独学で英語を学習する人が気をつけるべき7つのポイント|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

独学で英語を学習する人が気をつけるべき7つのポイント

仕事やプライベートで忙しい中、英語の必要性を感じて「独学」で英語学習を進める方も少なくはありません。しかし、独学では自己流の英語学習になってしまい、その学習方法が違っていたとしても誰も正してはくれません。そのため、独学をする際には正しい方法をきちんと知っておく必要があります。
そこで今回は、独学で英語学習をするときに押さえておきたいポイントをご紹介します。

英語を独学で学習するなら気をつけたい7つのポイント

みなさんはどのように英語学習を進めていますか。
これから紹介する7つのポイントを理解し、実行できているかを確認してみてください。

  1. ネットの情報は自分にあった学習法とは限らない
  2. モチベーションの維持が難しい
  3. 学習方法自体が正しいか一人で検証は難しい
  4. 目標は適切に立てる必要がある
  5. 英語学習仲間やメンターの存在は重要
  6. 最終的に単語の暗記は必要
  7. 定期的なアウトプットは必須

ポイント1.ネットの情報は自分にあった学習法とは限らない

英語学習を始めるとき、インターネットや本などを利用して学習法を探す人も多いのではないでしょうか。しかし十人十色という言葉があるように、一人ひとりの現在の学習レベルや個性は異なります。例え、多くの人が「良い!」と言っている学習法でも、自分に合わない方法で学習を続けていたのでは期待通りの効果は得られません。まずは自身の英語レベルや苦手なポイントを把握し、それらを補いながら英語力を磨いていきましょう。

ポイント2.モチベーションの維持が難しい

独学の場合、誰かに学習を見てもらうわけではないので、「昨日たくさん勉強したから今日は休もう」「今日はしんどいから、明日まとめてしよう」などといったペース配分も自身で決めることができます。無理なく学習できるという点ではその自由さが長所となります。しかしながら、次第に英語に触れる時間が減り、気づいたときには英語から遠ざかっていたなんてことも少なくありません。そのため、独学では、学習を続けるという忍耐力も重要となってきます。

ポイント3.学習方法自体が正しいか一人で検証は難しい

英語学習を続けていると「この勉強法で良いのだろうか」と不安になることはありませんか。また、分からない表現などをインターネットで調べても、それが本当に正しい英語なのか疑問に思うことはありませんか。独学の場合は自分一人ではなかなか解決できないことがあると、不安になってしまいがちです。そのため、自分に合ったテキストや学習法を研究することも必要です。

ポイント4.目標は適切に立てる必要がある

何ごとも「目標」があるとやる気が沸いてきます。よく受験生が「目指せ!〇〇大学合格」などと壁に張り紙をしていますが、英語学習でも「英語上達」などと曖昧な目標を立てるよりも、「TOEICスコア600以上取得」「英検1級合格」など具体的な目標を掲げるほうがより学習意欲が高まります。目標実現までの期限を決めて、そのために1週間後、1か月後、どのようになっているのがベストなのかを逆算して、細かくスケジュールを立ててみましょう。

ポイント5.英語学習仲間やメンターの存在は重要

同じ目標に向かって切磋琢磨できる仲間がいることは大きな支えになります。英語に対する意欲やつまずいてしまったときの気持ちを一番に理解してくれるのは英語仲間たちです。周りも同じ思いを抱えているということを知るだけでも気持ちが全く違います。
また、憧れの人やメンターがいると、「あの人のようになりたい」という想いから自分の進むべき道がはっきりと見えてきます。また、彼らの講習会やSNSをフォローすることで繋がりができ、実際に英語力を身につけたときに彼らのほうから声をかけてくれることもあります。

ポイント6.最終的に単語の暗記は必要

単語の暗記が苦手だという人も少なくありません。そのため、「単語を暗記しなくても英語は話せる」などといった教材や学習法が注目されることもありますが、少ない単語量ではどうしても話せる内容が限られてしまいます。社会人として英語を使って仕事などをする場合は、単語を暗記して語彙力を磨くことも欠かすことはできません。

ポイント7.定期的なアウトプットは必須

独学での英語学習は問題集やテキストと向き合うことが多く、机に向かって黙々と勉強しがちです。しかし、英語はコミュニケーションのツールです。実際に相手と英語で意思疎通ができなければ意味がありません。そのため、英語をたくさん「読み・聞き」してインプットした後は、大量に「書く・話す」ことも欠かせません。実際にアウトプットすることが、これまで努力して身につけた英語スキルの定着にも繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。独学での英語学習に欠かせない7つのポイントをご紹介しました。ここで紹介したポイントを押さえておくことで、独学での英語学習がより効果的になります。もし、現在の英語学習方法に問題点が見つかった場合は、是非これを参考に学習を進めてみてください。また、今回紹介したポイントを自分ひとりでは対処しきれないと感じた方は、英会話スクールを活用することも視野に入れ、自分に合った英語学習法を検討してみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特徴を熟知した講師とキャリアナビゲーターが二人三脚で、受講生をしっかりとサポートします。効率よく英語学習を進められるだけでなく、マイルストーン面談と呼ばれる定期面談を実施するなど、"挫折させない"ための仕組みも整っています。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求をお申し込みください。

【自宅で受講できるオンラインレッスン始めました!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ