【英会話はもう怖くない!】緊張を克服する言語学からのヒント|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

【英会話はもう怖くない!】緊張を克服する言語学からのヒント

みなさんの中には、英語学習を進めていくなかで、外国人の友だちを作ろうと思ったけれど、「緊張してしまってうまくいかない」「英語を話すのが怖い」と感じている人も少なくないのではないでしょうか。今回は、英会話・英語学習をしている中で感じる、「緊張してしまう」「怖い」という感覚を克服するために、第二言語習得・言語学の観点からのヒントをご紹介します。

キーワードは、「インプット仮説」と「情意フィルター」です。

インプット仮説とは

インプット仮説は、言語学者であるスティーヴン・クラッシェン氏が提唱した第二言語習得論に関する仮説(群)で、言語学習プロセスにおいては、理解可能なインプットが最も重要だとする仮説を軸に、効果的な言語学習プロセスについて言及しているものです。

このインプット仮説は、語学教育・言語習得に、特に90年代にアメリカの外国語教育に大きな影響を与えた考えです。

情意フィルターとは

情意フィルターは、学習者の置かれた環境によってもたらされる負の感情や気持ち的な抵抗感などのことで、インプット仮説と同時に提唱された情意フィルター仮説によると、不安や自己不信、飽きのような特定の感情は第二言語習得の過程に干渉する要素になるといわれています。

つまり、第二言語習得においてネガティブな感情は、話し手と聞き手の間でフィルターのように働き、学習プロセスの中で最も重要な理解可能なインプットの量を減少させてしまうため、効率的な言語学習を妨げるということです。

逆に、不安を取り除いた環境にしたり、学習者が自信を持ったりすることで、この情意フィルターの働きを弱めることができるとも言われています。

緊張や恐怖、不安といった感情は学習効果を下げてしまうため、効率的に語学習得をしたいと考えている人は、緊張や恐怖、不安を感じる環境やマインドセットを改善することで、学習効率を上げられる可能性があります。

「友達づくり」は英語学習の欠かせないステップ

緊張や恐怖、不安といった感情が英語学習にマイナスの影響を与えているかもしれないことは分かっていただけたかと思います。では、これを改善するために、緊張などの原因について考えてみましょう。

緊張や恐怖を感じてしまうのは、「日本人ではない相手」か「1対1の対面という状況」に原因があることが多いです。相手が日本人ではないため、意思の疎通が難しく、こちらの意図が伝わらないのではないだろうかと想像して、話すことを怖がってしまっていたり、相手と1対1の状況で緊張してしまっていたりといった原因でネガティブな感情が生まれてしまっているのです。

これを改善するためには、その環境に慣れてしまうのが一番手っ取り早い方法です。また、別の方法としては、英語学習で会話をする相手に友だちを選ぶ、もしくは相手と友だちになるというのも有効な方法です。友だちであればたとえ1対1の対面という状況であっても緊張したり、恐怖を感じたりすることが少ないからです。

ただ、何もないところから「外国人の友だちを作って英語学習に協力してもらおう!」と言っても、一般的には非常にハードルが高いと思いますので、たとえばマンツーマンの英会話スクールなどを活用して、外国人と1対1の対面という状況に慣れ、ある程度の自信をつけた上で、外国人の友だちづくりをしていくのがおすすめです。

こうした対人関係における慣れも英語習得の効率を上げる一要素で、いざというときに英語で話しをできるかどうかという部分にも大きく関わってくるので、英語学習時から積極的にトレーニングしていくのがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英語で会話するときに感じるネガティブな感情が、実は英語学習の学習効率を下げてしまっているというのは、意外だったのではないでしょうか。日本人以外の人と1対1で向き合ったときに、緊張しないということも英語力の大切な一要素だと思います。まずは緊張が少ない状況で場数を踏み、徐々に緊張しない慣れとマインドを鍛えていきましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者のことを熟知しているフレンドリーな講師とマンツーマンで学べるため、安心してファーストステップを踏み出すことができます。

友だちづくりが英語学習の効率を上げ、自信がつくことでさらに積極的に友だちづくりができる、というポジティブなサイクルになるように、楽しみながら英語学習を進めてみてください。

RSLCに興味がある方は、ぜひ一度資料請求や無料体験をお申し込みください。

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ