海外に行けなくても英語は必須スキル!リモートワークが推奨される今だからこそ英語学習をする3つのメリット|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

海外に行けなくても英語は必須スキル!リモートワークが推奨される今だからこそ英語学習をする3つのメリット

新型コロナウイルスの影響で海外旅行が気軽にできなくなり、日本国内でも海外の方を見かけることが少なくなってきました。その結果、英語学習のモチベーションが下がってしまっているという方も少なくありません。その一方で、ビジネス面での英語スキルの重要性を実感し、リモートワークで家にいる時間が増えたのを機会に英語学習に力を注ぐ人も増えています。

しかし、そもそもビジネスシーンにおける「英語スキル」の重要性とはどれ程のものなのでしょうか。コロナ渦で海外との直接的な接点が減った今、英語は本当に必要なのでしょうか。
そこで今回は、「今」だからこそ英語学習をするべき理由をご紹介します。

英語を使えることで得られる3つのメリット

英語を使えると海外の人ともコミュニケーションを取ることができ、活躍できる場所が広がります。しかし、ビジネスシーンにおいて「英語ができる」メリットはそれだけではありません。どのようなものがあるのか詳しく見ていきましょう。

  1. 情報取得の幅が広がる
  2. キャリアアップ・年収アップにつながる
  3. 英語が募集条件の職に就ける

1.情報取得の幅が広がる

皆さんはインターネットで検索をするとき、「日本語」だけで検索をしていますか?それを「英語」でも検索してみたことはありますか?基本的に日本でのみ使用されている日本語とは異なり、英語を話す国は数多くあります。そのため、英語でインターネットを利用する人も膨大な数となっています。
ここで、以下の例をご覧ください。

【例】インターネットで日本の世界遺産について調べた場合
「日本 世界遺産」と入力して検索した場合の検索結果数...約97,000,000件
「japan world heritage」と入力して検索した場合の該当件数...約292,000,000件

(Yahoo! JAPANにて検索 2020年9月24日時点)

このように、日本語で検索した場合と英語で検索した場合とでは情報量にかなり大きな差がでてきます。つまり、英語ができると、より多くの情報を得ることができるようになるということです。

また、仕事でアイデアなどに行き詰ったときなどにも、英語で検索してみることで、日本との共通点や違いを知ることができたり、新たな発見があったりして、そこからインスピレーションを得ることもあります。情報化社会と言われている今、いかに幅広く情報を仕入れ、それらを有効に活かすことができるのかが1つの大きな鍵となってくるのです。

2.キャリアアップ・年収アップにつながる

2020年にグローバル人材特化型人材派遣サービスを提供するエンワールド・ジャパンが行った英語レベルと年収についての実態調査によると、流暢に話すことができる英語レベルである「上級」では、約60%が年収1,000万円以上だったのに対し、挨拶レベルの「初級」では年収1,000万円以上の割合は約10%にとどまり、英語レベルが上がるほど年収が高い割合が大きくなるという結果になりました。

また、英語ができるということは、海外の人たちともコミュニケーションを取りながら業務が行なえるということです。活躍できるフィールドが広い分、様々な経験を積むことができ、そのことがキャリアアップへと繋がっていきます。そして、経歴や能力が高まれば昇級や昇格につながり、年収も上がっていくというのは自然な流れと言えるでしょう。こうした面からも、英語力があるということは有利に働きます。

3.英語が募集条件の職に就ける

外資系企業は勿論のこと、最近では日本の企業も海外とのビジネスに力を入れています。また、今は国内のみの活動でも、近い将来に世界を目指そうと考えている企業も少なくはありません。そうした企業にとって、「英語ができる人材」というのは魅力的な存在です。社内で英語研修を行っている企業も多くありますが、既に英語力のある人材であればその研修にかける費用や時間を節約することができ、仕事での即戦力ともなるためかなり重宝されます。

しかし、一言で「英語ができる」といってもTOEICスコアが600点の人と900点以上の人との間には大きな差があります。企業はより良い人材を手に入れるため、TOEICスコアで一定の基準点を超えた人だけが応募できるというように、求人に募集条件を設けていることも少なくありません。これは、昇進や部署異動などの社内人事にも当てはまります。せっかく希望の職種に対しての適正や情熱を持っていたとしても、英語力が足りないことを理由に諦めなければいけないというのは非常に悔しいものです。そうならないためにも、英語力は常に磨いておく必要があります。

まとめ

「英語スキル」のメリットを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。今は海外と直接的な関わりのない業務についていたとしても、英語ができることでより多くの情報を手に入れて仕事に活かすことができますし、昇級や転職などの際にも心強い武器となります。リモートワークが推奨され、通勤や飲み会に時間を取られない今こそが英語学習をする絶好のチャンスです。ビジネスシーンで有利となる英語スキルを手に入れましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、「短期間で英会話力を向上させたい」「ビジネスの現場で活かせる英会話力を身につけたい」といった、受講生それぞれのニーズに応えることができるプランを用意しており、一人ひとりの目標達成のために、講師とキャリアナビゲーターが二人三脚でしっかりとサポートします。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ