英語学習でモチベーションを保つ3つの秘訣とは?|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語学習でモチベーションを保つ3つの秘訣とは?

「英語」は社会人の習い事ランキングで常に上位にランクインしています。また、雑誌の特集などでも「英語学習者たちの学習法」などがよく紹介されています。それほど、英語学習人口は多いということです。一方で、英語を始めたもののモチベーションが続かないことに悩んでいる人たちも少なくはありません。英語学習を継続できるかどうかは英語の向き不向きの違いではありません。英語学習へのモチベーションを維持するための方法を知っているかどうかがポイントとなってきます。
そこで今回は、皆さんに英語学習へのモチベーションを保つ秘訣を伝授します。ぜひ、参考にしてみてください。

英語学習でモチベーションを保つ秘訣とは?

モチベーションとは、意欲や動機づけのことです。要は「気持ち」ですので、気分が乗っている時もあれば、そうでない時もあります。では、モチベーションが上がらない時はどうしたらよいのでしょうか。答えは、そもそもモチベーションを下げないようにすること、また、下がってもすぐに上げられるような方法を日頃から身につけておけば良いのです。
ここからは、英語学習のモチベーションを保つために身につけておくべき姿勢や行動について詳しく解説していきます。

  1. 明確な目標と学習する理由をもつ
  2. 毎日学習する・休んでしまっても翌日に取り戻す
  3. 思い立ったらすぐ行動する

1.明確な目標と学習する理由をもつ

英語学習をしている方の多くは、「海外で仕事がしたい」「字幕なしに洋画を楽しみたい」などといった英語への夢や憧れがあるのではないでしょうか。その夢の実現のためには「1週間で英単語500個に目を通そう」「3か月後のTOEICで目標スコアを達成しよう」といったように明確な目標を設定し、それを着実にこなしていかなければいけません。

しかし、そのような毎日の中で、いつしか英語の試験で好成績を出すことや問題集をこなすこと自体が目標となってしまい、英語学習の本来の目的や楽しみを忘れてしまう人も少なくはありません。そんなときに思い出していただきたいのが、最初に描いた英語の夢です。

「英語を使って仕事をしている自分」「洋画の英語を聞き取れている自分」、そのような姿を想像するだけで心がワクワクしてきませんか。それこそが皆さんが英語学習をする動機であり、この気持ちを現実のものにするために日々学習しているのです。モチベーション維持のためには、英語を学ぶ本来の目的とそれを叶えるために達成すべき明確な目標の2つを忘れずに持ち続けることが大切です。

2.毎日学習する・休んでしまっても翌日に取り戻す

英語は使わなければすぐに忘れてしまいます。しかし、続ければ着実に身についていきます。覚えたことをきちんと定着させるためにも、英語は毎日継続して学習することが大切です。そうすると英語学習が次第に習慣となり、学習のたびに気合いを入れずとも自然と体が英語に向かうようになっていきます。

しかし、そうは言っても、どうしても英語学習ができない日もあります。そして、それが続くと徐々に英語学習から離れてしまい、英語へのモチベーションを再び上げるのが難しくなってしまいます。そのような悪循環に陥らないためにも、英語学習を休んだ日があったのであれば、その分の学習は翌日に取り戻すようにしましょう。

数日分の学習内容や学習習慣を取り戻すのは大変ですが、1日分であれば比較的簡単に取り戻すことができます。また、このように英語学習のスケジュールは勿論のこと、英語の課題などに関しても、「昨日できなかったことが今日できた」といったように達成感を味わうことで英語学習へのモチベーションがより高まります。

3.思い立ったらすぐ行動する

海外の人と楽しそうに英会話をしている同僚に遭遇したとき、洋書をスラスラと読んでいる友人を見かけたとき、「自分も英語ができたらなぁ」「もっと英語の勉強を頑張ろう」と英語学習に対して意欲的な気持ちになった方も多いのではないでしょうか。

しかし、時間が経つにつれて「自分にそんなことができるだろうか」などと深く考え込んでしまい、結局英語に手つかずのまま終わってしまうという方も少なくはありません。「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、英語も熱意が盛り上がっているうちに実行することで一生懸命になりますし、学習法なども工夫したりするので習得が早くなります。

また、英語学習の過程では、誰もが「あんなに勉強したのに英語が上手く伝わらなかった」などと悔しい思いをすることがあります。そこでもし、「自分にはもう無理だ」と英語学習自体を諦めてしまうと、それこそ今までの時間が無駄になってしまいます。しかし、失敗をバネにして「英語のフレーズは覚えているのだから、今後は発音に気をつけよう」などと冷静に現状を分析し、実行することで着実に英語力は伸びていきます。このように、英語学習のモチベーションを保つには、英語への憧れや悔しさを感じたときに即行動に移すことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。目標を達成するためにはモチベーションの維持が欠かせません。どうしてもモチベーションが保てない時は、決して深く考えこまず、シンプルに考えて行動することも大切です。皆さんの英語の夢を叶えるためにも、今回ご紹介したモチベーションを保つ3つの秘訣をすぐに実践してみましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、レッスン開始前にコミットメント面談を行って目標設定をします。また、モチベーション診断の結果を分析し、受講生それぞれの挫折ポイントを把握した上で、定期的に行われるマイルストーン面談で学習の進捗状況を確認するとともに、挫折傾向になっていないかの確認も行います。

自分で目標設定やモチベーション管理をするのが不安だという方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ