ビジネス英語に必要な力とは?|ビジネス英語|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

ビジネス英語

ビジネス英語に必要な力とは?

「ビジネス英語」は海外勤務や英語を使う仕事などで必要とされていますが、そもそもビジネス英語は、日常英会話で必要とされる英語とどう違うのでしょうか。
ビジネス英語では、日常英会話で必要なものとは少し異なるスキルや英語知識が要求されます。
今回は、ビジネス英語を話すにはどんな力が必要なのか、お話ししていきたいと思います。

ビジネス英語で求められるもの

ビジネスの現場では、ビジネスシーンに適した英語知識が使える必要があります。
また、丁寧さや正確さ、論理展開など、日常英会話ではさほど重要視される場面が少ない事項も、ビジネス英会話では重要視されます。

丁寧な英語表現力

ビジネス英語では、日常英会話とは異なり、フォーマルで丁寧な英語表現を用いるのが基本です。

日常英会話でよく聞く"What's up?"という挨拶は、友達同士などでするカジュアルな挨拶なので、ビジネスの場では失礼と受け取られてしまうこともあります。ビジネスでは"How are you?"を使うのが無難です。

また、"Please, ~"を先頭につけることで丁寧語になる、というのも日本人が誤解しがちな点です。"Please, ~"をつけると丁寧な表現になる、というのは間違ってはいませんが、主に上司が部下に指示を出す時などに使われる表現なので、例えば顧客に何かをお願いする時などに使うのは適切ではありません。
顧客に頼み事をする時は、"Please, ~."や、"Can you ~?"よりも、"Could you please ~?"や、"Would it be possible for you to ~?"などを使う方が好まれます。

表現の意味を知っているだけでなく、「より丁寧な言い方はどれか」「このケースではこの表現の方が適切」というところまで知っておかないと、ビジネスシーンで臨機応変に表現を使い分けすることができません。

ビジネス特有の単語・フレーズの知識

前述した通り、ビジネス英語ではフォーマルな表現が好まれるので、普段の生活ではあまり使うことのないビジネス英単語が頻出します。

例えば日本語でも、友達に物をあげる時「この品物を提供させていただきます。」という言い方はしませんし、違和感があります。反対に、ビジネスのシーンで顧客に商品を渡す際に「これをあげるね。」と言うのは不自然で失礼ですよね。

英語に置き換えてみると、日常の会話では"I will give you this stuff."という風に言うことがありますが、"give"や"stuff"はカジュアルな英単語の部類なので、ビジネスでは代わりに例えば、"Let me offer you this product."というような言い方をする方が好まれます。

ビジネス英単語だけでなく、ビジネス特有のフレーズやイディオムも頻出します。

例えば、"on the line"というイディオムの意味をご存知でしょうか。"on the line"には2通りの意味があり、どちらもビジネスシーンで頻出します。
答えは、以下の通りです。

on the line (=生命や名声などが危うくなって / 電話に出て)
 例)My reputation was on the line. 「私の評判がかかっていました。」
 例)I will put her on the line. 「今、彼女に電話をおつなぎします。」

日常英会話の教材には、こういったビジネス英語表現は、あまり多く掲載されていないこともあります。
普段の生活ではあまり耳にしないビジネス英単語・フレーズも、聞き取って理解しなければなりませんし、自分から相手に伝える時にもそれらを使って英語を話したり書いたりできる必要があります。

正確さ、分かりやすさ

ビジネス英語では第一に正確さが問われます。ビジネスの場面では、ちょっとした表現の間違いが、大きな問題を引き起こしたり、相手の信頼を損なってしまったりということになりかねません。
厳密な正確さが要求される報告書や契約書など、間違いが許されない場面も多くあります。

また、ビジネスシーンで物事を相手に伝える時は、要点を分かりやすく、できるだけ簡潔に伝えることが大切です。正確に伝えようとして、情報を詰め込みすぎてしまうと、話の流れが見えにくくなり、相手に要点が伝わりにくくなってしまいます。
英語で情報を正確に伝えられるだけでなく、分かりやすく簡潔にまとめられる力が必要です。

英語で物事を正確に、分かりやすく伝えるためにとても重要となるのが、文法知識です。
日常英会話では、きちんとした文になっていなくても、身振り手振りを加えたり、単語を羅列したりすることで、相手がなんとなくニュアンスを理解してくれることも時にはあります。
しかし、ビジネスシーンでは情報を的確に伝える重要性が日常英会話よりも高いので、単語の羅列や身振り手振りだけでは、交渉の場面やプレゼンなどを乗り切ることができません。
そのため、日常英会話で求められる以上に、正確で豊富な文法知識が不可欠です。

ロジック展開やディベート力

単語やフレーズなどの知識だけでなく、論理的に話せるスキルも必要です。英語に限った話ではありませんが、ビシネスシーンでは日常生活での会話と比べて、より論理的な会話展開が求められます。

日本語の会話では、「〜なので、〜です。」という流れで話を進めることが多いですが、英語では「〜です。なぜなら〜だからです。」という風に、まず先に結論を述べるのが基本です。
ただでさえ、そういった慣習の違いがある中で、どうしたら英語で論理的に会話を運ぶことができるのでしょうか。

日常会話ではもちろん、ビジネスシーンで特に効果を発揮する「PREP(プレップ)法」という、文章構成のメソッドを元にして話すと、伝えたいことを簡潔かつ説得力を持たせて話すことができます。

PREP法は、以下の4つの要素で構成されており、上から順番に話を展開していきます。
P → POINT 結論・・・意見・要点を主張する
R → REASON 理由・・・意見を裏付ける理由を述べる
E → EXAMPLE 例・・・理由を裏付ける具体例・実例を挙げる
P → POINT結論・・・最初に述べた意見を改めて主張する

「まず結論として自分の意見・主張を先に伝える→意見をサポートする理由と具体例を挙げる→再度、意見を主張して締めくくる」、これがPREP 法を用いた文章展開の方法です。

PREP法は、プレゼン技術として名高い文章構成テクニックですが、会議で行うディベートなど、様々なビジネスの場面で活用することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ビジネス英語に必要な力についてお話ししました。ビジネス英語では、普段の生活であまり聞いたり使ったりする機会が少ない単語やフレーズなどが頻出します。ビジネス英語に必要な力を効率よく身につけるには、ビジネス英語指導に特化した英会話スクールや、ビジネス英語カリキュラムが用意されたスクールに通うのがおすすめです。ビジネスで英語を活用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、ビジネス英語を学びたい方向けのビジネス英会話コースをご用意しています。RSLCはマンツーマンレッスンなので、現在のレベルを考慮したうえで、目標とするビジネス英会話レベルまで、カスタマイズしたレッスンが可能です。自分の仕事で使える実践的な英語をネイティブ講師から効率的に学ぶことができます。

仕事で英語が必要な方や、将来的に英語を使う仕事に転職したい方などは、ぜひ一度お気軽にRLSCの無料体験レッスンにお越しください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの無料体験を予約する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ