挫折せずに英語を上達させるには?英語学習でぶつかりやすい4つの壁を知っておこう|英語学習法|おすすめ英語学習ブログ|マンツーマン英会話・仏会話スクールのロゼッタストーン・ラーニングセンター
ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター

英語学習法

挫折せずに英語を上達させるには?英語学習でぶつかりやすい4つの壁を知っておこう

挫折せずに英語を上達させるには?英語学習でぶつかりやすい4つの壁を知っておこう

「英語ができるようになりたい!」と始めた英語学習も、様々な壁にぶつかり途中で挫折してしまう人も少なくありません。そして、しばらくすると彼らからは「あの時にもっと英語を勉強していれば良かった」といった声が聞こえてきます。

せっかく一度は情熱を持って英語に取り組んだにも関わらず、挫折して後々に後悔するのは非常にもったいないことです。

そこで今回は、英語学習者がぶつかりやすい壁とその壁を乗り越えるための対処法をお教えします。
これから英語を始める人、そして、英語学習を再開させたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

英語学習でぶつかる4つの壁

「英語学習中にはこのような悩みが出てくる」ということが事前に分かっていると心構えができますし、壁にぶつかったときも対策を練ることができます。

ここからは、英語学習でぶつかりやすい壁とその壁を乗り越える術を一緒に確認していきましょう

  1. 勉強を継続できない
  2. 英語を聞き取れない
  3. 言いたいことを英語で言えない
  4. 他人と比べてしまう

1.勉強を継続できない

人は興味があることや楽しいと感じるものには自然と夢中になります。英語学習を継続できないとき、みなさんは心の奥底で英語学習を「退屈」「ツライ」と感じていませんか。私たちはこのような苦痛を感じるとき、同時に「何故こんなことをしているのだろう」と考えてしまいます。そして、その"何故"が分からずに、英語から遠ざかってしまうのです。

そこで思い出していただきたいのが、英語学習の目的です。本来、みなさんは「ビジネスで英語を使いたい」「海外旅行で現地の人と英会話を楽しみたい」などの憧れや夢を持って英語を始めたはずです。その目的を思い出すことで「だから英語を勉強しているのだった!」「そのためには、このフレーズは絶対に覚えなきゃ!」と気持ちが高まります。モチベーション維持のためにも、英語学習の目的は絶対に見失わないようにしましょう。

2.英語を聞き取れない

相手の英語が理解できないと不安になるものです。また、どうしていいのか分からずにわかったふりをしてしまう人も少なくありません。しかし、わかったふりを続けていると予想もしない方向に話が進み、困った状況に陥ることもあります。

では、相手の英語が聞き取れない時はどうすれば良いのでしょうか。そのようなときは以下のように相手に聞き返してみましょう。

"I'm sorry. Could you say that again?"
「すみません。もう一度言ってもらえませんか?」

このように伝えると、相手がもう一度言い直してくれたり、別の表現に言い換えてくれたりします。

そのときにみなさんが相手の発言内容を理解できると、「さっきの発言はこういう意味だったのか」という学びの1つとなります。相手の英語が聞き取れずに聞き返すことは、英語上級者でもよくあることです。困ったときは、みなさんも遠慮せずに相手に聞き返すようにしましょう。

3.言いたいことを英語で言えない

言いたいことを英語で言えないとき、英語力の未熟さを感じてしまうものです。しかし、これは英語上級者でもたびたび起こる現象です。

ここで大切なのは、"次に同じような機会があったときは英語で言えるようにしておくぞ"というマインドです。言いたいけど言えなかった内容はすぐさまメモなどに書いておきましょう。そして、その英語表現を調べて練習しておきましょう。

このようにして書き留めたメモや学んだ内容は、あなただけの特別な英語表現集となります。その表現集を使って繰り返し学ぶことで、みなさんのスピーキング力は確実に伸びていきます。

4.他人と比べてしまう

他者の「発音がキレイ」「流暢に英会話をしている」などの姿を見ると、そこに達していない自分自身と比較して、劣等感を抱いてしまいがちです。

しかし、人それぞれ英語を始めた時期や学習歴は異なるため、英語力に差が出るのは当然のことです。どれだけ他人との"差"を比べてみても仕方ありません。

みなさんが比べるべきなのは、昨日の自分です。「昨日はできなかったけど、今日はできるようになった」という小さな成長を積み重ねることで英語力が磨かれていき、英語上級者たちと同じステージに立てるようになるのです。

自分にあった学習方法をしっかりと選ぼう

英語学習者の中には、最新の学習法などを見つけるたびに試しているため、学習法が定まっていないという人も少なくありません。英語は一度やっただけでは身につきません。繰り返し学ぶことで身についていきます。

英語学習をするときは英語の目標をきちんと定め、そのために必要な学習法を選び継続するようにしましょう。
自分に合った学習法が分からない時は、英会話スクールを訪れてみるのも1つの手です。英会話スクールの中には、無料で英語学習のカウンセリングを受けられるところもありますので、気軽に問い合わせてみてください。

まとめ

いかがでしたか。今回は英語学習を進める中でぶつかる壁についてお話してきましたが、英語とは本来"楽しい"ものです。そのワクワクした気持ちを忘れないようにしましょう。もし壁にぶつかったときは、今回ご紹介した内容を参考に軌道修正してください。そして、英語学習を始めるときに思い描いていた『英語ができる自分』を実現させましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の講師は、日本人英語学習者の特性を知り尽くしているので、日本人がつまずきやすいポイントや挫折しやすいポイントも分かっており、しっかりとサポートしてくれます。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター
Copyright © Link Academy Inc. ALL Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ