英語を短期でマスターするなら!経験者に聞く英語学習ポイント3選|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語を短期でマスターするなら!経験者に聞く英語学習ポイント3選

今や小学校でも必須科目となっている英語。TOEICや英検などの資格を持っていれば、高校受験でも優遇されるケースが多くなっています。「早く英語をマスターしたい」という願いは、学生やビジネスマンなどの職業に関係なく皆が持っているでしょう。今回は、"短期間で効率的"に学ぶためのポイントを3つ紹介し、英語学習に悩んでいる方々に役立つ情報をお届けします。

英語を短期間でマスターする3つのポイント

英語を短期間でマスターするためには、効率よく学ぶ必要があります。効率よく学ぼうと思ったときに押さえておきたいポイントは以下の3つです。

  1. 自分に合った教材で学習を進める
  2. スキマ時間を使って学習を進める
  3. 定期テスト/復習を行う

ここからは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ポイント1.自分に合った教材で学習を進める

忘れがちなことですが、一番大切な土台作りとなるのが教材選び。やってはいけないのは、自分のレベルを知らずに書店で闇雲に探すことです。「初心者にオススメ!」というタイトルの学習書がたくさんあり、どれを選べばいいのか迷ってしまうため、効率的とは言えません。

まずは自分の現状とレベルをしっかりと把握し、どのパートが得意で苦手かと自己分析を行った上で、自分に最適な教材選びを行いましょう。またGoogleで「英語学習 初心者 おすすめ」と検索し、いくつかサイトを閲覧してリサーチをするのもひとつの手です。

本当に支持を得ているものはサイトが違っても共通してピックアップされているので、単語、文法、会話などから自分が本当に強化したいパートをまずは1つ選んで、2,3冊ほど選んでみましょう。

また、自分で教材を選ぶ自信がないという方は、英会話スクールなどを利用してみるのもおすすめです。

ポイント2.スキマ時間を使って学習を進める

ビジネスの場では「スキマ時間は黄金の時間」と例えられることもありますが、語学においても同じことが言えます。ちょっとしたスキマ時間は勉強に適しています。通学・通勤の電車の中や、最寄駅から目的地までの少しの移動時、またボーっとテレビを見ている時など、10分から15分の時間を学習に充てることで、意欲が途切れずに継続しやすいのです。

例えば英単語を耳から流して聴いたり、有名なディズニーやアニメ映画の英語バージョンを視聴したりするのも有効です。決して、机にかじりついてカリカリ鉛筆を動かすことだけが勉強ではありません。動きながら学習をするとインプット効率が上がるということは科学的に立証されています。語学に限らず勉強は、五感を駆使して行うものなのです。

また、スキマ時間に活用できる言語学習系のアプリや英語学習系の動画コンテンツなど、スキマ時間を有効活用できるツールも数多く出てきているので、ぜひ賢く利用して「スキマ時間を黄金の時間」にしましょう。

ポイント3.定期テスト/復習を行う

インプットをある程度集中的に行ったら、アウトプットに移りましょう。記憶の定着や学習の理解度を高めるには、定期テストなどの確認作業が不可欠です。

人間は一度学習しただけでは、学んだことを忘れていってしまいます。それは、学んだことが重要な情報と認識されず、長期記憶に保存されないからです。情報を長期記憶に保存するためには、その情報を何度も思い出し、重要な情報だと認識させることが必要です。

インプット一辺倒にならないためにも、「1週間に1度」のように頻度を設定して、「今日は復習しよう!」と確認作業の時間を取ることが大切です。特に初心者は基礎固めのためのインプットが中心になりがちなので、単語や文法などはインプットだけではなく、復習や定期テストでアウトプットする時間を取り、定期的に思い出す機会を設けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、短期間で英語をマスターするための英語学習に大切な3つのポイントを紹介しました。

自分のレベルに合った適切なインプットをするための「教材選び」、忙しい中でも学習時間を確保するための「スキマ時間の活用」、一度学んだことをしっかりと定着させるための「復習」の3点を意識して、効率よく学習を進めていきましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を知り尽くした講師とキャリアナビゲーターが二人三脚で、受講生の目標達成をしっかりとサポートします。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ