短期集中で英語をマスターするのに必要な5つのポイントとは?|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

短期集中で英語をマスターするのに必要な5つのポイントとは?

「英語ができる」ようになるにはかなりの年月が必要だとは思っていませんか。たしかに、英単語や英語表現は膨大にあるので全てを覚えるのは大変なことです。しかし、学習方法を少し意識することで、仕事やプライベートで必要とする英語力を短期間で身につけることも夢ではありません。
そこで今回は、短期集中で英語を習得するために押さえておきたいポイントをご紹介します。

短期集中で英語をマスターする5つのポイント

とにかく「英語ができる」ようになりたいからと、単に英語漬けの生活を送っても英語力を効率的に身につけることはできません。何事も「できる」ようになるためには、それなりの順序や心構えが必要となってきます。ここからは、それらを5つのポイントに分けて詳しく解説していきます。

  1. 目標を設定する
  2. 振り返りと目標の再設定を定期的に行う
  3. 疑問や悩みをそのままにしない
  4. 必ず復習をする
  5. 単語や文法など反復練習を心がける

ポイント1.目標を設定する

皆さんの英語の目標は何ですか?そして、その目標はいつまでに達成したいですか?目標はただ漠然と思うのではなく、期限を設定することで自然と集中力が高まります。また、短期間で英語力を上げるためには効率良く学習することも大切です。皆さんが目標を達成するために必要なのは会話力ですか?それとも英語資格ですか?目標を具体的に思い描くことで、本当に必要な英語スキルを見極めることができるので、必要なスキルを集中的に伸ばすことができるようになります。

ここで、これまでのことを踏まえて英語の目標を立てた場合の一例をご紹介します。
目標が曖昧で具体的になっていないという方は、これを参考に具体的な最終目標を設定してみてください。
そして、そこから逆算して日々の目標を設定してみましょう。

(例)
半年以内に、英語での接客と簡単な日常会話をできるようになりたい!

まずは、1か月以内に接客に必要なフレーズを覚えよう。

そのために、今週(今日)は店に置いてあるモノや商品名を英語で言えるようにしよう。

このように、最終的に達成したい目標をもとに、より短期的な小さな目標を順番に決めていくことで、日々何をやればいいのかが明確になります。

ポイント2.振り返りと目標の再設定を定期的に行う

せっかく明確な目標を設定しても予定通りにいかないということはよくあることです。そんな時は、「ここまではできたけれど、ここはまだできていない」といったように自身の英語学習を振り返るようにしてみましょう。

そして、できていない部分をカバーするための新たな目標を設定しましょう。そうすることで、自分の弱点や課題を発見し、強化することができます。これを繰り返すことで「できる」ことが増え、英語力を着実に伸ばすことができます。

ポイント3.疑問や悩みをそのままにしない

参考書の解説が理解できなかったり、学習方法について悩んだりとモヤモヤすることはありませんか。こうした悩みは、そのまま放置しておいても自然には解決しません。皆さんの周りには英語ができる人はいますか?もし周りに英語ができる人がいるのであれば、勇気を出してその人たちに相談してみましょう。同じ英語学習者同士だからこその助言や共感があるはずです。

最近では、SNSで英語学習者同士のコミュニティを探すこともできるので、そうしたツールを活用するもの一つの手です。短期集中で英語を身につけたいのであれば、このように積極的に問題を解決する姿勢も重要となってきます。

ポイント4.必ず復習をする

「辞書で調べながら英字新聞を読みきった」「TOEICの問題集を1周解き終えた」など、何かをやりきると達成感を味わうことができます。そして、「次はどの記事を読もう」「新しい問題集に取り組もう」と次のことに考えが向きがちになってしまいます。しかし、このように"やりっぱなし"の状態で次に進んでしまっては、せっかく努力したことを定着させることができません。そうならないためにも、解いた問題などはきちんと見返して復習することが大切です。

復習することで、「この英文はまだきちんと理解できていない」「この問題はこういう理由で間違えたけど、今ならわかる」などといったように自身の英語力を再確認することができ、問題の文章内に出てきた単語やフレーズの定着にも繋がります。

ポイント5.単語や文法など反復練習を心がける

「早く英語をマスターしたい」と思えば思うほど、「とにかく数多くの単語やフレーズを覚えなきゃ」と焦りがちです。しかし、単語や文法などは1度で覚えられるものではありません。焦る気持ちを押さえて、覚えるべきことを何度も声に出したり紙に書いたりする時間を持つことも重要です。

ただ、こうした反復練習はどうしても忍耐力が必要となり、継続するのが難しいというのが現実です。そこでおすすめの方法は、1日の中で反復練習をする時間を決めてしまうことです。

例えば、「夜の歯磨き前に例文を10回ずつ音読する」などと決めてしまうのです。すると、その時間になると「音読しなきゃ」と意識するようになります。そして実際に音読を続けることで次第に習慣化され、反復練習することが自然と身についていきます。

まとめ

今回は、短期間に集中して英語力を身につけるためのポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。どれも英語をマスターするのに欠かせないことですが、英語学習をしていく中でこうしたポイントを見落としてしまうことも少なくありません。英語学習に時間がかかっていると感じている方や、とにかく早く英語を習得したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、受講者のレベルや目的、ニーズに合わせたレッスンが可能な目的別レギュラープランや、短期間での英会話力アップを目指す短期集中プランを用意しています。
短期間で集中して英会話力をアップさせたいと考えている方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ