【TOEIC対策】英会話がTOEICに役立つ3つの理由|TOEIC対策|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

TOEIC対策

【TOEIC対策】英会話がTOEICに役立つ3つの理由

進級や昇進のために必要なTOEICスコア。毎日机に向かって試験の問題集などを解いているにも関わらず、思うようにスコアが伸びないという方はいませんか。また、リスニング問題で即答できずに、次々と流れてくる音声に焦ってしまうという方はいませんか。

もしかすると、みなさんに必要なのは「英会話」の勉強なのかもしれません。実は、TOEICのスコアを上げるために英会話を学ぶことは非常に効果的なのです。それはなぜでしょうか。今回は、英会話がTOEICに役立つ理由を3つご説明します。

なぜ、英会話がTOEICに役立つのでしょうか。

  1. TOEICには「口語」が登場
  2. TOEICには「会話力」が必要
  3. TOEICには「即答力」が必要

理由1:TOEICには「口語」が登場

「TOEIC=ビジネス英語」という印象がありますが、日常的な表現も多くあります。特にリスニング問題では、相手との挨拶や軽い口語表現などが頻繁に出てきます。例えば、以下のような表現です。

  • What's up? 「やぁ」「最近調子どう?」
  • Be my guest. 「ご自由にどうぞ」
  • Either one is fine. 「どちらでも結構です」

英会話経験が少ない方は、こうした口語表現を学ぶ機会が少なく、問題集を解きながら新しい表現を覚えていくことになりますが、問題集や参考書を使った独学で英語表現を学ぶのにはどうしても限界があります。「口語」は話し言葉です。そのため、人から学んで吸収するのが上達の近道となります。

しかし、教えてくれる相手が間違った表現を使っていたり、あまり良くない言葉を話していたりするのでは、せっかく身につけた英語も水の泡となってしまいます。ではどうすれば良いのでしょうか。

そんな時こそ、英会話スクールの出番です。スクールではプロの講師と英会話をするので、試験などでも使用される、使用頻度の高い正しい英語を身につけることができます。TOEICの試験中、リスニング問題でのちょっとした口語が分からずに思考停止してしまうのは非常にもったいないことです。そうならないためにも。口語に慣れて余裕を持ってリスニング問題に取り掛かりましょう。

理由2:TOEICには「会話力」が必要

パート2のリスニングでは、質問文に対しての答えとなるものを3つの英文から選択する問題が出題されます。

(例題) ※実際の試験では、いずれも英文音声のみです。
質問文: Are you ready for your trip to France? 「フランスへ行く準備はできた?」
(A) Yes, I'm French. 「はい、私はフランス人です。」
(B) No, I don't like fish. 「いいえ、私は魚が好きではありません。」
(C)Ⅰjust need to pack my bags. 「あとは鞄に詰めるだけです。」

"Aye you~?"と質問されていますので、"Yes/No"から始まる英文を聞き流さないようにしようと身構えてしまいますが、ここでは(C)が正解です。このように、質問文に対して間接的に答える問題も出題されます。

また、"What is ABC Hotel's nightly rate?"「ABCホテルの一泊の料金はいくらですか?」といった質問文に対して金額を答えるのではなく、"When do you intend to stay?"「いつご宿泊の予定ですか?」のように質問を返す文が正解となることもあります。

このような会話に慣れるためには、テキストの英語表現を暗記・暗唱するだけでなく、きちんと話し相手がいる状態で、実際に英語でコミュニケーションを取りながら覚えていくのが一番です。こうしたコミュニケーションスキルはすぐには身につきませんので、たくさん場数を踏んで体感的に覚えていくことが必要です。

理由3:TOEICには「即答力」が必要

TOEICはリスニング問題(約45分間)、リーディング問題(75分間)、合計約2時間で200問を解く試験です。リスニング問題では次々と音声が流れていきますし、リーディング問題の英文量は多く、時間内に最後まで問題を解ききること自体が至難の業です。

そのため、TOEICスコアアップのためには「即答力」も必要とされています。「即答力」が磨かれると、リスニング問題が早く解けるようになり、次の問題の選択肢を先読みすることができるようになります。

また、リーディング問題でのチャット文を解くような問題のときにも会話の流れを素早く掴むことができるようになり、間接的な表現にも惑わされないようになっていきます。

そうした「即答力」を鍛えるのにも英会話スクールはピッタリな場所です。特に、マンツーマンレッスンであれば生徒は一人しかいないため、講師との対話時間を多く確保することができます。

初めは、講師の質問に対して返答するまでに時間がかかってしまうかもしれませんが、次第に慣れてきてスムーズに会話のキャッチボールを楽しむことができるようになります。その成果が、TOEICにも十分に活きてくるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英会話スキルを鍛えることでTOEICの問題を解くスピードも上がり、さらなるスコアアップを目指せます。TOEIC高得点者の中には「得点は取れるけど英会話は苦手」という方も少なくはありませんが、このように"TOEIC+英会話"の勉強であれば、英語でのコミュニケーション能力も向上するので、就転職やキャリアアップの際のアピールポイントに繋げることもできます。TOEIC対策をするのであれば、今回ご紹介した「口語」「会話力」「即答力」といった英会話スキルも忘れずに磨いていきましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特徴を知り尽くしたプロの講師とのマンツーマンレッスンで、TOEICテストの対策を効率的に行うプランも用意しています。
TOEICのスコアアップとともに、活きた英語を身につけて英語でのコミュニケーションスキルを伸ばしたいという方は、ぜひ一度資料請求や無料体験をお申し込みください。

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ