文を読むことが原則となっています。

多読は世界でも人気のある英語学習法で、英語学習者向けのGraded Readersと呼ばれる洋書のシリーズがあります。このGraded Readersでは英文の単語や文法が英語のレベルごとに制限されているため、自身の英語レベルに合わせて洋書を選び読み進めていくことができます。Graded Readersは書店や図書館などで手に入れることができますので、気になった方はぜひ手に取ってみてください。

また、洋書を読む以外にも、インターネットなどで興味のあることを英語で検索し、その英文記事をたくさん読むことも多読の1つです。多読を続けることで、英語のリズムや言い回しに慣れ、英文を読む集中力も身についていきます。

4.瞬間英作文

英会話では、日頃の学習などでインプットしておいた英語表現をシーンにあわせて臨機応変にアウトプットする力が必要です。その力を伸ばすために効果的なのが瞬間英作文という学習法です。

瞬間英作文では、「これはあなたの本ですか?」→"Is this your book?といったように、日本語文を瞬時に英語で声に出していきます。このように、例に出したような簡単な文から始めて練習を重ねていくことで、英語の瞬発力が鍛えられていきます。瞬間英作文用のテキストは書店にもありますし、お手持ちの文法書の例文の英文と和訳を活用して実践するのもおすすめです。瞬間英作文は、スピーキング力だけでなくライティング力の向上にも非常に役立ちます。

勉強にかける時間は長ければ長いほどよい

英語は学習すればするほど身についていきます。例えば、1日10分ずつ学習をするよりも、毎日3時間の学習を続けた方がより短い期間で英語を上達させることができます。

しかし、ただダラダラと長時間学習しても効果は期待できません。短期間で英語力を伸ばすためには、効果的な英語学習法を知ること、そして、いかに英語学習のために時間を作ることができるかが重要なポイントとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「英語」は突き詰めていけば奥が深いものですが、短期間の英語学習でもオフィスなどでの実践に役立つ英語力を習得することができます。急な海外企業との取引、プライベートでの海外の方とのコミュニケーションなどのシーンに慌てることのないよう、今からしっかりと英語力を身につけておきましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を知り尽くした講師とキャリアナビゲーターが二人三脚で受講生のサポートをしっかりと行い、効率よく学習を進めることができます。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

高品質なマンツーマン英会話レッスンを無料体験
Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ