モチベーションを保って英語学習を続ける5つのポイント|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

モチベーションを保って英語学習を続ける5つのポイント

何事も始めたばかりの頃は意欲に燃えていますが、次第にその熱が冷めてくることがあります。それは英語学習も例外ではありません。みなさんの中にも「英語を始めた頃は何時間も勉強していたのに、最近は全くできていないなぁ」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、英語学習に対するモチベーションを持ち続けるために必要なことをご紹介します。

英語学習のモチベーションを保つ5つのポイント

英語力は一朝一夕に身につくものではありません。そのため、英語学習をする際には学習法だけでなく、英語と長く付き合っていく術を知っておくことも重要な鍵となってきます。
英語へのモチベーション維持に欠かせないポイントを5つにまとめてみましたので、順に見ていきましょう。

  1. 英語学習によって実現する理想の生活を意識する
  2. 学習時間を固定する
  3. 集中できる環境を構築する
  4. タスクを小分けにして進捗・達成度合いを見える化する
  5. 英語学習のメンターを作る

ポイント1.英語学習によって実現する理想の生活を意識する

英語学習を続けていると、いつしか「問題集をやり終えること」が目的となり、そのことを苦痛に感じてしまう人がいます。そんな時は一度初心に戻ってみてください。

みなさんがその問題集を解いているのは何故ですか?そもそも英語学習を始めた目的は何ですか?きっと、英語ができるようになって「仕事で昇進や転職がしたい」「世界中の人と交流したい」「カッコいいと思われたい」など様々な理由があったはずです。また、それらの夢を叶えた自分の姿を想像してワクワクしたからこそ、それを実現させたいと思って英語を始めたはずです。

理想の自分を思い描きその姿を意識し続けることは、モチベーション維持のため、そして夢の実現のために大切なことです。自身の目標を紙などに書き、いつも目にするところに貼っておきましょう。

ポイント2.学習時間を固定する

学習者の中には、「空いた時間に勉強をしている」という方も少なくはありません。しかしこのような場合、英語学習をする度に「よしやるぞ!」と気合を入れなくてはならず、時には学習スイッチが入らずにダラダラと過ごしてしまうなんてことにもなりかねません。そうならないためにも、「毎朝出勤前にテキストを音読する」などと学習時間を決めてしまうことをおすすめします。

すると、それが次第に習慣化され、朝のルーティンとなります。そうなれば無理やり気合いを入れずとも、毎朝自然と英語のテキストに手が伸びるようになるのです。学習時間が定まっていなかった方は、通勤中や昼休憩、お風呂に入る前など、「1日の中でこの時間なら勉強できそうだ」という時間を見つけて毎日の学習タイムとして設定してみてください。

ポイント3.集中できる環境を構築する

せっかく勉強するのであれば、集中力を高めて学習効果を上げたいものです。そのためには、学習環境を整えることも重要なポイントとなってきます。

部屋は片付いていますか?机の上にテレビのリモコンや雑誌などが無造作に置かれているなんてことはありませんか?中でも、スマホは一番の誘惑となりますので勉強中は手に届かないところに置くか、可能であれば電源を切ってしまいましょう。

しかし、最近ではスマホを辞書代わりにしたり、アプリ機能を使ってリスニング音源を聞いたりしている方も多いかと思います。その場合は、スマホの待ち受け画面を工夫して、英語学習に関するアプリとその他のアプリの配置位置を離して目につかないようにしたり、SNSの通知機能をオフにしたりして英語だけに集中できるようにしましょう。

ポイント4.タスクを小分けにして進捗・達成度合いを見える化する

現実と理想との英語力に差があると、目標達成までの道のりが遠すぎてゴールがかすみ、夢が夢のままになってしまいがちです。そうならないようにするには、ちょっと頑張れば辿り着く小さなゴールをたくさん用意し、それを着実にこなしながら最終的なゴールに向かっていくことが大切です。

そのために、まずは夢を達成するまでの期間を定め、それを叶えるために今後1か月で何をすべきかを決めましょう。そして、それを実現させるためにこの1週間でやるべきことを決め、手帳やカレンダーに書きこみます。そうすることで、「今日やらなきゃいけないこと」が明確になります。

さらに、「〇ページまでの単語を覚えた」「仮定法を理解できるようになってきた」などといった学習記録も手帳などに残しておくようにしましょう。このように学習の進捗や達成度合いを「見える化」することで、学習意欲も上がってきます。

ポイント5.英語学習のメンターを作る

メンターとは本来「指導者・助言者」のことを指しますが、最近では「尊敬できる人」「目標としている人」という意味でも使われています。

皆さんの周りには英語学習のメンターとなる人はいますか?メンターは、会社の上司や友人、英語が堪能な有名人など誰でも構いません。その人たちのようになりたいという「憧れ」が英語学習の意欲や力となります。また、彼らのように「流暢に英語で話したい」「きれいな発音を身につけたい」などといった具体的な目標を持つことで伸ばすべき英語スキルが明確になり、英語の習得スピードも速まっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。学習の継続は簡単なことではありませんが、このように気持ちや行動を少し変えてみることで急に道が開けることがあります。英語は続ければ必ず身についていきます。英語へのモチベーションが上がりきらない時は、ここで紹介した5つのポイントを参考に、自分なりのモチベーション維持方法を工夫してみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、親会社であり企業の組織活性化コンサルティングを手がけている東証一部上場企業、リンクアンドモチベーショングループのノウハウも活かし、ネイティブ講師とキャリアナビゲーターが二人三脚となって、受講生一人一人を目標達成までしっかりサポートします。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターに興味がある方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ