英語初心者によくある「良くない」英語学習とは?|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語初心者によくある「良くない」英語学習とは?

せっかく「英語を勉強しよう!」と張り切っても、正しい勉強法を知らなければ学習効率が悪くなり、望んだ結果を出すまでに時間がかかってしまいます。結果がなかなかでないと意欲もなくなり、学習に抵抗感を抱いてしまうこともあるでしょう。

そこでこの記事では、英語学習初心者が陥りやすい「良くない英語学習法」を3つご紹介します。当てはまる項目がある方は、学習方法の見直しをしましょう。

自分のレベル以上の教材を使う

たとえば「TOEIC600点突破!」という目標を掲げ書店で参考書を見た時。「あれ?これは自分には難しいな」と違和感を覚えたことはありませんか。実は、語学において「自分の現状を把握していない」ことは非常に危険な状態なのです。現時点でどれだけのことができているかをしっかり認識していなければ、遅かれ早かれ空回りしてしまいます。

Googleで「英語 初心者 おすすめ」と検索すると大量の参考書がズラリと出てきますが、サイトをそのまま信用していざ使ってみるとどこか違和感を覚え、「難しくて自分には無理!」と学習自体を止めてしまいかねません。

初心者には量をこなすことが大切ですが、カテゴリ別に参考書を大量に購入するのはあまりにも非効率で金銭的にも厳しいことです。まずは自分に合った教材を2,3冊ピックアップし "ボロボロになるまで使い切る"ことを目標にしましょう。そうすると「自分はこれだけやった」と自信になりその1冊が自分のバイブルになります。まずは1冊を徹底的にやりこむことが大切になります。

いろいろな勉強法を試してみる

「どう勉強したらいいかわからない...」と悩みネットで検索して助けを求めても、それはあくまで「他人に合った学習方法」です。優秀な人やデキる人の学習法を真似しても、どこかで必ず違和感が生じます。

いまでは、独学で続かない人向けに英会話スクールの集中プログラムが数多く組まれていますが、参考書や英会話スクールもあくまで手段にすぎません。大切なのは「自分に合った学習法を見つけること」です。

英会話スクールのマンツーマン指導も有効な手段のひとつですが、英語学習は圧倒的に1人で学ぶ時間のほうが多いのです。仮にスクールに入会してもプログラムが終わって"学びっぱなし"、"教えられっぱなし"にならないためにも、そこから自分なりに解釈してオリジナルの勉強法を確立させることが大事です。

決して机に向かってカリカリと手を動かすことだけが学習ではありません。自分に合った学習法を模索することで、より学習意欲が高まります。

生活習慣を見直さない

語学は集中できる時間帯をつくってこそ効果を発揮します。「TOEIC800点突破」や「語学留学」など長期計画を立てるのもいいですが、まずは自分が本当に勉強に集中できる環境と時間帯を捻出し、その後で短期かつ実現性が高い目標を掲げるようにしましょう。

社会人になると1日の時間のほとんどが仕事に費やされるため、なかなか学習時間を捻出するのが難しくなりますが、30分でもいいのでまずは「この時間は勉強!」と割り切って生活リズムを立て直しましょう。

タイムスケジュールができるようになると、生活にもメリハリがつき今までより効率的に仕事も勉強もこなせるようになります。「規則正しい生活をする」ことは語学学習においては基本中の基本なので、普段自分が無駄にしている時間をしっかり見直しましょう。

まとめ

英語学習初心者は右も左も分からず迷ってしまいがちです。集中できる環境づくりや生活リズムの見直しなど、参考書や学習法以前の問題が数多く隠れています。

意欲を失わない為にも、これらの問題点を自分に問いかけて答え合わせをしてください。語学において大切なのは意欲と環境なので、規則正しい生活を送りつつ着実にレベルアップしていきましょう!

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を知り尽くした講師が、キャリアナビゲーターとともにしっかりとサポートをしてくれるので、英語学習初心者の方でも安心です。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ