短時間で効率的に学習するメリットとは?コツやポイントを紹介|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

短時間で効率的に学習するメリットとは?コツやポイントを紹介

英語学習に限った話ではないものの、あらゆる勉強について、一度の勉強の際にどの程度まとまった学習時間を確保すると効率よく学習が進められるのかは、気になる話題かと思います。特に社会人であれば、何かあたらしいことを学ぶ際は通勤時間や休日など、限られた時間のなかで効率的に学習を行っていく必要があるでしょう。

そこで今回は、短期間で学習を行うメリットやコツについて詳しくみていきます。

1.短時間学習のメリット

短時間学習のメリットは、短時間の学習を繰り返し行うことにより脳の記憶の定着がしやすくなる点です。人間には、短期記憶と長期記憶があります。短期記憶でインプットした情報は、しばらくすると忘れてしまうものですが、短い期間に何度も学習を繰り返すことで、長期記憶として定着させていくことができます。

また、人が集中して学習できる時間は短いため、2時間ほど連続して勉強した場合には集中力は低下してしまっている状態です。そのため、30分などの短い学習を集中して繰り返し行うことで、記憶に定着させつつ、学習を進めていくことができます。

2.短時間で効率的に学習をするコツ

上記のメリットを踏まえたうえで、ここからは短時間で効率的に学習するコツをみていきましょう。人が集中できる時間というのは様々な説があるものの、決して長くはありません。

意識的に時間を区切る

英語学習に限らず、学習を行う場合は、時間を区切ってメリハリをつけることが大切です。人の集中力が長くもたないことを前提に設計し、短時間でも集中して学習できる環境を整え、繰り返し勉強するようにしましょう。

たとえば、今まで長時間の連続した学習を行っていた場合でも、45分などの短時間で区切るところからスタートすることをおすすめします。限られた時間の中で、英語学習に集中するようにしたほうが、集中力が途切れづらく、学習の質を担保し続けやすいでしょう。自分のペースに合わせて、タイマーなどで学習時間を計測するなどの工夫で、短時間学習の間は集中するといったルール作りもおすすめです。

習慣化する

英語学習においても習慣化は大切な要素です。短時間での学習は、繰り返して記憶に定着させることができます。

学習の目的や目標、いつまでにどうなりたいかを明確にすることで、学習を習慣にしやすくなります。何事も目標が立たなければ、どの程度目標に近づいたのか把握することができず、モチベーションも続きません。

英語を習得するには、多くの時間が掛かるものです。転職や昇給などに英語が必要であれば、時間には限りがあることが想定されるため、学習の習慣化が必要です。

また、帰宅後1時間は勉強を行うなどのルールを決めることも有効です。通勤時には単語を覚えるなど、勉強する時間を決めて意識的に確保するようにしましょう。

休息をしっかり取る

上記でも触れましたが、人間の集中力には限界があります。集中力が切れた状態で学習を続けたとしてもその質は下がってしまうため、効率的に学習を続けるには適度な休憩が必要になります。

なお、休憩時間中にはスマートフォンやインターネットは極力見ないように意識するとリフレッシュしやすいです。文字などの情報を追うことで脳が疲れてしまうため、英語学習中の休憩時間は、その他の情報に触れないことを意識しましょう。

3.まとめ

短時間の学習を繰り返すことは、勉強を行ううえで記憶が定着しやすくなり効果的です。短時間の学習習慣を定着させるためには、意識的に時間を区切る、ルールを作り実行するなどの仕組みがあると継続しやすくなります。限られた時間の中で効率的で学習を進めていかなければならない社会人には適している勉強方法だといえるでしょう。ぜひ、勉強方法のひとつとして参考にしてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、受講生の英語学習の目的や学習期間などのニーズに応えられるように、さまざまなプランを用意しています。また、日本人英語学習者の特性を知り尽くしている講師とキャリアナビゲーターが、二人三脚でしっかりとサポートしてくれます。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ