初心者が英語学習を始める前に知っておきたい5つの事実。学習を効率化するための知識を解説|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

初心者が英語学習を始める前に知っておきたい5つの事実。学習を効率化するための知識を解説

一般的に、英語学習は効率よく進めていく必要があります。それは、英語を習得するのにかかる時間の目安が2,000時間ほどと言われているためです。

しかし、英語学習を効率化するための重要なポイントを理解せず、闇雲に勉強していると、目標達成まで長い時間がかかってしまい、目的を達成すること自体も難しくなってしまいます。そこで、今回は英語学習初心者が英会話を始める前に知っておきたい5つの事実について詳しく解説していきます。

1.初心者が知っておくべき英語学習の5つの事実

英語学習の目的は一人ひとりで異なるので、重点的に強化すべき4技能に差はありますが、学習のポイント自体はそれほど大きく変わることはありません。英語学習初心者に共通して知っておくべき5つの事実をご紹介します。

単語の暗記が必要

英語を習得したい場合、どんなレベルを目指すにしても、英単語の暗記が必要です。意外と見落としてしまいがちですが、単語の意味を理解できなければ、学習の効率はなかなか上がりません。例えば、全く意味のわからない英文を何十回聞いたとしても、文章の意味や構造を理解することはできません。

なお、単語の暗記を行う場合は、単純に意味を覚えて読み書きができるだけでなく、発音や英文の中での使い方も併せて覚えると、英語学習を効率的に進めることができます。

英語のシャワーで英語力が伸びるは「嘘」

英語学習法を調べていると、「英語のシャワーで英語力が伸びる」という情報をよく目にするでしょう。英語をシャワーのように聞き流していれば、自然と英語が聞き取れるようになるという学習法ですが、英語のシャワーの正しい活用法を知らない英語学習初心者は、英語のシャワーで英語力を伸ばすことはできません。

英語のシャワーは、「多聴」と呼ばれる勉強法で、「多読」のリスニング版のような学習法です。「多聴」で学習効果を上げるには、自分の英語レベルをきちんと把握し、学習効果のある教材レベルを選択しなくてはいけません。一見すると取り組みやすそうに見える勉強法ですが、英語学習初心者が効果を上げるにはハードルが高い学習法なのです。

英語学習初心者が取り組むには、「多読」よりも英文を一語一句正確に聞き取り、意味や文構造が分かるまで聞きこむ「精読」がおすすめです。どうしても英語のシャワーを活用したいのであれば、文章全体の8割以上を聞き取ることができ、意味も分かるレベルの教材を選ぶようにしましょう。

発音を学ばないと英語は聞き取れない

英語の学習を進める場合、英単語を暗記する必要があるのはご紹介したとおりですが、英単語の発音だけではなく、英文にした場合の発音も理解しておく必要があります。「英文を聞き取れる」というのは、音として入ってきた英文を聞いて正しく認識し、文章の意味を理解するということなので、音として入ってきた英文をきちんと聞き取り、どういう英単語で構成された文章なのかを判断できなければ、その後の意味を理解する段階に進むことができないからです。

「英単語の暗記を頑張って発音も覚えたのに、全然英文を聞き取れない」という英語学習初心者の話はよく聞きます。

日本語では文章中で使われるときに単語の発音が変化することはごく限られたケースでしか起こらないので、単語の発音を覚えていれば、文章も聞き取ることができますが、英語では文章中で使われる単語の発音が変化することがあります。

また、抑揚の乏しい日本語に対し、英語はアクセントやイントネーションが、リスニングにおける重要なポイントにもなっています。

このように、英語には日本語にあまり見られない英文をリスニングする上で知っておかなければならない、発音のルールがあります。この発音のルールを知らずして、英文を聞き取れるようにはなりません。

「第二言語習得」という学習テンプレートがある

英語学習を始めたばかりの初心者では、どう勉強を進めればいいのか分からず、インターネットで検索して出てきた、学習効果が高いという触れ込みの英語学習法を片っ端から試してみたものの、自分の学習レベルや状況にマッチしていないため、結果として非効率になってしまったということがよくあります。

そのような事態にならないために、第二言語習得という研究があるということを知っておきましょう。第二言語習得は母国語以外の言語を習得する際のプロセスやメカニズムを研究する学問です。

第二言語習得では、習得のプロセスやメカニズムを科学的に明らかにするので、第二言語習得の分野で提唱されている理論などを知ることで、学習段階や習得レベルに応じた効果的な学習法を選択することができます。

英会話レッスンと独学の学習内容は同じ

これは意外に思われるかもしれませんが、英会話レッスンと独学の学習内容にそれほど大きな違いはありません。目的が同じであれば、必要となる知識や学習レベルは最終的に同等となるためです。

では、何が違うのかというと、英会話レッスンは学習者の現在の英語スキルのレベルや得意不得意の特徴、目標達成の課題などを講師が把握・分析し、学習者それぞれに合った形で必要な英語スキルを伸ばすトレーニングを行います。また、目標を達成できるように、英語学習に対するモチベーションの管理もしてくれます。

一方、独学では目的達成までの学習スケジュールを立てたり、自分の英語レベルを把握したり、学習モチベーションまでも全て自分で管理する必要があります。学習レベルの判断や習得レベルに応じた最適な勉強法の選択など、英語学習初心者が目標達成に対して効率の良い選択をするのは非常に困難です。

自己分析や学習法の選択など、英語学習を効率的に行うために必要ではあるけれど、必ずしも自分の力でやる必要がないことに時間を使うのではなく、英会話スクールを活用して、分析などにかかる時間と労力を英語学習に集中させ、効率を上げるというのも選択肢のひとつです。

2.まとめ

いかがでしたでしょうか。英語学習初心者は、学習内容や学習方法など自分の選択が正しかったのか不安になりやすいですが、事前に今回ご紹介したようなポイントを知っておくことで、効率よく学習を進めることができるようになります。

選択を誤ったばかりに効率の悪い学習を長期間続けてしまっていたということがないように、英会話スクールなど英語学習のプロの力を借りて効率を上げるのもひとつの手です。自分の目標と目標達成までの期間を考え、自分にとって最適で効率の良い英語学習の進め方を検討してみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を知り尽くしている講師がレッスンを行うため、日本人がつまずきやすいポイントを熟知しています。また、続けられるか不安に感じている方も、モチベーション診断など独自の「挫折させない」ための工夫がされているので、安心です。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ