英語学習で挫折してしまう人の特徴とその3つの理由|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語学習で挫折してしまう人の特徴とその3つの理由

英語学習は書籍やスクール、学習サービスなども充実していて、比較的気軽に始めることができるため、毎年多くの人が「今年こそは!」と挑戦しています。しかし、残念なことに途中で挫折してしまう人も少なくはありません。実は、英語学習で挫折してしまう人たちには共通点があります。あらかじめその共通点を知っておくことで、効果的な挫折対策を講じ、英語学習を継続することができるようになります。
そこで今回は、英語学習で挫折してしまう人たちの特徴とその理由をご紹介していきます。

英語学習で挫折してしまう人の特徴とは

英語に興味を持ったにも関わらず、途中で挫折してしまうのは何故なのでしょうか。
まずは、英語学習に挫折してしまう人たちに共通する特徴をみていきましょう。

勉強の時間が取れない

平日は毎日朝から晩まで仕事や勉強に追われ、休日は趣味や友人・家族との用事であっという間に時間は過ぎてしまいます。一日の終わりには、のんびりとテレビを見たり、スマートフォンでゲームやネットサーフィンをしたりして過ごす人も多いでしょう。

たしかに、リフレッシュする時間も大切ですが、そのような時間があまりにも長い人は英語学習で挫折してしまいがちです。英語学習をするためには、ある程度まとまった勉強時間を捻出する必要があります。それにも関わらず、「時間がない」が口癖になってしまっている人はなかなか英語力を伸ばすことができず、英語学習の効果が実感できないため、途中で挫折してしまうのです。

生活の中に英語を使う必要性がない

英語学習をしている人たちの中には、「自己啓発のため」「なんとなく英語が役立つだろうと思ったから」という理由で英語を始めた人も多く、実際には英語を使う環境に身を置いていないため、英語ができなくても困らないという人も少なくありません。そのため、英語に熱中しているときには勉強が捗りますが、学習につまずいてしまったり、他に興味があるものが出てきたりすると「何のために英語を頑張っているのか」が分からなくなり、次第に英語から遠ざかってしまいます。

英語学習を挫折してしまう3つの理由

挫折してしまう理由さえ分かっていれば、そうならないように対策を練ることができます。
ここからは、多くの英語学習者が挫折してしまう主な理由を3つご紹介します。

  1. 目標・目的が明確でない
  2. モチベーションが維持できない
  3. 金銭的な問題

1.目標・目的が明確でない

みなさんの中には、英語への憧れで学習を始めた方も多いのではないでしょうか。確かに「英語ができる人」はかっこいいです。しかし、「かっこいい」が理由で英語を始めた場合、途中で挫折してしまうことも少なくありません。

その原因は、英語に憧れを抱いたことではなく、その先を具体的に思い描けていなかったことにあります。
例えば、「英語ができたらかっこいいな」と思うシチュエーションには、「洋画を字幕なしで観る」「ハリー・ポッターを原書で読む」「外国人と英会話を楽しむ」などが挙げられるかと思います。これらはそれぞれ、洋画を観るためにはリスニング力、洋書を読むためにはリーディング力、英会話のためにはスピーキング力を鍛える必要があります。

このように、「英語ができるようになってどのような自分になりたいのか」ということを思い描くことで本当に必要な英語力が明確になり、それに集中して学習を進めることができます。それが、英語習得のスピード向上にも繋がります。

2.モチベーションが維持できない

英語学習をしていても成長が見えなかったり、いつも同じような勉強をしていたりしたのでは、どうしても新鮮味が薄れてやる気も低下してしまいます。英語を続けるためには、いかにモチベーションを保てるかも重要なポイントとなってきます。

英語はテキストを眺めたり、書き写したりすることだけが勉強ではありません。洋画や洋楽を楽しんだり、海外アーティストのSNS投稿を読んだりすることも立派な英語学習となります。これであれば、忙しい毎日の中でもスキマ時間を見つけて英語に触れてみようかなと思える人も多いのではないでしょうか。

このように楽しみながら英語に接する中で、「もっと英語が理解出来たら...」と自然と英語への興味や学習意欲が高まってきます。

3.金銭的な問題

最近では、インターネットで検索すると英語学習に役立つウェブサイトなども数多くあるため、独学での英語学習を選択する人も少なくはありません。

たしかに独学の場合、英会話スクールに通学するのに比べてコストを抑えられるメリットがあります。しかし、その膨大な英語学習サイトなどを上手く使いこなすのは、簡単なことではありません。また、様々な教材や学習法などに目移りしている間に時間だけが過ぎ、一番大事な英語学習が疎かになってしまうということにもなりかねません。

インターネットなどで情報を仕入れることのできる今、英会話スクールに通うことは高額に思えるかもしれません。しかし、スクールには確立したカリキュラムや教授法があり、独学では見落としがちな発音などの細かいところまで指導してくれるプロ講師が揃っています。

このように、「投資」にはそれだけの「価値」がついてきます。独学という自由な環境で様々なものに手を出して遠回りするよりも、「これだ!」と思う教材やスクールに投資をして英語学習への強制力を働かせることが、結果的に英語習得への近道へと繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回紹介したような挫折してしまうポイントは、英語学習者なら誰しも一度は経験することです。そして、こうした点を解消できるかどうかが、英語上達への分かれ道となります。英語は継続すれば、着実に力がついていきます。みなさんも英語学習を続けて、一生モノの英語スキルを手に入れましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、親会社であり企業の組織活性化コンサルティングを手がけている東証一部上場企業、リンクアンドモチベーショングループのノウハウも活かし、講師とキャリアナビゲーターが二人三脚となって、受講生一人一人を挫折させずに目標達成までしっかりサポートする体制もできています。
興味がある方は、ぜひ一度RSLCの資料請求をお申し込みください。

【自宅で受講できるオンラインレッスン始めました!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ