英語を学ぶなら!英語音読の3つのメリットとは?|英語学習法|おすすめ英語学習ブログ|マンツーマン英会話・仏会話スクールのロゼッタストーン・ラーニングセンター
ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター

英語学習法

英語を学ぶなら!英語音読の3つのメリットとは?

英語を学ぶなら!英語音読の3つのメリットとは?

みなさんは社会人になってから『音読』をしたことはありますか。音読といえば、「学生時代の宿題」「教室でみんなの前で教科書を読み上げる」といった思い出があり、緊張や気恥ずかしさ、さらには面倒なものだというイメージをお持ちの人もいるかもしれません。

ところが、最近ではその音読の学習効果が話題になっており、音読は英語学習の定番の1つのようになりつつあります。そこで今回は、英語学習時の音読の効果についてお話します。

英語音読の3つのメリット

私たちは英語学習をするときに、テキストを黙読したり、問題集を解いたりと黙々と勉強しがちです。そこに、音読(=声を出して文章を読む)という作業が加わると学習の負担が大きくなるように感じられます。しかし、音読を行なうことで得られる学習効果は大きく、英語力の伸びも実感しやすくなります。

音読の3つのメリットを一緒に見ていきましょう。

  1. 英語の基礎知識を定着させられる
  2. 英語を英語のまま理解できるようになる
  3. 聞き取れる英語が増える

1.英語の基礎知識を定着させられる

突然ですが、問題です。
「私は彼に質問した。」という日本語の正しい英訳は(a)(b)のどちらでしょうか?

(a)I asked to him.
(b)I asked him.

答えは、(b)の"I asked him."です。この場合"ask"を他動詞として使うため、直後には目的語を置きます。(a)のように"to"などといった前置詞をつけてはいけません。

...といった英文法の説明を読んで理解し、ずっと覚えておくのは一苦労だと思いませんか。こんなときこそ『音読』の出番です。

もちろん、音読の場合も、まずは英文法を理解する必要があります。その後、"I asked him."という英文を何度か音読します。すると次第に、身体が"I asked him."という英文を覚えてしまうのです。そのため、再び同じような日本語を英語にする必要が出てきたときには、"I asked him."という英語が自然と口から出てくるようになります。

万が一、「"I asked to him."だったかな?」という考えが頭をよぎったとしても、落ち着いて考え直してみると「"I asked to him."だとなんだかリズムがおかしい」と感じるはずです。また、このように基礎となる英文が定着すると、主語や代名詞を他のものに変えるなどといったように応用をきかせて使うことができます。音読は英語の基礎知識を定着させるのに適した学習法なのです。

2.英語を英語のまま理解できるようになる

英文を読むときに、逐一日本語に訳しながら読んでいる人はいませんか。また、英文の後ろから前に戻るなど、返り読みをしながら英文の内容を理解しようとしている人も少なくはないでしょう。

しかし、それでは英文を読むのにかなりの時間がかかってしまいます。また、次々と英語音声が流れる試験のリスニング問題や実際の英会話では、英文の理解が追いつきません。英語を瞬時に理解するためには、英語を英語のままで理解する必要があります。

音読では、英文を見たまま声に出して読んでいきます。そのため、英文の後ろから前に戻るような返り読みはできませんし、日本語に訳す余裕もありません。音読学習をすることで、英語を英語の語順のまま、音読するのと同じスピードで英語を理解する力が鍛えられていきます。

3.聞き取れる英語が増える

英語を音読するためには英単語の発音を知り、実際に発音できるようになる必要があります。そして、音読をするとその"声"は当然自身の耳に入ってくるため、自然とリスニング力も身についていきます。すると、その英単語は『読み・聞き・話す』ことができるまでにみなさんの中で定着します。ここまで英単語の定着が進むと、その英語を聞いたときに瞬時に理解できるようになります。

また、音読を継続することで英語の基礎力や理解速度が早まるため、英会話のときなどにも「相手の英語が聞き取れた」といったようにリスニング力に自信がついてきます。

音読だけでは英語学習の効果は低い

既に音読での学習を実践している人の中には、「100回音読する」などと目標を決めて実行している人もいます。確かに、それだけ音読を繰り返せば、その英文がしっかりと定着することでしょう。

しかし、 "音読だけ"では英語力を伸ばしきることはできません。英語で誰かと意思疎通を図りたいのであれば、英会話の特訓をする必要があります。

また、英語を使って仕事がしたいのであれば、ビジネス用語やプレゼンなどの英語もマスターしなければいけません。

音読は、あくまでも学習法の1つです。音読をするときは回数をこなすことだけに必死になるのではなく、「音読で手に入れた英語の知識をどのようなシチュエーションで活かすか」ということを意識して行うことが大切です。

そして、音読でインプットした英語は、英会話やビジネスの場などで実際にアウトプットしてみるようにしましょう。自分でアウトプットする機会を作るのが難しいという方は、英会話スクールを利用するのもひとつのやり方です。自分に合ったアウトプット方法を探してみてください。

まとめ

英語学習での音読効果についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。音読は面倒だと思う人もいるかもしれませんが、実際に試してみると、音読をすることのメリットのほうがはるかに上回ることを実感できるはずです。

「英文法がなかなか覚えられない」「もっとスムーズに英語を口にしたい」「英語の理解速度をあげたい」という人は、いつもの英語学習に『音読』をプラスしてみましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、英会話とともに正しい発音を身につけることができる「発音×英会話」コースも用意しています。正しい発音で音読することで学習効果も高まりますので、ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター
Copyright © Link Academy Inc. ALL Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ