英語を活かせる仕事とは?おすすめの職種を紹介|ビジネス英語|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

ビジネス英語

英語を活かせる仕事とは?おすすめの職種を紹介

「英語が好き」「英語が得意」「英語ができるってかっこいい」そのような想いから、「英語を使った仕事がしたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、中には、英語を活かせる仕事への憧れはあるものの、それがどのようなものか具体的にイメージできずにいる人たちも少なくはありません。ビジネスのグローバル化が進む中、仕事で英語を活かせる機会は数多くあります。

そこで今回は、その中でも特におすすめの英語を活かせる職種を5つご紹介します。

日本人でも英語が必要な理由

日本に住んでいる限り、英語ができなくても不自由はしませんが、英語ができることで得をすることがあります。

その1つが情報収集です。世界では日本語よりも英語を使う人口のほうが圧倒的に多いため、インターネットで調べ物をするときは、日本語で検索するよりも英語で検索した方がより多くの情報を集めることができます。

様々な視点からの情報を取り入れたい場合や海外のトレンドをいち早く知りたい場合などには、英語を使っての情報収集がおすすめです。

また、日本では少子高齢化による人手不足の問題解消のため、外国人労働者の受け入れが進んでいます。さらに、多くの企業ではさらなる事業拡大のため、海外企業との提携や顧客の獲得を狙っています。

今後、ますます増え続ける外国人労働者や海外企業とのコミュニケーションの手段として必要になるのが英語です。今や、英語は私たちの視野や可能性を広げるために欠かせないツールの1つとなっているのです。

英語を活かせる仕事

ここからは、数ある「英語を活かせる仕事」の中からおすすめを5つご紹介します。
みなさんがまだ気が付いていない英語を使う職種もあるかもしれません。是非チェックしてみてください。

  1. 翻訳
  2. 通訳
  3. 貿易事務
  4. ITコンサルタント
  5. 商社

1.翻訳

「翻訳」と聞くと、小説や絵本などの英語を日本語にしたり、日本の文学作品を英語にしたりする仕事を想像する人が多いかもしれません。しかし、翻訳業はこれだけに留まりません。

映画やアニメなどの字幕を作成するのも翻訳家の仕事です。最近では、動画投稿サイトの翻訳業も増えています。また、機器のマニュアル、学術書、契約書などを翻訳する仕事もあります。

このような翻訳業の場合、ITや医療、金融などの専門知識を活かすこともできます。翻訳者は正社員として会社勤めをすることもありますが、フリーランスとして在宅で仕事をすることも少なくありません。

2.通訳

通訳の仕事で一番よく目にするのは、海外アーティストの横に立ってインタビューや記者会見などを通訳している通訳者の姿ではないでしょうか。

また、テレビの海外ニュースなど副音声などで見たときに聞こえる日本語音声も通訳者のおかげです。それ以外にも、通訳者はビジネスでの商談や国際会議などでも活躍します。

さらには、日本語が上手く話せない在日外国人が医療を受ける時や行政対応をする時などに言葉のサポートをするのも通訳者の仕事です。

3.貿易事務

貿易事務は一般事務に比べて専門性の高い仕事です。貿易には「輸入」「輸出」の2つの業務があり、そのどちらも海外企業と頻繁にメールや電話で連絡を取り合います。

また、海外企業との商談は文化や習慣の違いから高いリスクも伴います。そこで必要なのが取引の証拠となる書類です。品物の商品名、種類、価格、契約書などの各種書類の作成、輸送用の飛行機や船の手配などを英語で行ないます。

4.ITコンサルタント

ITとは、Information Technology(情報技術)の略で、コンピューターとインターネットの技術を融合させたものを指します。ITコンサルタントとは、ITを活用してクライアントの課題を解決する仕事です。

ITの最新情報は主に英語圏から発信されます。ITコンサルタントはそれらの情報をいち早くチェックし、その情報を基にクライアントが抱えている問題の解決策を提案します。

グローバル化が進む今、IT技術者などを海外拠点に派遣するケースも増えています。そのため、英語力があることで自身の活躍できるフィールドが広がります。

5.商社

商社の仕事は、製品の原材料の調達や完成品の営業を行なうことです。原材料も製品の買い手も、日本国内のみで探すには限界があります。そのため、海外にまで視野を広げ、気になる企業があれば電話やメールで問い合わせをします。この時に必要なのが英語力です。

また、原材料の調達や製品の売り込みのために直接海外に赴くことも多い職業です。

まとめ

英語を活かせる仕事をご紹介してきましたが、気になる仕事はありましたか。「英語を使ってこんな仕事がしたい!」という明確な目標があることで、英語学習に対する姿勢も変わってきます。

また、それぞれの職種では必要とされる英語力も異なります。英語を使ってどのような仕事がしたいのかを具体的にイメージし、これからの英語学習の道筋を見つけましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンターでは、短期間でビジネス英語を習得したい方や、平日の昼間でもいいからお得に受講したい方など、受講生のニーズに合わせてビジネス英語を習得できるコースをご用意しています。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ