英語初心者必見!初心者が取り組むべき定番の勉強法7選|英語学習法|おすすめ英語学習ブログ|マンツーマン英会話・仏会話スクールのロゼッタストーン・ラーニングセンター
ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター

英語学習法

英語初心者必見!初心者が取り組むべき定番の勉強法7選

英語初心者必見!初心者が取り組むべき定番の勉強法7選

インターネットやビジネスのグローバル化などによって英語が身近な存在となり、英語学習を始める人は年々増えています。しかし、中には「何から勉強すればばいいのかわからない」「学習法を調べるだけで疲れてしまった」といった理由から、英語に興味はあるものの学習を始められずにいる人たちも少なくありません。

そこで今回は、英語初心者のための定番勉強法を詳しくご紹介していきます。英語学習の進め方についてお困りの人は、ぜひ参考にしてください。

初心者が取り組むべき定番の勉強法7選

ここからは、英語初心者が実践するべき勉強法7つを順に解説していきます。

  1. 単語暗記
  2. 発音練習
  3. 多読
  4. 瞬間英作文
  5. シャドーイング
  6. 趣味を英語で取り組んでみる
  7. SNSを使ってアウトプット

1.単語暗記

単語を知らなければ、英語を読むことも話すこともできません。まずは、語彙力を強化していきましょう。

とはいえ、現時点での自身の語彙力が分からないという人も多いでしょう。その場合、書店などで中学英語レベルの単語帳を見てみましょう。

書かれている英単語を即座に理解し、日本語から英語にすることはできますか。もしも難しいと感じたのであれば、まずはそのレベルの単語をスラスラと理解できるようにする必要があります。

中学レベルの英単語をマスターしたら高校レベルや大学レベルといったように、徐々にレベルを上げながら語彙力を伸ばしていきましょう。

2.発音練習

英単語や英文の暗記をするときに、"目"だけを使って学習する人が多くいます。しかし、英語は「聞く」「話す」こともします。英語を覚えるときは、必ず発音も確認するようにしましょう。

また、自身でもその英語を正しく発音できるように声に出して練習しましょう。このような"音"を使った特訓が、ヒアリング力とスピーキング力の向上に繋がります。

3.多読

多読とは、文字通り"多くの英語を読む"ことです。このとき、分からない英語があっても辞書で調べずに読み進めるのが多読のルールです。

しかし、知らない単語だらけの英語を読み続けても効果はありません。最初は、絵本や1ページに2~3文しか英語がないような本で、「これなら読んで理解できそう」と思えるレベルのものから始めていきましょう。

多読用のテキストは、書店や図書館などで見つけることができます。たくさんの英語を読むことで英文に慣れ、その英単語やフレーズが使われる場面を自然と理解できるようになります。

4.瞬間英作文

瞬間英作文とは、日本語の文を即座に英語にする練習法です。いきなり長い文から始めるとかなりの負荷がかかるため、最初は「あれは誰のカバンですか?」→"Whose bag is that?"といったような3~5語程度の文から始めるようにしましょう。

英語はコミュニケーションのツールですので瞬発力も必要です。自分が言いたいことを英語で即座に言えるよう日頃から特訓しておきましょう。

5.シャドーイング

シャドーイングとは、聞こえてくる英語を影(shadow)のように追いかけながら発声していく学習法です。まずはスクリプトを見ずに、お手本の音声を何度か流して英文を聞き取ってみましょう。

次に、スクリプトを見て、聞き取れていなかった箇所がないか、単語や文法を確認していきます。その後、スクリプトを見ずに音声だけを頼りに英文をシャドーイングします。

この練習を重ねることでリスニング力、スピーキング力はもちろんのこと発音や抑揚も磨かれていきます。

6.趣味を英語で取り組んでみる

今では、インターネットを利用することで簡単に英語に触れることができます。例えば、インターネットで『anime popular japan』と入力して検索すると、検索結果には日本で流行のアニメについて英語で書かれた情報が多く表示されます。

自分の好きなこと、趣味に関するものであれば元々持っている知識があるため、知らない英単語などがあっても推測して意外と理解できたりするものです。英語初心者だからと臆せず、好きなことに英語でチャレンジしてみましょう。

7.SNSを使ってアウトプット

SNSに投稿した内容に反応が返ってくると嬉しいものです。英語学習者の中には、覚えた英単語を箇条書きにして英語学習記録として投稿したり、英語日記を投稿したりしている人も多くいます。

覚えたことを投稿(アウトプット)することは記憶の定着にも繋がりますし、その投稿に反応があるとやる気もアップします。ぜひ、試してみてください。

インプット・アウトプットにバランスよく取り組もう

どれだけ英語を勉強しても、それを実践に活かせなければ意味がありません。英語学習で学んだことをきちんと使うことができるのか、英語を『話す』『書く』などをして確認するようにしましょう。

このとき、間違いに気づいたら正しい知識をインプットし直し、再度アウトプットをします。このようにインプットとアウトプットを繰り返すことで英語力が身についていきます。

まとめ

英語初心者が実践すべき勉強法をご紹介してきましたが、いかがでしたか。勉強法の中には、暗記などのいかにも"勉強"と感じるものから、趣味やSNSなどを使った"お楽しみ"まで様々あります。

英語初心者のみなさんは、この定番の学習法で英語の基礎力を身につけつつ、楽しみながら英語と付き合っていくことを目標にしていきましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を熟知している講師が、目標達成に向けて英語学習をしっかりとサポートします。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター
Copyright © Link Academy Inc. ALL Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ