伝わる英会話を最短で身につけるには?|英語学習法|おすすめ英語学習ブログ|マンツーマン英会話・仏会話スクールのロゼッタストーン・ラーニングセンター
ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター

英語学習法

伝わる英会話を最短で身につけるには?

伝わる英会話を最短で身につけるには?

みなさんは、普段誰かの演説などを聞いているときに聞き取りづらいなと感じたことはありませんか。そのようなときはおそらく話者が抑揚をつけず、淡々と話をしていたり、原稿を棒読みに読んでいたりしていたのではないでしょうか。

英語もこれと同じで、どれだけ立派な英文を声に出していても、発音や抑揚が正しくなければ相手にとっては聞き取りづらいものとなってしまいます。

英語でのプレゼンやコミュニケーションで相手に意思を伝えるためには、英語の『発音力』が必要となってくるのです。そこで今回は、相手に"伝わる英会話"のカギとなる『発音』についてお話します。

話せる言葉は聞き取れる

「英語を読めるのに聞き取れない」というもどかしい思いをしている人も多いのではないでしょうか。その原因の1つは、英語の発音に慣れていないからです。

言語の音声には、母音と子音があります。日本語の場合、母音は『あ・い・う・え・お』の5個しかありません。一方、英語は『"ア"と"エ"の中間のような音』『"ア"と"オ"の中間のような音』といったようなものなど、24個もの母音が存在します。

日本人はこのような複雑な音に慣れていないため、「英語が聞き取れない」となってしまうのです。英語をしっかりと聞き取るためには、まず自身が英語の発音を理解する必要があります。英語の音の仕組みを学び、自ら実践してみることで正しい発音で話せるようになります。

そして、このように努力して習得した英語の音は、驚くほどしっかりと聞き取れるようになるのです。

英会話の上達に発音が必要な理由

英会話はコミュニケーションのツールです。そして、円滑なコミュニケーションのためにも求められるのが『発音』です。たかが発音と思う人もいるかもしれませんが、正しい発音を身につけることは総合的な英語力アップの近道にもなります。ここからは発音の必要性について確認していきましょう。

  1. カタカナ英語では聞き取れない単語がある
  2. カタカナ英語では相手に伝わらない単語がある
  3. 学習効率がアップする

1.カタカナ英語では聞き取れない単語がある

英単語やフレーズの暗記をするときに、テキストを黙々とこなしているという人も多いのではないでしょうか。

また、発音を意識せず、とにかく量をこなすためにとカタカナ英語で暗記しているという人もいるでしょう。その場合、単語を文字としては記憶していても、音では記憶されていないことになります。

例えば、普段よく耳にする"career"「キャリア(経歴)」は英語では「カァィア」のように発音しますが、これを知らないと単語を聞いても理解できません。

このことが「簡単な英語なのに聞きとれない」というモヤモヤに繋がるのです。

2.カタカナ英語では相手に伝わらない単語がある

日本語の「はし」はアクセントの位置によって、「橋」「箸」「端」と指すものが異なります。英語にも似たようなものがあります。

その1つが、"dessert"(デザート)と"desert"(砂漠)です。どちらもカタカナ英語で発音すると「デザート」ですが、"dessert"(デザート)は「ディート」と発音して真ん中にアクセントを置き、"desert"(砂漠)は「ザート」と前にアクセントを置きます。

簡単な英単語であってもそれが相手に正しく伝わらず、会話が中断してしまうのは悔しいものです。円滑に意思疎通をするためにも、発音力は磨いておきたいものです。

3.学習効率がアップする

TOEICのリスニング問題を解いたり、テキストの音読を重ねたりしているにも関わらず「英語力が伸びない」とお困りの方はいませんか。

ここでもぜひ注目していただきたいのが『発音』です。発音を学ぶことで、正しく英語を聞き取り、発声できるようになります。また、英語を聞く力が鍛えられることで、リスニング時の理解速度も速くなります。そのことが、英文を読んで即座に理解するというリーディング力の強化にも繋がります。

このように、発音をマスターすることは英語学習の効率を上げ、英会話力習得の近道になると言えます。

RSLCでは専用の録音・ノートシステムが完備

通常、英会話スクールではレッスン内容を録音などができないスクールも多いです。しかし、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)ではレッスン内容は全て録音されています。

また、授業中に間違えた箇所や初めて出てきた単語などは講師が専用システムに記録します。記録されたものは授業後に専用サイトから確認することができます。そのため、レッスン中は生徒自身がメモなどをする必要がなく、英会話のみに集中することができます。

これは、『発音』という"音"での英語習得を重視するRSLCならではの特徴です。もちろん、生徒はレッスン内容の録音・記録データをいつでもどこでも確認することができます。

受講したレッスン内容を音声とともに何度でも復習できるため、英語の定着も深いものとなります。

まとめ

いかがでしたか。相手に伝わる英会話力を身につけるために発音の習得は欠かせないものですが、発音学習はどうしても後回しにしてしまいがちです。

しかし、発音学習を後回しにしていると、「既に知っている英単語の発音を修正する」といったような二度手間になることもあります。

正しい英会話力を最短で効率良く身につけるためにも、発音学習は英単語やフレーズの暗記とともに早い段階から始めるようにしましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、キレイな発音も同時に身につけることができ、学習効率が格段に上がる新しいコース「発音×英会話」をご用意しています。

英会話力とともにキレイな発音も身につけたいと考えている方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター
Copyright © Link Academy Inc. ALL Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ