留学の成果は準備で決まる。英会話スクールに通学するべき3つの理由|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

留学の成果は準備で決まる。英会話スクールに通学するべき3つの理由

経済や社会のグローバル化に伴い英語の必要性が叫ばれるなか、最近では若いうちから積極的に海外での経験を積もうと語学留学や大学・大学院への留学などを目指す学生や社会人の方も増えてきています。

しかし、実際の留学経験者の多くが帰国後に口を揃えて話すのは、「出発前にもっと英語を勉強しておけばよかった」という意見です。海外留学に行くのであれば英語は現地で学べばよいと考える方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。むしろ、留学による成果は出発前にどれだけしっかりとした準備ができるかで決まると言っても過言ではありません。

そこで、今回は留学前こそ英会話スクールに通学してしっかりと準備をしたほうがよい理由について3つご紹介したいと思います。

理由1:留学の目的は英語「で」学ぶこと

一つ目の理由は、そもそも留学の目的は「英語を学ぶ」ことではなく、英語「で」学ぶことにあるからです。これは大学・大学院への留学では当然のことですが、たとえ語学留学だとしても同じです。語学学校は英語を学ぶための場所ではありますが、授業は全て英語で行われますし、他のクラスメイトとの会話も英語が基本となります。そのため、あまりに英語の基礎力が足りないと、授業から吸収できる量が少なくなってしまいます。

また、語学留学の価値は語学学校の中で行われる授業だけにとどまるものではありません。むしろ、学校で知り合った友人と一緒に街へ繰り出して現地の人と交流したり、ローカルな暮らしを通じて様々な文化や歴史に触れたりすることで多くのことを学ぶことができます。事前に英語力を高めておけばおくほど、こうした留学ならではの体験や学びの量を増やすことができ、結果として留学の成果は高まるのです。

理由2:留学は最初が肝心

二つ目の理由は、留学生活を充実させるためには最初のスタートダッシュがとても肝心だからです。留学に行くと、まずは最初に現地の学校で友人や知り合いを作るところから始まります。最初に一人でも現地での行動を共にできる友人を作ることができれば、その友人をきっかけとしてさらに人間関係を広げることもできますし、一人でいるよりも自然と行動範囲も広がるため、留学生活の充実度が大きく変わってきます。逆に、英語に自信がないためになかなか自分から話しかける勇気が持てず、このスタートダッシュのコミュニケーションに失敗してしまうと、友人を作りそびれてしまう可能性もあります。

そのため、スムーズに留学生活をスタートさせるためには、少なくとも海外から来た他のクラスメイトと簡単なコミュニケーションがとれるレベルまでは英語力を鍛えておく必要があります。自己紹介や日本についての説明など、留学先で必要となる英会話シーンに沿ったトレーニングをしっかりと積み、自信を持ってコミュニケーションをとれるようにしておきましょう。

理由3:留学中は時間がない

留学して現地での授業がはじまると、英語でアウトプットをしなければいけない機会が格段に増えます。そのなかで多くの人が痛感するのが、文法や単語など基礎的な英語力をインプットすることの重要性です。しかし、いざ現地での生活が始まると日中は学校の授業に出る必要があり、放課後はクラスメイトとの交流や課題などに追われる生活が続くため、なかなか文法の参考書や単語帳などを使ってじっくりとインプットする時間が確保できません。

スピーキングやライティングといったアウトプットのトレーニング効果を高めるためには、インプットの量を増やすことが不可欠です。しかし、現地で基礎のインプット時間を十分に確保することは現実的には難しいため、できる限り留学前に中学程度の基礎英会話のおさらいをしておくことをおすすめします。

まとめ

ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、留学予定がある方や留学希望の方向けに、短期間で集中的に英語が学べる「短期集中留学コース」を用意しています。通常価格よりもお得なコースで、すべてのコースがeラーニングソフトとセットになっています。これから留学を控えている方は、ぜひRSLCで万全の準備を行い、留学の成果を最大化させましょう!

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ