社会人が英語学習を継続するための6つのコツ|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

社会人が英語学習を継続するための6つのコツ

日々、仕事や家庭に追われる社会人が英語学習を継続するのは簡単なことではありません。しかし、そんな中でも英語学習を行ない、着実に英語力に磨きをかけている人たちも多くいます。そのような人たちはどのように英語学習を進めているのでしょうか。今回は、社会人が英語学習を続けていくための秘訣をお教えします。

社会人が英語学習を継続するための6つのコツ

英語学習を続けるために実践したい6つのことを詳しくご紹介していきます。

  1. 目標を決める
  2. 自分のレベルに合った教材を使う
  3. スキマ時間を利用する
  4. 習慣化を心がける
  5. メンターを作る
  6. 定期的にテストを受験してみる

1.目標を決める

何事も始めるときには目標設定が欠かせません。例えば、ランニングを始めるときには「健康になりたい」「5kg減量する」などといった最終目標があり、そのために「今日は30分走ろう」と日々の目標を決めてそれをこなしていきます。それと同じように、英語学習でも目標を設定することが重要なポイントとなります。

まずは、「英語ができるようになってこうなりたい」という目標を立てましょう。目標は立派なものである必要はありません。例えば、「有名人の○○のようにかっこよく英語を話したい」といったことも十分な動機や目標です。大切なのはその気持ちを忘れずにいることです。そしてそれを叶えるために日々の目標を設定して、一つずつクリアしていくことが英語力アップの鍵となります。

目標設定のコツとしては、漠然とした目標よりも具体的な目標にした方が、日々の目標に落とし込みやすく、成長を可視化してモチベーションを維持しやすくなるのでおすすめです。

2.自分のレベルに合った教材を使う

例えば、最終目標が「TOEIC800点取得」だからといって、英語初級者がいきなりTOEIC800点取得のための問題集に手を出すのは失敗のもとです。上級者向けのテキストなどでは単語や文法の解説などが省かれていることがあります。初級者はまず基礎を固めることが大切です。TOEICであれば480点や600点を目指すための問題集がありますので、無理をせずに着実にステップアップしていきましょう。

また、最近では、インターネット上での評判などを参考に英語教材を探し、内容をあまり確認せずにネット購入する人も少なくはありません。しかし、どれだけ優れた教材でも自分に合っていなければ意味がありません。きちんと内容を吟味し、「これならできそうだ」という教材を見つけることが大切です。

3.スキマ時間を利用する

社会人が学習する際に欠かせないのがスキマ時間の活用です。

例えば、朝支度や料理をしているときに英語のニュースや覚えたいフレーズのCDなどを聴くことでリスニングの練習ができます。また、電車に乗っているときや昼休憩などの5分~10分で、海外の有名人のSNS投稿を読んでリーディング力を鍛えることができます。疲れが出やすい夜は、ソファなどでくつろぎながらスマホで英単語ゲームをしたり、英語学習に関する動画を見たりするのもおすすめです。

こうして書き出してみると、1日の中のちょっとした時間でできることって意外とあるものです。塵も積もれば山となるという言葉もあります。このような時間の積み重ねが、みなさんの英語力を作っていきます。

4.習慣化を心がける

「毎日英語学習をする」となると大変なことに思えますが、歯磨きやお風呂のように毎日の習慣にしてしまうことで、今よりも気軽に行うことができるようになります。

英語学習を習慣化するためには、まず、1日の中でいつ英語学習をするかを決めることです。例えば「入浴前」と決めたのであれば、毎日入浴前に5分だけでもいいのでテキストを読んだり、問題集を解いたりしましょう。慣れてきたら徐々に時間を増やしていきます。日々それを続けることで英語学習が習慣化されていきます。そうなれば、「英語学習しなくちゃ」と力まずとも身体が自然と英語に向かっていくはずです。

5.メンターを作る

「メンター」という言葉をご存じでしょうか。メンターとは、「指導者、助言者」という意味です。みなさんの周りには英語ができる人はいますか?その人と英語学習について話したことはありますか?もしまだなのであれば、勇気を出して声をかけてみましょう。もしかすると、その人の英語学習から学ぶものがあるかもしれませんし、良きアドバイザーになってくれるかもしれません。

また、最近ではSNSを利用すれば、みなさんと同じく英語学習をしている人や英語業界で名を上げている人をすぐに見つけることができます。そういう人たちの投稿を読むことで、「自分もこうなりたい」「もっと頑張らなくては」という気持ちになってきます。

さらに、そういう人たちと英語学習に関するコメントやメッセージのやりとりをすることで、さらに英語の世界にはまっていくことができます。

6.定期的にテストを受験してみる

英語力を確認したいときに一番分かりやすいのがテストです。社会人の英語試験というとTOEICや英検が人気ですが、他にも「観光英語検定」「英語コミュニケーション能力判定テスト」など英語関連の試験は数多くあります。会社での昇進などのためにはTOEICがおすすめですが、周りの人があまり取得していない英語資格を受験して個性をアピールするのも面白いですよ。

試験は合否や点数によって学習効果が明確に表れますし、試験日までに合格や目標点数獲得に十分な実力にもっていかないといけないので、日々の学習にも気合が入ります。

また、継続的に試験を受験することで学習ペースも整ってきますので、学習の定期確認的なマイルストーンとして、英語学習を継続するために活用するのも一つの手です。

まとめ

いかがでしたたでしょうか。英語学習を始めるのは簡単ですが、継続するのはとても大変なことです。しかし、学習を続けて英語力を身につけた先には新しい世界が広がっています。英語学習につまずきそうになった時は今回ご紹介した6つのコツを参考にしてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を知り尽くした講師と、キャリアナビゲーターが目標設定やレベルに合った教材の相談、習慣化のアドバイスなど、気軽に話してアドバイスをもらえるメンターとして受講生の英語習得を徹底的にサポートします。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求をお申し込みください。

【自宅で受講できるオンラインレッスン始めました!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ