社会人の英語学習にこそ英会話スクールを活用するべき3つの理由|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

社会人の英語学習にこそ英会話スクールを活用するべき3つの理由

英語学習は、資格試験などと同様に自分で学習方法を決めて取り組んでいる方は少なくありません。そのため、人によって効率的な学習方法が異なります。

ここ数ヶ月の新型コロナウイルスの影響により、自分の時間を確保しやすくなったこともあり、オンライン英会話を含む英会話スクールの申込みが増加している状況です。様々な人が自分の時間を使ってスキルアップをしようと考えているといえます。

今回は、こうした新型コロナの影響も踏まえ、英語学習をしている方の中でも、社会人こそ英会話スクールを選択するべき3つの理由について詳しく解説していきます。

1.社会人が英語学習をするべき理由とは?

社会人が英語学習をするべき理由は、下記の3つが挙げられます。

  1. 新型コロナの影響でも「グローバル化」は進む
  2. 英語は錯覚資産としても優秀
  3. 新型コロナの影響で多くの人が英語学習に励みはじめている

新型コロナウイルスによって、英語の試験自体は中止や延期に追い込まれています。しかし、そういった状況であっても学習を進めている方は多く、中には時間ができたことによって学習をスタートした人も多くいます。

1-1.新型コロナの影響でも「グローバル化」は進む

外出できない時間が増えたことから、インターネットに触れる時間も長くなっています。また、仕事をオンラインで行う機会も増え、今後は自宅やカフェなどにいても、グローバルな仕事を行える環境が整いつつあるということを意味します。政府が推進する働き方改革の流れもあり、所属している企業では英語は使わないけれど、複業として英語を使うグローバルな事業を行うといったケースは増えていくと予想されます。

1-2.英語は錯覚資産としても優秀

錯覚資産とは、ふろむだ氏が著書の中で提唱した概念で「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚およびそれを引き起こす事実」のことです。例えば、分かりやすいところでいくと、有名大学卒の学歴や合格率の低い難関資格などがそれにあたります。有名大学卒の人や難関資格を取得した人などは、実際の能力を判断される前に、有能な人材だと判断されることがあります。このように、自分にとって好都合な思い込みを相手に引き起こさせる事実を錯覚資産と呼ぶのです。

日本の就転職市場においては、英語が使えることは強力な錯覚資産として働きます。TOEICなどのスコアが高い場合、企業の人事担当者からは、人材として優秀だとみなされることが多く、就転職の場面で非常に有利になるため、英語は錯覚資産として優秀だといえるでしょう。

1-3.新型コロナの影響で多くの人が英語学習に励みはじめている

新型コロナの影響で英語学習を始める人が増えています。今までは英語のスキルアップをすることで、周りの人に差をつけたいという人が多かったのですが、英語学習をする人が増えた今となっては、英語学習をして英語のスキルを身につけないと、反対に周りの人に差をつけられてしまうということにもなりかねません。

しかし、英語学習を始める人が増えたことで、英語仲間を作りやすい環境になったともいえます。そのため、この英語学習を始める流れに乗って英語仲間を作り、高いモチベーションを維持しながら英語学習を続けることが、以前よりもできやすくなっているといえるでしょう。

2.社会人にこそ独学よりもスクールがおすすめ

ここでは、社会人にスクールがおすすめの理由についてみていきます。

  1. 初心者だと学習ペースが掴みづらい
  2. 自分にあった効率的な学習法を探すのに時間がかかる
  3. モチベーションの維持が難しい

社会人の場合、仕事が終わったあとで英語学習を行うパターンが多く、独学に慣れていない場合には、すぐに挫折してしまう可能性があります。そういった問題を解消するためにもスクールがおすすめです。

2-1.初心者だと学習ペースが掴みづらい

独学は慣れていなければ学習ペースが掴みづらく、始めたばかりのモチベーションが高い時期に無理をしてしまい、結果として学習が続かないといったケースも非常に多いのが現状です。しかし、英会話スクールで英語に向き合う時間を確保することによって、自分のペースを掴むことができます。また、英会話スクールの講師やキャリアナビゲーターが学習進捗の相談に乗ってくれたり、アドバイスをくれたりするのも学習ペースを確立するのに役立ちます。

2-2.自分にあった効率的な学習法を探すのに時間がかかる

英語学習を独学で行う場合、効率的な学習法を自分で見つける必要があります。しかし、英語学習の初心者が効率的な学習法を見つけるのは容易ではなく、効果測定も難しいため、本当に効率がいいのかどうか分からないまま学習を続け、なかなか効果を実感できずにいるうちに挫折してしまうというパターンもあります。

英会話スクールの場合は、自分の苦手な部分や課題ポイントを講師が客観的に判断し、自分に合った学習法やコツを教えてくれます。学習法に悩んだときに、相談に乗ってくれる人がいるというのは、悩んでいる時間がもったいない社会人にとって非常に大きなメリットといえます。

2-3.モチベーションの維持が難しい

モチベーションの維持は、自分が危機的な状況などでなければ、よほどの覚悟がない限り難しいといえます。しかし、英会話スクールを利用することで、ある種の強制力が働くため、英語学習を投げ出してしまうことが防げます。

また、英会話スクールでは、 モチベーションを維持するための面談やサポートが整備されおり、自分の学習目標に合わせた進捗管理を講師やキャリアナビゲーターが行いますので、モチベーションを維持しやすくなります。

3.まとめ

社会人にとって、新型コロナの影響で自分の時間を確保しやすくなった今、英語力を向上させる絶好のチャンスです。そして、自分の時間を確保しやすくなったとはいえ、仕事の後に英語学習に取り組む社会人にとって、英語学習の効率を上げることは非常に重要です。

今まで独学で英語学習をしてみたものの、なかなか長続きしなかった方や、忙しい社会人の方こそ、英会話スクールを活用して、効率的に英語学習を継続するのがおすすめです。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、自宅にいながら通学のマンツーマンレッスンと同等の授業を受けることができる「RSLCリモートレッスン」を提供しており、学習効率を上げるためのサポート体制も整っています。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ