正しい発音を学んで英語上達を目指そう!「リンキング」の基礎知識|英語学習法|おすすめ英語学習ブログ|マンツーマン英会話・仏会話スクールのロゼッタストーン・ラーニングセンター
ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター

英語学習法

正しい発音を学んで英語上達を目指そう!「リンキング」の基礎知識

正しい発音を学んで英語上達を目指そう!「リンキング」の基礎知識

みなさんは英語の発音を意識していますか。英語学習者の多くは、「とにかく英語を聞けるようになりたい!」と英語の音源を聞き流したり、リスニング問題を解いたりすることに必死になり、発音学習を後回しにしがちです。

しかし、実はその『発音』をしっかりと学ぶことこそが、リスニング力アップの重要なカギとなります。これは、「自分が発音できる音=自分が聞き取れる音」というところに秘密があります。とはいえ、「発音の学習って何をすればいいの?」と思う人も多いでしょう。

そこで今回は、ネイティブスピーカーたちがスピーキング時に頻繁に行なっている『リンキング』という発音の技法についてお話します。リスニング力に自信をつけたい人、またネイティブのように英会話を楽しみたい人はぜひ参考にしてください。

発音を上達させる「音声変化」とは?

リンキングの説明に入る前に、まずは『音声変化』について少しご説明します。

音声変化とは、2つ以上の単語が繋がるときに各単語単体での音と異なる音で発音されることを言います。例えば、英語で"Can I ~ ?"(~できますか?)と言うとき、「キャンアイ」とは発音しません。「キャナイ」のように発音します。

このように、英語は文章になると音が変化します。これが『音声変化』です。音声変化にはいくつかの種類があります。ここではその中の1つ『リンキング』について解説していきます。

「リンキング」とは

リンキング(Linking)とは、単語と単語の音が「連結」することです。
リンキングの3つのパターンをご紹介します。1つずつ確認していきましょう。

  1. 子音+母音
  2. 母音+母音
  3. 子音+子音

1.子音+母音

単語の最後が子音で終わり、次の単語が母音で始まるときに音が連結します。
リンキングの最もメジャーなパターンです。比較的聞き取り易く、発音も真似しやすいです。
リンキングを学ぶときは、このパターンから始めると良いでしょう。

【例】
・Good afternoon.「グッド アフタヌーン」→「グッダフタヌーン」
goodの[d](子音)とafternoonの[a](母音)の音が連結して「ダ」に変化しています。

・call us「コール アス」→「コーラス」
callの[l](子音)とusの[u](母音)の音が連結して「ラ」に変化しています。

2.母音+母音

前の単語が母音で終わり、次の単語が母音で始まるときに音が連結します。
前の単語の終わりの母音が[a][i][e]の場合、つなぎ目の部分に"y"(ユ)の音が入ります。
また、前の単語の終わりの母音が[u][o]の場合、"w"(ウ)の音が入ります。

【例】
・the end「ズィ エンド」→ the(y)end「ズィェンド」 
theの終わりの母音が[e]のため"y"(ユ)の音を入れて音を連結しています。

・go away「ゴゥ アウェイ」→ go(w)away「ゴゥワエイ」
goの終わりの母音が[o]のため"w"(ウ)の音を入れて音を連結しています。

3.子音+子音

前の単語が子音で終わり、次の単語が子音で始まるときに音が連結します。
同じ子音が続く場合は2回発音せずに1回のみ発音します。
また、子音同士の発音が似ている場合も音を繋げて1つの音になります。

【例】
・bad day「バッド デイ」→「バッデイ」
[d](子音)の音が続く(bad/day)ので音が連結しています。

・need two「ニード トゥ」→「ニートゥ」
[d][t](子音)の発音が似ているため音が連結しています。

「リンキング」を学ぶメリット

リンキングはネイティブスピーカーが日常的によく使っている技法です。そのため、リンキングの法則を知らないと英語を聞き取るのに苦戦することになります。「リスニングが苦手」「洋画を字幕なしで楽しみたい」という人は、リンキングについてきちんと学ぶ必要があります。

リンキングはただ英語を聞き流しても身につきません。リンキングを習得するためには、まず、リンキングのルールを理解しましょう。ただし、英会話や洋画などの音声は瞬時に聞き取らなければいけないため、その都度"頭"で考えていては間に合いません。英語を聞いたときに、瞬時に"身体"が反応するレベルにまで持っていく必要があります。

そのためには、自身で繰り返し発音するのが一番です。そのとき、自身の声を録音して聞き直したり、誰かに発音をチェックしてもらったりすることで、正しくリンキングができているのか確認することができます。

また、実際の英会話のシーンでは、みなさんがどれだけ正しい英語を話していたとしても、カタカナ英語やブツ切りのような英語ではなかなか相手には伝わりません。リンキングを習得するために何度も繰り返し練習して身につけた技法はスピーキングのときにも活かすことができます。

リンキングを学ぶことは、リスニング力をアップさせるだけでなく、ネイティブのようなスピーキング力を身につけることにも繋がるのです。

まとめ

英語の音声変化の中から、『リンキング』について解説してきましたがいかがでしたか。「早く英語力を伸ばしたい!」と思う程、発音学習はじれったいように感じるかもしれません。

しかし、発音の法則を知らないままでいると、いずれは壁にぶち当たることになります。英語学習の最初の段階から正しい発音と英語のリズムを意識するようにしましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、リスニングやスピーキングで特に重要となる「発音」を英会話と共に身につけることができる「発音」×「英会話」コースをご用意しています。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

ネイティブのような発音で、もう聞き返されない 英語の発音が身につくハミングバード
英語を身につけるなら、マンツーマン英会話教室 ロゼッタストーン・ラーニングセンター
Copyright © Link Academy Inc. ALL Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ