初心者はまずスケジュール管理から!英語を短期集中で学ぶための目標設定とは|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター
高品質なマンツーマン英会話レッスンを無料体験

英語学習法

初心者はまずスケジュール管理から!英語を短期集中で学ぶための目標設定とは

初心者はまずスケジュール管理から!英語を短期集中で学ぶための目標設定とは

近年、グローバル化がますます進んでおり、英語力が求められるシーンは増加しています。

職場で急に英語を使う業務を任せられたり、日常生活の中で外国人と関わったりすることも少なくはなく、早く英語を身につけたいと思う人もいるでしょう。

そこで今回は、英語を短期集中して学ぶための目標設定やスケジューリングのコツを詳しく解説。また、具体的な学習スケジュールの一例もあわせて紹介しますので、短期間で英語力を向上させたいという人はぜひ参考にしてください。

英語学習を始める前に

英語学習者の方の中には、「英語は数年かけてじっくり身につけるもの」と考えている人が多いかもしれません。しかし、実は英語学習は短期集中で取り組むことがおすすめで、2~3ヶ月の学習期間でも大きな効果を得ることができます。

その理由として挙げられるのが、短期集中で反復学習すると定着率が向上するという点です。短期間で適切なインプットとアウトプットを繰り返すため、覚えた単語や学んだ表現などが身につきやすくなるという効果があります。

また、短期集中スタイルの学習法には、英語学習へのモチベーションを保てるというメリットもあります。身につけた英語をすぐに学習の中で使ったり確認したりできる状態のため、成長を実感しやすく、意欲を持った状態を容易に維持できるでしょう。

これらの特徴から、短期集中の英語学習は、英語力を効率よく向上させるために効果的な学習方法の一つであるといえます。

短期集中で学ぶために必要な目標設定

英語力向上に効果的な短期集中の学習スタイルですが、闇雲に毎日勉強すればいいという訳ではありません。短期間で学習効果を出すには、具体的な目標設定や適切なスケジュール管理などが必要となるでしょう。

ここからは、短期集中で英語を習得するために必要とされる目標設定の仕方やスケジュールの決め方について解説します。

学習期間を設定

たとえ短期間であっても、明確な学習期間を設定することは不可欠な要素となります。

「なんとなく1~2ヶ月」とか「だいたい半年」などのあいまいな期間ではなく、はっきりとした勉強期間を決めることで、学習の目標やゴールへのプロセスを設定しやすくなるでしょう。

なお、短期集中的に英語学習に取り組むのであれば、2~3ヶ月の期間を設定するのがおすすめです。
なぜなら、英語の習得には英語学習を習慣化することが必要であり、定着させたい習慣によりますが、習慣化には約1~6ヵ月の期間が必要と言われているためです。


目標を設定

ほとんどの英語学習者の方は何かしらの目標を持って英語を勉強しているかと思いますが、その目標が漠然としているとなかなか達成することはできません。効率よく英語力を上げるためにも、できるだけ明確な目標を設定してみましょう。

例えば、「接客英語をマスターする」や「TOEICで600点以上を取得する」など、分かりやすい目標があれば学習プランが立てやすくなります。

プロセスを設定

学習期間や目標が定まったあとは、その目標を期間内で達成するためのプロセスを設定します。

例えば「3ヶ月以内にTOEICで600点以上を取得する」という計画なのであれば、

1ヶ月目:まずは中学3年間で習う基礎英文法と単語を総復習する

2ヶ月目:TOEIC600点台を取るのに必要な語彙力を身につけつつ練習問題をこなす

3ヶ月目:TOEIC対策講座や模擬試験などを通してスキルを底上げする

といったように一定期間ごとに明確な目標を立てると、最終的なゴールの達成により近づくでしょう。

毎日のスケジュールを設定

期間ごとのプロセスが決まったら、次は具体的な日々の学習スケジュールを設定します。各プロセスにおける細かな学習計画を立てることで、1日1日を無駄にせず確実にレベルアップすることが可能です。

「出勤前の1時間」とか「昼休憩中の30分」など学習にあてられそうな時間をピックアップし、日々のタスクを当てはめていきましょう。

学習スケジュールの一例

短期集中で結果を出すためには、適切なプランを立てることは不可欠となります。しかし、英語学習者の方の中には、具体的にどのようなスケジュールを立てるべきかがよく分からないという人もいるでしょう。

そこでここでは、学習スケジュールの一例として、「3ヶ月以内にTOEICで600点以上を取得する」という目標を立てた場合の1週間のスケジュール例を紹介します。

【平日】
・出勤30分前に起床し前日覚えた単語を復習、TOEIC600点台取得に必要な英単語を新しく10個暗記
・通勤時の電車の中でリスニング用の問題を5個解く
・月、水、金は昼休憩時にTOEICの文法問題を10個解く(火、木はリーディング用問題5個を解く)
・月、水、金は帰宅後TOEIC対策講座を1レッスン受講(火、木は講座で分からなかった部分や間違えた問題の復習)

【週末】
・午前中は平日に覚えた単語の復習をした上で、TOEIC600点台取得に必要な英単語を新しく20個暗記
・午後は模擬試験(翌日は間違えた箇所の復習)
・夕方以降はTOEIC対策講座を1レッスン受講
・夜はTOEICのリスニング問題を使いシャドーイング

あくまで一例にはなりますが、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、英語力アップには短期集中の学習が効果的な理由や目標設定の仕方などを紹介しました。

英語学習者の方の中には「英語は長い期間コツコツと努力をして身につけるもの」と思っている人もいるかもしれませんが、短期集中の学習方法を上手に取り入れることで、効率よく英語力を向上させることが可能です。

ゴールまでのプロセスの設定や日々のスケジューリングを適切に行えば、目標を達成しやすくなるでしょう。

短期間で英語を身につける必要がある人や、スキルアップしたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、短期間で英語力をアップさせたいという方のための短期集中プランをご用意しています。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

高品質なマンツーマン英会話レッスンを無料体験
Copyright © Link Academy Inc. ALL Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ